気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【全豪オープン2017】男女シングルス準々決勝の結果!ベスト4は?

   

オーストラリア・メルボルンで開催中のテニスの4大大会(グランドスラム)である、

”全豪オープンテニス2017”

は2017年1月25日(水)に男女シングルス準々決勝まで終了しました!

そして、ベスト4が出揃う形となりました!

すでに男女シングルスの日本勢は錦織圭選手も含め敗退していますが、まだまだ見どころがたっぷりですね。

そこで今回は全豪オープンテニス2017の

「男女シングルス準々決勝の結果」

「ベスト4の選手一覧」

などをまとめてみました。

Ads by Google

男子シングルス準々決勝の結果

まずは、全豪オープンテニス2017男子シングルス準々決勝の結果から確認してみましょう。

準々決勝1

スタン・ワウリンカ(4位)VS.ジョーウィルフリード・ツォンガ(12位)

第1セット
7(7)-6(2)

第2セット
6-4

第3セット
6-3

合計
3-0

スタン・ワウリンカの勝利。

準々決勝2

ロジャー・フェデラー(17位)VS.ミーシャ・ズベレフ(50位)

第1セット
6-1

第2セット
7-5

第3セット
6-2

合計
3-0

ロジャー・フェデラーの勝利。

準々決勝3

ダビド・ゴフィン(11位)VS.グリゴル・ディミトロフ(15位)

第1セット
3-6

第2セット
2-6

第3セット
4-6

合計
0-3

グリゴル・ディミトロフの勝利。

準々決勝4

ミロシュ・ラオニッチ(3位)VS.ラファエル・ナダル(9位)

第1セット
4-6

第2セット
6(7)-7(9)

第3セット
4-6

合計
0-3

ラファエル・ナダルの勝利。

ーーーーーーーーーー
錦織圭選手を破ったロジャー・フェデラーが、世界ランキング1位のアンディ・マレーを破ったミーシャ・ズベレフをストレートで下しました。
やはりフェデラーとフルセットまでもつれる激戦を演じた錦織選手は強いですね。

その他の注目としては、世界ランキング3位ミロシュ・ラオニッチが、ラファエル・ナダルにストレート負け。
ナダルも本当に強いですね。

女子シングルス準々決勝の結果

続きまして、全豪オープンテニス2017女子シングルス準々決勝の結果も確認してみましょう。

準々決勝1

ビーナス・ウィリアムズ(17位)VS.アナスタシア・パブリュチェンコワ(27位)

第1セット
6-4

第2セット
7(7)-6(3)

合計
2-0

ビーナス・ウィリアムズの勝利。

準々決勝2

ガルビネ・ムグルサ(7位)VS.ココ・バンダウェイ(35位)

第1セット
4-6

第2セット
0-6

合計
0-2

ココ・バンダウェイの勝利。

準々決勝3

カロリナ・プリスコバ(5位)VS.ミリヤナ・ルチッチバロニ(79位)

第1セット
4-6

第2セット
6-3

第3セット
4-6

合計
1-2

ミリヤナ・ルチッチバロニの勝利。

準々決勝4

セリーナ・ウィリアムズ(2位)VS.ジョアンナ・コンタ(9位)

第1セット
6-2

第2セット
6-3

合計
2-0

セリーナ・ウィリアムズの勝利。

ーーーーーーーーーー
ウィリアムズ姉妹が順当に勝ち上がり準決勝進出。

世界ランキング1位のアンゲリク・ケルバーを破ったココ・バンダウェイは、世界ランキング7位のガルビネ・ムグルサを破って快進撃が止まりません。

また、世界ランキング5位のカロリナ・プリスコバに、世界ランキング79位のミリヤナ・ルチッチバロニが勝利。

ベスト4の選手一覧

という事で、準々決勝の結果を持ちまして、全豪オープンテニス2017のベスト4に残った顔ぶれはこちら!

男子シングルス

スタン・ワウリンカ(4位)
ロジャー・フェデラー(17位)
グリゴル・ディミトロフ(15位)
ラファエル・ナダル(9位)

女子シングルス

ビーナス・ウィリアムズ(17位)
ココ・バンダウェイ(35位)
ミリヤナ・ルチッチバロニ(79位)
セリーナ・ウィリアムズ(2位)

まとめ

という事で、全豪オープンテニス2017の大会9日目と10日目に行われた、男女シングルス準々決勝の全試合結果・スコアをご紹介させて頂きました。

世界ランキングがあまりアテにならない、なかなか荒れた大会となっていますね。

果たして準決勝はどのような結果となるのでしょうか・・・!
楽しみです!

 - スポーツ