気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

6代目三遊亭円楽のアモーレ不倫騒動で笑点降板ある?司会者になれなかった原因はコレ?報道を認め涙で謝罪会見!

   

2016年6月10日(金曜日)発売の写真週刊誌「フライデー」で、
あの大物落語家の不倫が報じられましたね。

その大物落語家とは、日テレ系長寿番組「笑点」メンバーの
6代目「三遊亭円楽」さんです。

なんと中嶋朋子似の20歳下アモーレ美女とホテルへ行ったらしいのです。

円楽師匠お元気ですね。
お相手は、一般人の家事手伝いの女性らしいです。

桂歌丸さん「笑点」引退に伴い、
新司会者を「春風亭昇太」さん、新メンバーに「林家たい平」さんが就任し、新体制となってスタートしている中でのスクープ。

そして、2016年6月10日、すぐさま円楽師匠は都内で会見を開き、
事実を認め涙目になりながら謝罪しました。

不倫仲間同士、ベッキーさんの仕事復帰後の会見と日にちが重なっちゃいましたね。

今回の騒動や謝罪といいますか釈明会見を振り返り、
この不祥事での「三遊亭円楽さん笑点降板はあるのか?」について調べてまとめてみました。

Ads by Google

6代目三遊亭円楽のプロフィール

まずは今回の主役のプロフィールから。

名前:三遊亭円楽(6代目)
本名:會 泰通(あい やすみち)
旧名:三遊亭楽太郎
師匠:5代目三遊亭圓楽
生年月日:1950年2月8日(66歳)
出身地:東京都墨田区
出囃子:元禄花見踊
所属:円楽一門会
マネジメント:オフィスまめかな

学歴:墨田区立両国中学校卒、
東京都立深川高等学校卒、
青山学院大学法学部卒

いわずと知れた、大物落語家。
笑点メンバーで桂歌丸さん引退の後、新司会者として最有力候補として名前が挙がっていました。
笑点では薄紫色の着物を着ている腹黒キャラのあの人です。
歌丸師匠との罵倒合戦という名の弄り合いはお馴染みでしたよね。

2010年3月1日6代目三遊亭圓楽を襲名しました。
それまでは、三遊亭楽太郎として活動されていましたね。

長男は落語家、声優の会一太郎(落語家としての名前は三遊亭一太郎)

不倫騒動の経緯

2016年6月10日発売の「FRIDAY」が、落語家で笑点メンバー「三遊亭円楽さん」の不倫を報じました。

フライデーによると、女優の中嶋朋子を妖艶にした感じの美女と密会して、銀座デートをしていたらしいです。
こういうスクープの時、絶対に「○○さんに似た」とか有名人の名前が出ますが、出された有名人側は気の毒ですよね・・・

二人でタクシーに乗り、『東急プラザ銀座』前でタクシーを降りて近くの蕎麦屋へ。

食後は銀座をブラブラ。
「ドリームジャンボ宝くじ」売り場に寄った後は、マッサージ店で3時間マッサージ。

そして夕方4時頃、二人でホテルへと入って行ったそうです。

気になるお相手のアモーレは、都内に住む20歳年下の40代家事手伝いの一般女性との事。
師匠が開催する「ゴルフの会」で3年前に知り合い、以来週に1~2回のペースで会っていると、円楽さんの知人が暴露。

なお記者の直撃取材に対し円楽さんは女性とホテルへ行った事を「打ち合わせを兼ねて」と釈明したようです。

本当に仕事の打ち合わせ?
果たして不倫騒動の真相は?

