気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

ポケモンGOをしながら車やバイクを運転する事態が全国で発生!事故に繋がる恐れあり・・・

   

世界中で大人気のスマートフォン向けアプリ「ポケモンGO」ですが、2016年7月24日に日本配信がスタートして、早速話題になっていますよね。

このゲームは、GPS機能を利用してゲーム世界と現実世界がリンクしていることから、街には歩きスマホをする人が大量に現れ、夜の公園には人が集まり、もはや社会現象となっています。

しかし、そんな中、ポケモンGOが原因で様々なトラブルや事故などが懸念されており、先に配信されていた海外ではすでに様々な事が起こっていますので、心配していた方も多いと思います。

そして、日本配信からたった2日ですが、もうすでに自動車やバイクを運転しながらアプリをして、警察に反則切符を切られる交通違反など、様々なトラブルがが発生しています。
さらに衝突事故でケガ人が出る事態も・・・

現時点で起こった出来事をご紹介。

Ads by Google

ポケモンGOをしながらバイクで蛇行運転・・・(京都)

京都府亀岡市内の22歳男性が、7月22日午後11時55分ごろ、亀岡市曽我部町の国道423号で、左手にスマホを持ち、約40メートル蛇行運転しているのを、パトロール中の署員が発見。

男性は「ポケモンを探しながら走っていた」と話したそうです。

もちろん道路交通法違反(携帯電話使用)で交通反則切符(青切符)を切られています。

ポケモンGOをしながら軽四貨物自動車を運転・・・(岡山)

岡山県警水島署は7月23日、午後3時10分頃、岡山県倉敷市内の国道430号で軽ワゴン車を運転中、スマホを左手で持って操作している男を取り締まり中の警察官が発見。

車を停止させるとスマホの画面がポケモンGOだったそうです。

もちろん道路交通法違反(携帯電話使用)で交通反則切符を切っています。

車を運転しながらポケモンGO・・・(岡山)

7月24日午前、岡山市内で車を運転しながらスマホを操作している女性を、交通取り締まり中の警察官が発見。
それも2件。
どちらも「ポケモンGOをやっていた」と話しているそう。

それぞれ、自称パート店員の30歳女性と、自称会社員の22歳女性に道路交通法違反(携帯電話使用)で交通反則切符を切っています。

原付を運転しながらポケモンGO・・・(佐賀県)

7月24日午前4時半頃、佐賀県武雄市の市道で、原付を運転しながらスマホを操作している男性を、パトカーでパトロール中の県警武雄署員が発見。

男性は「ポケモンGOを操作しながら走行していた」と話しているそうで、道路交通法違反(携帯電話使用)で交通反則切符を切っています。

自転車で走りながらポケモンGOをして歩行者に衝突・・・(愛媛県)

先ほどまで紹介した事態は、誰も被害が出ていないですが、ついに怪我人が出ました。

それは、23日午後8時20分ごろ、自転車に乗りながら「ポケモンGO」で遊んでいた10代後半の少年が、前を歩いていた40代の男性と衝突。

警察によると、少年はゲーム画面を閉じようとした所で歩行者に気づいたが、時すでに遅し・・・で40代男性に自転車でぶつかってしまったようですね。

そして、その被害者の男性は腰に痛みを訴えているそうです。
怪我をさせてしまったようですね・・・
もうこれは完全に事故です。

危険なので運転中は絶対にやめましょう

このように配信わずか数日で、もうこのような交通違反や事故が数件発生しています。

公になっていないものも含めると、恐らくもっと多くのこういったトラブルが発生してるでしょうね。

本当に危ないのでポケモンマスターの方々は、絶対に車、バイク、自転車の運転中には絶対にプレイしないようにしましょう。
また、歩きスマホも同様に危険なのでやめましょう。

本当に危ないですので、法律とマナーを守って遊びましょう。

まとめ

ポケモンGO配信で社会現象になるも、やはり懸念されていた交通違反や衝突事故が発生。

何でこうやって駄目な事しちゃうんでしょうね。
しかも、いい歳した大人たちが・・・恥を知って欲しいです。

せっかく任天堂さんが素晴らしいアプリを開発したのに、これではポケモンGOのせいで・・・となってしまいますよね。

あまりにこういう事が続くと世間的な印象も悪くなってしまって、ポケモンGOブームが終わってしまう恐れがありますし、最悪配信停止になっちゃう可能性も・・・なんて考えてしまいます。

恐らく今後もこういった事故や交通違反などが増えてしまうんでしょうね。勘弁して欲しいです。

 - ゲーム