気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【笑点】新司会者は春風亭昇太!6代目就任が歌丸ラスト大喜利スペシャルで発表!プロフィールや経歴は?

   

笑点 落語 大喜利

2016年5月22日(日)、17:30から生放送の「笑点 歌丸ラスト大喜利スペシャル」で笑点の新司会者が発表されました!

VTR出演でしたが、TOKIOのメンバー全員、日本テレビアナウンサーの桝太一アナ&水卜麻美アナの登場、さらにお笑いコンビナイツと歌丸師匠の漫才もあり、大いに盛り上がりました。
さらに生放送で大喜利も!

桂歌丸さんは、前身番組の「金曜夜席」第1回から出演されていて、「笑点」になった後も怪我や病気で休養していた期間を除き、ずっと出演を続けられました。

まずは50年間本当にお疲れ様でした!
そして10年間務められました5代目笑点司会者もお疲れ様でした!
今後は「終身名誉司会者」に就任されるということで、笑点との繋がりは続く様でなによりですね♪
まさに勇退です。

さて、気になる新司会者は一体誰になったのか見ていきましょう!
また「歴代司会者たちのおさらい」「新司会者のプロフィールや経歴」「ネットでの予想の答え合わせ」なども確認してみましょう!

Ads by Google

6代目笑点司会者は春風亭昇太さん!

いきなりですが、新司会者は・・・

「春風亭昇太」さんです!!!

桂歌丸師匠の口から発表されました。

私は全然予想出来ませんでした!
ただ笑点メンバー内からの選考は、ある程度予想されましたね。

現笑点メンバーのメガネの人です!

さて、「春風亭昇太」さんはどんな人なのか確認して行きましょう!

春風亭昇太さんのプロフィール

名前:春風亭昇太(しゅんぷうてい しょうた)
本名:田ノ下雄二(たのした ゆうじ)
生年月日:1959年12月9日(56歳)
出身地:静岡県静岡市清水区
師匠:春風亭柳昇
名跡:1. 春風亭昇八(1982年 – 1986年)
   2. 春風亭昇太(1986年 – )
出囃子:デイビー・クロケット
活動期間:1982年から
活動内容:新作落語

5代目春風亭柳昇のお弟子さんであり、現笑点メンバーの一員ですね。

春風亭昇太さんの経歴

東海大学第一高校卒。高校時代はソフトボール部。

東海大学文学部に入学して、ラテンアメリカ研究会に入ろうとして部室を訪ねたが、たまたま留守で、隣の部室だった落語研究部の先輩に「ここで待ってれば?」と声を掛けられて部室に招き入れられ、稽古等を見ていて「楽しそうなので」入部。ここで落語に出会う。
落研時代の高座名は「頭下位亭切奴」(とうかいてい きりど)。

学生時代にテレビ東京の「大学対抗落語選手権」にて優勝。落研の先輩のすすめでテレビ朝日の「ザ・テレビ演芸」に漫才コンビ、ザ・まんだらーずとして出演。初代グランドチャンピオンになったのを期に大学を中退し春風亭柳昇に入門。

1986年 二つ目に昇進、春風亭昇太さんとなられました。

1998年 平成9年度の浅草芸能大賞新人賞受賞。
同年に国立演芸場花形演芸大賞、文化庁芸術祭大賞受賞。

2000年 独演会「古典とわたし」など独自の解釈を加えた古典落語にも挑戦。

2003年 柳家喬太郎らとともに「SWA(創作話芸アソシエーション)」を旗揚げ。

2005年 落語を題材にしたテレビドラマ「タイガー&ドラゴン」に出演。俳優さんに落語の演技指導も行いました。

2006年 ドキュメンタリー番組「情熱大陸」で特集される。

2006年5月から、笑点メンバーに加入。
4代目司会者の5代目圓楽さんが勇退し、5代目圓楽の後継で歌丸さんが回答者から5代目司会者になったため、歌丸さんの後継でレギュラーとなりました。

そして、2016年5月22日、桂歌丸さんの笑点引退に伴い、6代目司会者となる事が発表されました。

ネットでの新司会者予想

では、発表前まで新司会者が「誰なのか?」とネットでの予想や噂を振り返ってみましょう!

