気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【W杯アジア最終予選9/5】オーストラリアVSタイの時間と放送・中継予定!

   

男子サッカーの2018年FIFAロシアワールドカップ出場権をかけた戦いである・・・

ロシアワールドカップアジア最終予選

はいよいよ最終戦を残すのみとなりました!

グループBの日本代表・ハリルジャパンは、すでに首位突破でワールドカップ出場を決めていますが、実は2位3位4位争いが非常に混戦状態となっており面白いことになっています。

ワールドカップ出場権はグループ2位までが確定、3位はプレーオフへ、4位は完全敗退。

そして現在は、2位サウジアラビアと3位オーストラリアが勝ち点16で並び、4位UAEが勝ち点13でそれを追う展開となっています。

つまり、最終戦の結果次第で全てが決まる状態。

そんな中、日本時間の2017年9月5日(火)に「オーストラリア代表VS.タイ代表」の試合が行われます。

オーストラリアとしては何が何でも勝ちたい試合。
しかも得失点差を考えてできれば点差をつけて大勝しておきたいところ。

さて、ここで気になるのは”この試合の詳細と視聴方法”ですよね。

そこで今回はロシアワールドカップアジア最終予選・グループB最終節「オーストラリア代表VS.タイ代表」の・・・

「代表メンバー」

「日程・キックオフ時間」

「テレビ放送・中継予定」

などをまとめてみました。

Ads by Google

グループB最新暫定順位表(9試合消化時点)

まずは、各チーム9試合を終えた時点でのグループBの最新暫定順位表を確認してみましょう。

※各チーム9試合消化時点

順位 チーム名 勝ち点 得点 失点 得失点差
1位 日本 20 17 +11
2位 サウジアラビア 16 16 10 +6
3位 オーストラリア 16 14 10 +4
4位 UAE 13 10 12 -2
5位 イラク 10 12 -2
6位 タイ 22 -17

このような順位表となっており、1位日本は首位突破確定。
5位イラクと6位タイは敗退確定。

問題は2位3位4位争い。

それぞれの突破条件としては、とにかく他の試合結果次第という状況で、勝ち点だけでなく、得失点差も関わってきそうです。

ただ4位UAEは一応数字上の可能性はありますが、2位も3位もほぼ無理だと思われます。

そうなると問題はサウジアラビアとオーストラリアによる2位3位争いですよね。

勝ち点16で並んでおり、得失点差は2つの差があります。

なので、最終戦の結果次第で、場合によってはスコア次第という可能性も考えられます。

とにかくどちらも勝つしかありません!

両チームの代表メンバー

次に、「オーストラリア代表VS.タイ代表」の両チームの代表メンバーを確認してみましょう。

オーストラリア代表

GK
ミッチェル・ランゲラク(シュツットガルト/ドイツ)
マシュー・ライアン(ブライトン/イングランド)
バイリー・ヴゴビッチ(ヘンク/ベルギー)
 

DF
ミロシュ・デゲネク(横浜F・マリノス/日本)
マシュー・スピラノビッチ(杭州緑城/中国)
ライアン・マッガワン(アル・シャルジャ/UAE)
トレント・セインズバリー(江蘇蘇寧/中国)
アレックス・ガーズバック(ローゼンポリ/ノルウェー)
ブラッド・スミス(ボーンマス/イングランド)
ベイリー・ライト(ブリストル・シティ/イングランド)
 

MF
ジェームズ・トロイージ(メルボルン・ビクトリー)
マーク・ミリガン(メルボルン・ビクトリー)
ムスタファ・アミニ(オーフス/デンマーク)
トーマス・ロギッチ(セルティック/スコットランド)
ジャクソン・アーバイン(バートン・アルビオン/イングランド)
アーロン・ムーイ(ハダースフィールド/イングランド)
マッシモ・ルオンゴ(QPR/イングランド)
 

FW
マシュー・レッキ-(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
ジェイミー・マクラーレン(ダルムシュタット/ドイツ)
トミ・ユリッチ(ルツェルン/スイス)
ロビー・クルーズ(ボーフム/ドイツ)
ティム・ケイヒル(メルボルン・シティ)
アワー・メイビル(パソス・デ・フェレイレ/ポルトガル)

タイ代表

GK
S・ハタイラッタクール(スファンブリUtd)
カウィン・タンマサッチャナン(ムアントンUtd)
シヴァルック・テースンノエン(ブリーラムUtd)

