気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【文春砲】復帰最優先のベッキーフライング金スマ収録に、ゲス川谷元妻が抗議文!井上公造氏が言ってたのはこれ?ネットの反応は?

      2016/05/19

世間を騒がせた、ベッキー(32)ゲスの極み乙女。のボーカル川谷絵音(27)の泥沼不倫騒動。

仕事を休養していたベッキーですが、5月13日にバラエティ番組「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」にてテレビ復帰し、一連の騒動について語り、反省している様子を見せていましたが、ここへきてまた文春砲が炸裂!

川谷元妻への直接の謝罪の前に番組収録を済ませていて、さらにその事実を川谷元妻へ知らせず、元妻側は報道で知ったようで、ベッキーへ抗議文を送ったようです。

うーん・・・順序が違うような気も・・・

ではネットの反応も含め、詳しく確認して行きましょう。

Ads by Google

【週刊文春】ベッキーの“フライング番組収録”に川谷元妻が抗議文!

5月13日、バラエティ番組「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)でテレビ復帰を果たしたタレントのベッキー(32)。しかしトントン拍子に進んだかに見えた復帰劇の裏で、川谷絵音(27)の妻・A子さんが弁護士と相談の上で、ベッキー側に抗議の書面を送ったことが週刊文春の取材でわかった。

〈何よりもまず、川谷さんの奥様へ謝罪したいというのが今の一番の気持ちです〉

4月22日に週刊文春へ手渡された手紙の中では、ベッキーはA子さんへの謝罪を最優先したいと綴っていた。謝罪の実現はしばらく難航すると見られていたが、この手紙が突破口となり、5月2日にベッキーはA子さんに直接、謝罪をしている。だが一方で、その時点ですでに金スマの収録は済んでいた。その事実をベッキー側はA子さんに知らせず、A子さんは13日の放送を報道で知ることになる。ベッキー側からオンエアの連絡があったのは放送当日の夕方だった。

今回の一件についてサンミュージックは、「ベッキー本人も、奥様が放送の事実を、報道で先に知った事に、大変申し訳なく思っております。放送終了後も、本人は奥様の心情を気にしております」と回答した。

引用元:http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6157

これを見る限りは、「何よりもまず、川谷さんの奥様へ謝罪したいというのが今の一番の気持ちです」という言葉が嘘のように軽く感じてしまいますね・・・

どう見ても芸能界・テレビ界復帰を最優先に考えていると捉えられてもおかしくありません。

そりゃあ、元嫁さんもブチ切れますよね・・・
本当に反省しているのかと・・・

ネットの反応

ネットユーザーたちの反応をいくつかまとめてみました。

  • やる事成す事全て裏目!
  • 謝罪前に禊放送をしたのもアレだけど、すでに収録した事実を元奥さんに伝えずに謝罪は無いでしょ!
  • 順番を間違えたらあかんとこ間違えてるわ・・・
  • テレビ復帰が最優先か・・・
  • 井上公造さんが言ってた「タレント生命を左右する出来事」ってこれの事?
  • もう許してやれよ・・・
  • これ事務所もダメでしょ。
  • 元嫁の許可もらって収録したと思ってた。
  • アンチベッキー勢いづきそう・・・
  • ええ!許し得てなかったのか!
  • センテンススプリングきたー!
  • まーた嘘か・・・
  • まったく反省してない。
  • そりゃあ、あざといって言われるわ。

やはり批判的な意見が多いですね。
確かに順番が違うと思います。

芸能リポーターの井上公造さんが、ミヤネ屋で仰られていた「騒動は終わりじゃない。今後のタレント生命を左右する出来事が今週、起きると思う」と、週刊文春にまだ持ち駒があるという話はこれの事ですかね。

※追記

抗議文ではなく手紙だった

その後の報道で、これは抗議文ではなく手紙だったと元妻の代理人が説明したようです。

はっきりと「抗議文ではありません」とし、ベッキーの所属事務所の社長に分かってほしい自身の気持ちを書いた「手紙」だったとした。

元妻の代理人は元妻が番組を見て、衝撃を受けたことは認めたようですが、抗議文ではなく手紙というのが真相のようです。

さらに、2日のベッキーと元妻の対面時の様子も明らかにされ、元妻はベッキーに「これから私も頑張るので、ベッキーさんも頑張って下さいね」と声を掛けたようですね。

そして元妻側は、「手紙で心境を説明することで今回の騒動の終焉(しゅうえん)とさせて頂きたい」としているようです。
そろそろ事態も収束へ向かうのかな?

なお、元妻にきっちり謝罪をしてから、番組収録に臨むのが筋であり、その事はベッキー側も反省しているようで、今回の件で所属事務所のサンミュージックは「ベッキー並びに弊社は元奥様に改めてお詫(わ)び申し上げ、発言行動等細心の注意を払って参る所存でございます」とまた謝罪する事になりましたね。

元妻は謝罪前に番組収録が終わっていてそれを知らされずビックリされたようですが、別に怒って抗議文を書いたのではなく、自信の気持ちを書いた手紙を送ったという事でした。

まとめ

ベッキーの一連の不倫報道に関しては、どんどん色んな話が出てきますね。

今回は、ベッキーが川谷元妻への謝罪を優先したいと反省の弁を述べていたのですが、実際はそう言いながらも直接謝罪する前には、すでに金スマ収録を済ませていて、それを川谷元妻が知ったのは報道で、ベッキー側からオンエアの連絡があったのは放送当日の夕方だったみたいです。

そして怒った元妻側が、今回抗議文をベッキー側に送ったようです。
・・・しかしその後の報道で、元妻側が抗議文というのを否定し、謝罪前に番組収録が終わっていてそれを知らされずビックリして、ベッキーの所属事務所の社長さんに自分の気持ちを書いた手紙を送っただけとの事でした。

元妻側はとにかくもう一連の騒動はこれで終わらせたいようですね。

早く騒動を終わらせて、元奥さんとの和解が済むと良いのですが・・・
まだまだ終わらないのかな?

 - 芸能 , , ,