まずは、現笑点メンバーですよね。

林家 木久扇さん、三遊亭 好楽さん、三遊亭 小遊三さん、三遊亭 円楽さん、春風亭 昇太さん、林家 たい平さん、座布団運びの山田 隆夫(たかお)さんです。

なかでも三遊亭円楽さんは、最有力候補の声が多かったですね。
以前、桂歌丸さんが入院されていた時、代わりに司会をされていましたからね。

他に名前が挙がっていたのは、立川志の輔さん、西田敏行さん、萩本欽一さん、タモリ、毒蝮三太夫さんですね。
あと、ビートたけしさん、明石家さんまさん、上田晋也さんなどですね。

驚きなのは、関ジャニ∞の村上信五さんの名前まで挙がっていた事です。

また、お笑い芸人の有吉弘行さんは、温水洋一さんを予想されていましたw

ちなみに、私は三遊亭円楽さんを予想していました。

やっぱり新司会は「春風亭昇太」さんでしたので、笑点メンバーからの選出でしたね。

歴代の「笑点司会者」たち

ここで歴代の笑点司会者が誰だったのか、振り返ってみましょう。

初代 立川談志(たてかわ だんし)

へ~、立川談志さんが初代の司会者をされていたんですねえ。
談志さんといえば落語界の超大物ですよね。
もちろんこの時、桂歌丸さんも出演されています。

2代目 前田武彦(まえだ たけひこ)

ここで落語家の方ではなく、タレント・放送作家・司会者の仕事をする、前田武彦さんが二代目司会者となられました。
約1年間務められました。

3代目 三波伸介(みなみ しんすけ)

三代目は、コメディアン・俳優・司会者・タレントの三波伸介さん。
約12年間も司会者をされました。本名は澤登三郎(さわと さぶろう)さん。
就任のきっかけは、てんぷくトリオというお笑いトリオに所属していて、笑点にゲスト出演した札幌の地方収録の回で、飛行機の欠航により出演できなかった前田武彦さんの代役として司会を務めたことらしいです。
落語に造詣が深かったようです。

4代目 三遊亭圓楽(さんゆうてい えんらく)

四代目は記憶にも新しい五代目三遊亭圓楽さん。
3代目笑点司会者である三波伸介さん急死に伴い、1983年(昭和58年)1月9日から司会者として司会者になられました。
なんと23年間も司会者を務められ、もちろん歴代最長です。
しかし実は、2回限りの臨時司会者のつもりだったらしいのが驚きですねw
それが23年間にもなってしまいましたかw
お弟子さんは、現在の六代目三遊亭圓楽さんです。

5代目 桂 歌丸(かつら うたまる)

そして今回笑点引退をされました、桂歌丸さんが5代目です。
前身番組の『金曜夜席』第1回から出演されている方ですので、笑点ファンの方々からすると寂しいですね・・・
2006年5月から司会者をされましたので、ちょうど10年間笑点司会者を務められた訳ですね。
現六代目三遊亭圓楽さんとの掛け合い、いじり合いは名物でしたよね。
本当にお疲れ様でした。

6代目 春風亭昇太

2016年5月22日放送の「笑点 歌丸ラスト大喜利スペシャル」で、桂歌丸師匠から生放送の最後に発表されて引き継ぎされました。
メガネが特徴の人ですよ♪

まとめ

待ちに待った新司会発表。
そして歌丸さんの笑点ラスト出演が終わりましたね。

6代目笑点司会者は、春風亭昇太になりました。

これからも良い番組を長く続けて欲しいですし、昇太さんとメンバーによって新しい笑点を作り上げて欲しいですね。

また伝統を守っていって欲しいと思います。

ところで、春風亭昇太が司会になられたので一つ席が空くのですが、一体誰が新メンバーになるのか?

また分かれば更新します♪

 - 芸能 , , ,