釈明会見

この報道を受け、2016年6月10日、円楽さんはすぐさま都内で釈明会見を開き対応。

まずは、ファン、スタッフも含め、関係各位、スポンサーに対して深く謝罪。

「フライデーで報道されているとおり、一般の女性とお付き合いをさせて頂き、そしてこの1週間いろいろ頭の中で考えて参りました。正直いって、今、初高座という言葉を使いましたが、胃が痛くなって、もう一つの自分がこのバカヤローといい、その中でもう一人の自分がもっとがんばらなきゃいけないんだよ、と申している部分もあります。」

と不倫報道を認めました。
深く反省しているようです。

さすが噺家さんという語りの会見となりました。

そして、出会いは3年前と報道されたが、正式には2年半前と訂正し、
やはりゴルフを通じて親しくなったようです。

不倫相手の女性にゴルフを教えるようになり、落語の会にも来てくれるようになったとのこと。

コンペや独演会の手伝いなどもしてくれるようになり、こういう関係へ発展していったようです。

「そのうちに好ましい感情が生まれ、恋愛感情というよりは、男ですから一言で言えば口説いたといっていいでしょうね。口説いて、それを浮気という言葉で浮気というなら、その通りでございます。その結果が今回の報道になったわけでございます。」

と好きになって口説いて今に至ったとの事。

そして、涙声になりながら、これからも一生懸命熱演をして、一生懸命稽古して、6代目円楽として、芸道に精進していくことを誓い、「どうも申し訳御座いませんでした。」と謝罪。

まあ、不倫報道は事実で、反省してこれからも落語家として頑張っていくということでしょうね。
笑点ではネタになりそうですが、嫁さんを裏切っちゃいましたね。

ベッキーの会見と違い、噺家さん特有の語り口調で、少し笑いもあり、涙もありの潔い会見だった印象です。
それでもやらかしちゃったのは事実ですが。

不倫騒動で笑点降板ある?

今回のこの不倫騒動で「笑点」の降板はあるのでしょうか?

長く続く長寿番組の出演メンバーが不倫では、イメージが悪いですからね。

でもおそらく「降板は無い」でしょうね。

新司会者&新メンバーが決まり、これから新体制の笑点がスタートしていくのですから、ここで降板は私の勝手な予想ですが無いでしょう。

ちゃんと会見で報道を認め謝罪もしていますしね。

となると、この不倫騒動を笑点でどう弄りネタにしていくのか気になります。
絶対に誰かが笑いに変えるでしょう。
大喜利が楽しみです!

芸の道に生きる人ならこういう女性問題など遊びはよくある事ですから。
ただ円楽さんは「芸の肥やしという部分も?」という記者の質問に対し、「それは違う。痛切に感じたのは、昔は女遊びをしなさいとか師匠方が言ったけど、今の時代そうじゃない。芸の肥やしになんてならない」と答えられました。

かなり反省しているようですね。

新司会者になれなかったのは不倫のせい?

ところで先日、桂歌丸さん引退に伴い、笑点の新司会者が決まりましたよね。

最有力候補として名前が挙がっていたのは、三遊亭円楽さんでしたが、新司会者は春風亭昇太でした。

「これってもしかして身辺調査されての不倫が原因?」

と、新司会者に就任できなかったのは、不倫が原因かもと考えてしまう人も多いでしょう。

真相は分かりませんが、別にそういう訳ではないような気がします。
なんとなく最初から、新司会者は春風亭昇太と決まっていたと私は思います。

なので今回の件とは別に無関係だと思います。

まあ、もし不倫が周りにバレていたら、当然司会者には選ばれないでしょうが。

会見での謎かけ

会見で円楽さんは記者に謎かけを2つ要求されて爆笑を誘いましたのでご紹介。

記者「不倫とかけて、どう説きますか?」

円楽「今回の騒動とかけまして、東京湾を出て行った舟と説く。(その心は)“後悔(航海)の真っ最中”」

記者「もう一つありますか?」

円楽「今回の騒動とかけまして、天保銭と説く。(その心は)“今の時代に通用いたしません”」

流石の落語家さんですね。

まとめ

今年は不倫祭りですね。
本当に多すぎる。

まだ6月なのに芸能界のこういったスクープが止まりませんね。

次の週刊詩のターゲットは一体誰かな?

 - 芸能 , ,