DF
ピーラッパッ・ノチャイヤ(ムアントンUtd)
ティーラトン・ブンマタン(ムアントンUtd)
アディソン・プロンラ(ムアントンUtd)
トリスタン・ドゥー(ムアントンUtd)
フィリップ・ローラー(ラッチャブリFC)
プッティナン・ワンサリ(バンコクUtd)
パンサ・ヘーミボーン(ブリーラムUtd)
チャラムポン・クルケーウ(ナホーン・ラッチャシーマ)
マヌエル ビーア(バンコクUtd)

MF 
チャナティップ・ソンクラシン(コンサドーレ札幌/日本)
ボディン・ファラ(ブリーラムUtd)        
モンコール・トッサクライ(チャンライUtd)
ポックラウ・アナン(チョンブリーUtd)
ヌルル・スリャンケム(チョンブリーUtd)
チティパン・プンチャーン(チャンライUtd)
ワタナー・プライヌーム(ムアントンUtd)
ルンラト・プンチャントゥエ(ラッチャブリFC)
スパチョーク・サーラチャート(ブリーラムUtd)
サンラワ・デクミトル(バンコクUTd)

FW
ティーラシル・ダンダ(ムアントンUtd)
シロチ・チャトン(ムアントンUtd)
アディサク・クライソン(ムアントンUtd)

日程・時間

それでは、ロシアワールドカップアジア最終予選・グループB最終節「オーストラリア代表VS.タイ代表」の試合スケジュールを確認してみましょう。

日程・時間
日本時間2017年9月5日(火)19:00キックオフ

※現地時間5日(火)20:00

対戦カード
オーストラリア代表VS.タイ代表

試合会場
メルボルン・レクタンギュラー・スタジアム

このような試合スケジュールとなっております!

ちなみに両チームは、2016年11月にも対戦しており、その際は2-2のドロー。

テレビ放送・中継予定

この試合のテレビ放送・中継予定ですが、調べてみたところ・・・

ありませんでした!

おそらく日本のテレビ局でこの試合を放送・中継するところはありませんので、テレビ視聴はできないと思われます。

インターネットライブ配信予定

では、どこでこの試合を視聴できるのか?ですが、インターネットライブ配信なら視聴できると思われます。

※ただし、海外サイトとなりますのでご利用は全て自己責任でお願いします。

どこで視聴できるかというと・・・

fromHOT.com

こちらのスポーツライブ配信が視聴できる海外サイトなら、「オーストラリア代表VS.タイ代表」の試合が見れると思われます。

アクセスして、左にサッカーボールのマークがあるリンクがサッカーの試合映像なので、その中から「オーストラリア代表VS.タイ代表」のリンクを探してみて下さい。

おそらく、「Australia VS Thailand」と表示されると思います。
(リンクは試合当日、または直前になるまで表示されません)

あとは、そのリンク先へアクセスすれば試合映像が視聴可能。
(30秒ほど画面に広告が表示されますが、待てば閉じれます)

※もしかすると、YouTubeでも海外の人がライブストリーミング配信している可能性がありますので、同じように探してみるといいかもしれません。

海外サイトなので、以下の注意事項をしっかりと読んでからご利用ください。

注意事項
・登録不要&無料ですが、通信費は自己負担となります。
・料金を請求されることはありません。
・広告がたくさん出ますが、クリックせずにすぐに×を押して閉じて下さい。
(ウイルスに感染していると警告する広告、ダウンロードを促す広告など、怪しい広告がよく出ますが、アクセスせずに落ち着いて閉じれば大丈夫だと思われます。)
・別タブでポップアップ広告が開く場合もありますが、そちらも×を押して閉じて下さい。
・環境によっては視聴出来ない場合もありますし、画面がカクついたり止まったり、映像が乱れる場合もあります。
・海外サイトなので、広告を含めた余計なリンクは絶対にクリックしないようにして下さい。
・念のために、セキュリティー対策はしっかりしておきましょう。
・ご利用は全て自己責任でお願いします。

まとめ

ロシアワールドカップアジア最終予選グループB・最終節「オーストラリア代表VS.タイ代表」の詳細と視聴方法などをご紹介させて頂きました。

日本時間2017年9月5日(水)19:00キックオフ予定。

視聴方法は海外サイトでのインターネットライブ配信となります。
正直、広告が非常に多いのであまり快適に見れませんが、それでもいいという方は試してみるといいかもしれませんね。
(余計なリンク、広告は絶対にクリックしないように!ご利用は自己責任で!)

すでにワールドカップ出場を決めている日本からすれば関係ない試合ではありますが、残る1枠にどの国が入るのか気になるところですよね。

ぜひサッカー好きの方はお見逃しなく!

 - スポーツ ,