気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【W杯大陸間プレーオフ2018】サッカーオーストラリア代表メンバー一覧!最新!

      2017/11/06

すでに男子サッカー日本代表・ハリルジャパンは、2018年FIFAロシアワールドカップ出場を決めていますが、まだまだ出場権をかけた戦いは世界各地で続いています。

惜しくもアジア最終予選でグループ3位となり、出場権獲得を逃したオーストラリア代表は、アジアプレーオフへと回り、シリア代表に2戦合計3-2で勝利!

そして、大陸間プレーオフへの出場を決めています!

この大陸間プレーオフでは、北中米カリブ海予選4位のホンジュラス代表と対戦。

2戦合計で勝利した方がワールドカップ出場権を獲得できる、本当に最後のチャンスとなります!

お互いの意地と意地がぶつかり合う注目の試合。

さて、ここで気になるのは”オーストラリア代表メンバーについて”ですよね!

そこで今回はロシアワールドカップ・大陸間プレーオフ「オーストラリア代表VS.ホンジュラス代表」に臨む・・・

「最新のオーストラリア代表メンバー一覧」

「オーストラリア代表のFIFAランキングと強さ」

「試合日程」

などをまとめてみました!

※大陸間プレーオフの視聴方法はこちら!
【大陸間プレーオフ2018】オーストラリアホンジュラス戦のTV放送中継予定!

Ads by Google

大陸間プレーオフの日程

まずは、このロシアワールドカップ・大陸間プレーオフ「オーストラリア代表VS.ホンジュラス代表」の試合スケジュールから確認してみましょう。

第1戦目

日程・時間
11月11日(土)7:00

対戦カード
ホンジュラス代表VS.オーストラリア代表

試合会場
エスタディオ・オリンピコ・メトロポリターノ

第2戦目

日程・時間
11月15日(水)18:00

対戦カード
オーストラリア代表VS.ホンジュラス代表

試合会場
スタジアム・オーストラリア

※ホーム&アウェイの試合を行い、2試合の総得点の多いチームがワールドカップ本戦への出場権獲得。

オーストラリア代表のFIFAランキングと強さ

次に、オーストラリア代表のFIFAランクから確認してみましょう。

オーストラリア代表の最新FIFAランクは・・・

”43位”

※ホンジュラスは69位。

オーストラリア代表はアジアレベルでなら強い方だと思いますが、他の大陸のチーム相手だとどうなるか・・・

オーストラリア代表メンバー一覧

それでは、ロシアワールドカップ・大陸間プレーオフのホンジュラス戦に臨む、オーストラリア代表の招集メンバー一覧を確認してみましょう。

※左から名前、所属クラブ
※変更の可能性もあります。

GK

ミッチェル・ランゲラク(レバンテ/スペイン)
ダニエル・ヴコヴィッチ(ヘンク/ベルギー)
マシュー・ライアン(ブライトン/イングランド)

DF

アジズ・ベヒッチ(ブルサスポル/トルコ)
マシュー・ジャーマン(水原三星/韓国)
ライアン・マクゴーワン(アル・シャルージャ/UAE)
トレント・セインズバリー(江蘇蘇寧/中国)
バイリー・ライト(ブリストル/イングランド)
ミロシュ・デゲネク(横浜F・マリノス/日本)
アレックス・ガースバック(ローゼンボリ/ノルウェー)
ジョッシュ・リズドン(ウェスタン・シドニー)

MF

クレイグ・グッドウィン(ロッテルダム/オランダ)
マーク・ミリガン(メルボルン・ビクトリー)
ミル・ジェディナク(アストン・ビラ/イングランド)
ジェームズ・ジェッゴ(シュトゥルム・グラーツ/オーストリア)
アーロン・ムーイ(ハダースフィールド/イングランド)
マッシモ・ルオンゴ(クイーンズ・パーク・レンジャーズ/イングランド)
トーマス・ロギッチ(セルティック/スコットランド)
ジャクソン・アーバイン(バートン・アルビオン/イングランド)
ジェームス・トロイージ(メルボルン・ビクトリー)

FW

ティム・ケーヒル(メルボルン・シティ)
ロビー・クルーズ(ボーフム/ドイツ)
マシュー・レッキー(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
トミ・ユリッチ(FCルツェルン/スイス)
ニキータ・ルカビツヤ(マッカビ・ハイファ/イスラエル)

監督

アンジェ・ポステコグルー

このようなメンバーとなっております。

怪我の影響で代表から遠ざかっていた、主将のミル・ジェディナックが久しぶりの代表復帰。

アジアプレーオフのシリア戦で決勝ゴールを決めた、ティム・ケーヒルももちろん選ばれています。

全体的に欧州リーグでプレーする選手が多いので、レベルの高さが伺えますね。

まとめ

2018年FIFAロシアワールドカップ・大陸間プレーオフ「オーストラリア代表VS.ホンジュラス代表」の試合に臨む、最新のオーストラリア代表メンバーをご紹介させて頂きました。

そこまで大きなメンバー変更はなし。
怪我の影響で代表から遠ざかっていた、主将のミル・ジェディナックが代表復帰。

2戦合計で勝利したチームがワールドカップ出場となる最後のチャンスです。

もうこの大陸間プレーオフで敗退すると、ワールドカップ出場はありませんので、意地と意地がぶつかり合う激しい試合が予想されます。

ぜひご注目下さい。

 - スポーツ ,