気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

やくみつるがポケモンGOと利用者を痛烈批判で炎上?理由は?

   

2016年7月22日に日本でも配信がスタートした、スマートフォン向けアプリ「ポケモンGO」ですが、瞬く間にその人気は広がり大ヒットしていますよね。

その人気はまさに社会現象と呼べるほどで、街中や公園などにはスマホ片手にポケモンを探す人で溢れ、深夜徘徊して夜中に外で遊ぶ人たちも。

しかし、配信早々トラブルが絶えません。
元々先に配信されていた海外ではトラブルが多発していて、それが懸念されていたのですが、やはり日本配信がスタートして早速ポケモンGOが原因で、交通違反、マナー違反、事故、事件が全国各地で多発しています。

そんな中、漫画家である「やくみつる」さんが、ポケモンGOやプレイヤーたちを痛烈批判されましたので、一体何を言ったのかご紹介。
ちょっと炎上しちゃったようですね・・・
ただ、これだけ問題が発生しているので、調べてみると賛同者も少なくはないようです。

Ads by Google

やくみつるのプロフィール

名前:やくみつる
本名:畠山 秀樹(はたけやま ひでき)
生年月日:1959年3月12日(57歳)
出身地:東京都世田谷区桜新町
職業:漫画家・タレント・スポーツライター

漫画家さんですが、漫画嫌いで有名な方。

たびたび、物議をかもす発言をされる方で、たまにネットで炎上されていますね。
(今回もそんな感じかな?)

有名人のたばこの吸殻や使用済みのストロー、世界各国のトイレットペーパー等のいわゆる珍品コレクター。

また、カツラを愛用していることを公言しています。

「情報ライブ ミヤネ屋」でポケモンGO&プレイヤーを痛烈批判

問題となったのは、2016年7月25日にやくみつるさんがコメンテーターとして出演した日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」での発言。
一体どんな事を仰られたのか見てみましょう。

まず番組では、ポケモンGOについて大きく取り上げられました。
これはミヤネ屋だけではなく、朝から各局のニュースにワイドショーが社会現象として大きく取り上げていましたので、当然番組でも話題になります。

そこでやくさんが、険しい表情で

「都内で”ポケモンGO禁止”を言う候補者がいたらすぐ投票してます」

と、7月31日に行われる東京都知事選になぞらえて、
さらに公園などに群がるポケモントレーナーたちに

「愚かでしかない。こんなことに打ち興じてる人って、心の底から侮蔑します。現実は面白いことで満ちあふれている。」

と痛烈批判されました。

「道端の植え込みにいる虫にだって興味を示せばいいものを、そこを見ながら現実的じゃないものを探す。親はもっと楽しいことを子どもに提供する義務がある。親が一緒になって、興じていたらアホな子にしか育たない」

と保護者たちにも苦言。

司会者の宮根誠司さんに「Qさま(テレビ朝日系)にモンスターの名前が出たらどうします?」と聞かれても、

「これやっててもQさまでは答えられない。現実に興味を持たなければ」

と自らがよく出演するクイズ番組に、もし問題が出たとしたらという宮根さんの問いにも意見を曲げませんでした。

なお、やくさんはモンスターを「ピカチュウしか知らない」と仰られています。

結局、なぜこんなに毛嫌いして否定的なのかはよく分かりませんでしたが、とにかくゲームより現実に興味を持てと主張されたい感じですかね。

事件や事故が発生している事や、歩きスマホなどのマナー違反多発についても、やはり怒られているのでしょうか。

ネットで炎上

この発言後に、ツイッターを中心にネットではやくみつるさんの発言に対して、批判が殺到。

まあ、炎上ってやつですね・・・

特に、今実際にポケモンGOをプレーしている、ポケモントレーナーたちを中心に、放送中から批判的なコメントが多く見られました。

擁護派&賛同派も

もちろん、やくみつるさんの「ミヤネ屋」での発言に対して、批判的な意見が多いのですが、やはりこの現状をあまり良しとしない人たちも多いようで、やくさんの意見に賛同するコメントもいくつか見られましたね。

擁護派、賛同派といった感じです。

そういった人たちが懸念されているのは、ポケモンGOが原因の歩きスマホなどのマナー違反、そして交通違反、事件や事故といったところでしょうか。

これは本当に心配ですよね・・・
すでに全国で様々なトラブル起こっています。

そもそもやくみつるはゲームが嫌い?

今回ポケモンGOやそれをプレーする人々を痛烈批判されたやくさんですが、実はゲームを毛嫌いされているようなのです。

まず、長年の横浜大洋ホエールズ(現・横浜ベイスターズ)の大ファンだったのですが、2011年にベイスターズがDeNAに買収されて、その際DeNAの運営する課金制の携帯電話向けゲームを認めないからと、親会社が変わるまで横浜ベイスターズのファンはやめると宣言しています。

そして、今回ポケモンGOというゲームを批判・・・

ちなみに、DeNAとポケモンGOの親会社である任天堂は2015年に業務提携しています。

まとめ

という事で、やくみつるさんがミヤネ屋で発言したポケモンGOとプレイヤーに対する批判内容をご紹介しました。

言いたい事は分かるような気もしますが、ちょっと言いすぎな気もしますし、まあ、何とも言えないですね・・・

当然、賛否両論あると思います。

 - ゲーム ,