気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【アジアカップ2019】オーストラリア代表登録メンバー一覧!注目選手は?

   

男子サッカーのアジアナンバーワン決定戦となる・・・

「アジアカップUAE2019」

が2019年1月5日(土)~2月1日(金)にかけてUAEで開催されます!

もちろん森保一監督率いる日本代表も出場。
日本は過去最多4回の優勝を誇り、2011年大会以来の優勝を狙います。

この大会の出場国のひとつである・・・

「オーストラリア代表」

についてご紹介!

アジア屈指の強豪国であり、前回大会の王者でもあります。
日本にとっては警戒すべきライバル。
優勝候補の一角でしょう。

グループステージでは、シリア、パレスチナ、ヨルダンと同組。
なので、日本と対戦するとすれば決勝トーナメント(ノックアウトステージ)での可能性があります!

果たして誰が選ばれたのか・・・!
どんなチームなのか・・・!

さて、ここで気になるのは、”アジアカップ2019のオーストラリア代表メンバー”ですよね!

そこで今回はアジアカップ2019の・・・

「オーストラリア代表招集メンバー一覧」

「所属クラブ」

「日本代表との過去の対戦成績」

などをまとめてみました!

Ads by Google

オーストラリア代表のデータ

まずは、男子サッカーオーストラリア代表のデータを簡単にご紹介!

FIFAランキング
41位
(日本は50位)

連 盟
オーストラリアサッカー連盟

大陸連盟
アジア

主な戦績
【FIFAワールドカップ】
出場回数:5回(初出場は1974)
最高成績:ベスト16 (2006)

【AFCアジアカップ】
出場回数:3回
最高成績:優勝(2015)

【FIFAコンフェデレーションズカップ】
出場回数:3回
最高成績:準優勝(1997)

【OFCネイションズカップ】
出場回数:6回
最高成績:優勝(1980、1996、2000、2004)

オーストラリア代表との過去の対戦成績

ここで気になるのはオーストラリア代表と日本代表の過去の対戦成績!

過去24回の対戦成績は・・・

”日本の9勝9分6敗”

となります!

オーストラリア代表招集メンバー一覧

それでは、アジアカップ2019のために招集された、最新のオーストラリア代表メンバーを確認してみましょう!

※追加・変更の可能性あり。

<GK>

ランゲラック(名古屋グランパス/日本)
マシュー・ライアン(ブライトン/イングランド)
ダニエル・ヴコヴィッチ(ヘンク/ベルギー)

<DF>

アジズ・ベヒッチ(PSV/オランダ)
ミロシュ・デゲネク(ツルヴェナ・ズヴェズダ/セルビア)
アレックス・ガーズバック(ローゼンボリ/ノルウェー)
ライアン・グラント(シドニーFC)
マシュー・ジャーマン(アル・イテハド/サウジアラビア)
マーク・ミリガン(ハイバーニアン/スコットランド)
ジョッシュ・リズドン(ウェスタン・シドニー)
トレント・セインズバリー(PSV/オランダ)

<MF>

ムスタファ・アミニ(オーフス/デンマーク)
クリス・イコノミディス(パース・グローリー)
ジャクソン・アーバイン(ハル・シティ/イングランド)
マッシモ・ルオンゴ(クイーンズ・パーク・レンジャーズ/イングランド)
アーロン・ムーイ(ハダースフィールド/イングランド)
トーマス・ロギッチ(セルティック/スコットランド)

<FW>

マーティン・ボイル(ハイバーニアン/スコットランド)
ロビー・クルーズ(ボーフム/ドイツ)
マシュー・レッキー(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
アワー・メイビル(ミッティラン/デンマーク)
ジェイミー・マクラーレン(ハイバーニアン/スコットランド)
アンドリュー・ナバウト(浦和レッズ/日本)

<監督>

グラハム・アーノルド

-------

このようなメンバーとなっております!

海外組が多めですね!
欧州リーグでプレーする選手も多め。

注目選手は・・・

トーマス・ロギッチ(セルティック/スコットランド)
マシュー・レッキー(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
ロビー・クルーズ(ボーフム/ドイツ)
アンドリュー・ナバウト(浦和レッズ/日本)
ランゲラック(名古屋グランパス/日本)

このあたりでしょうか!
Jリーガーは要注意ですね。

日本の天敵であるティム・ケーヒルは代表引退したのでいません。

まとめ

アジアカップ2019のオーストラリア代表メンバーなどについてご紹介させて頂きました!

FIFAランキング41位(日本は50位)!
グループステージでは、日本とは別の組なので、決勝トーナメント(ノックアウトステージ)で対戦する可能性があります!

メンバーは海外組が多め。
欧州リーグでプレーする選手も多めです。

Jリーグからは、アンドリュー・ナバウト(浦和レッズ/日本)、ランゲラック(名古屋グランパス/日本)が選ばれています。

ぜひご注目を!

▼こちらもチェック!

 - スポーツ ,