気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【2016】横浜DeNAベイスターズ契約更改結果!2017年の年俸は?

   

2016年のプロ野球は、現在オフシーズンとなっていますが、この時期に行われるのが「契約更改」です。

要はそのシーズンの成績次第で、来シーズンの年俸が上がるのか下がるのか、年俸いくらで契約するのかを、選手とフロントが話し合い契約を更改することですね。

今回は、球団史上初のクライマックスシリーズ(CS)出場を果たし、さらにファーストステージで巨人を撃破し、ファイナルステージ進出まで果たして大躍進の年となった、「横浜DeNAベイスターズ」の全選手の契約更改が終了しましたので・・・

「2016年の契約更改」

の結果をまとめてみました。

つまり、2017年シーズンのベイスターズの年俸一覧になります。

「チーム内年俸ランキング」も併せてご紹介。

Ads by Google

投手の契約更改一覧

※左から、名前、2017年シーズンの年俸、前年比(増減)
※2017年シーズンから新たに加入する選手は除きます。
※金額は推定

久保康友 1億円 -2000万円
山崎康晃 8000万円 +3000万円
井納翔一 7200万円 +2700万円
三上朋也 6000万円 +3000万円
石田健大 4800万円 +3000万円
須田幸太 4400万円 +2500万円
田中健二朗 4300万円 +2500万円
林昌範 4100万円 現状維持
今永昇太 4000万円 +2500万円
加賀繁 2800万円 -100万円
大原慎司 2600万円 -300万円
高崎健太郎 2500万円 -800万円
三嶋一輝 2300万円 -200万円
国吉佑樹 2000万円 -400万円
砂田毅樹 1700万円 +400万円
小杉陽太 1550万円 +350万円
熊原健人 1300万円 +100万円
藤岡好明 1200万円 現状維持
平田真吾 1000万円 -300万円
柿田裕太 900万円  -300万円
福地元春 900万円  -50万円
小林寛 900万円 -170万円
野川拓斗 800万円 現状維持
綾部翔 560万円 +10万円
飯塚悟史 520万円  +10万円
田村丈 360万円 現状維持

野手の契約更改一覧

※左から、名前、2017年シーズンの年俸、前年比(増減)
※2017年シーズンから新たに加入する選手は除きます。
※金額は推定

筒香嘉智 3億円 +20000億円
ロペス 2億3000万円 +8000万円
梶谷隆幸 9300万円 +1000万円
石川雄洋 6300万円 -700万円
エリアン 4500万円 -3500万円
倉本寿彦 4300万円 +2700万円
桑原将志 4000万円 +2700万円
荒波翔 3300万円 -700万円
宮崎敏郎 3000万円 +1800万円
下園辰哉 2300万円 現状維持
後藤G武敏 2200万円 現状維持
戸柱恭孝 2000万円 +1050万円
黒羽根利規 2000万円 -600万円
白崎浩之 2000万円 現状維持
山崎憲晴 1700万円 -500万円
乙坂智 1600万円 +550万円
関根大気 1600万円 +550万円
高城俊人 1600万円 +300万円
嶺井博希 1300万円 -200万円
松本啓二朗 1300万円 -200万円
山下幸輝 1200万円 +360万円
柴田竜拓 1000万円 現状維持
飛雄馬 900万円 -150万円
西森将司 610万円  現状維持
百瀬大騎 520万円  +10万円
青柳昴樹 510万円 +10万円
白根尚貴 510万円 +60万円
山本武白志 360万円 現状維持
亀井塔生 360万円 現状維持
網谷圭将 360万円 現状維持

2017年のチーム内年俸ランキング

それでは、2016年オフシーズンの契約更改結果を踏まえての、来シーズン、つまり2017年シーズンの「横浜DeNAベイスターズ」年俸ランキングTOP10をご紹介。

※2017年シーズンから新たに加入する選手は除きます。

1位 筒香嘉智 3億円
2位 ロペス 2億3000万円
3位 久保康友 1億円
4位 梶谷隆幸 9300万円
5位 山崎康晃 8000万円
6位 井納翔一 7200万円
7位 石川雄洋 6300万円
8位 三上朋也 6000万円
9位 石田健大 4800万円
10位 エリアン 4500万円

このような結果となりました。

やはり主力選手が高くなるのは当然ですね。
筒香嘉智選手に至っては、3億円の大台突破で今や球団の顔。
侍ジャパンの4番を務めるほどですし、球界の顔なので妥当な値段ですね。

現状、2017年シーズンからの新入団選手を除けば、チームに億プレイヤーが3人だけと、他球団に比べれば少ないですし、ベイスターズのチーム総年俸は球界でも最低レベルの安さです。
(2015、16年は12球団最下位)

親会社からすればコストパフォーマンスが良いですが、選手からするともっと給料を上げて欲しいでしょうね。

ただ、やはり球団初のCSに出場したことにより、年俸の上がった選手が多く、チームとしては暖冬更改だったのではないかと思います。

まとめ

プロ野球・「横浜DeNAベイスターズ」の2016年契約更改の結果、そして2017年シーズンの年俸をご紹介させて頂きました。

保留者無しですんなり契約更改が行われました。
アップした選手もいればダウンした選手もいます。
ただ、Aクラス入りして球団初のCSに出場したことにより、チーム全体として暖冬更改となりました。
やはりアップした選手が多いです。

特にホームラン王と打点王の2冠に輝いた4番打者・筒香嘉智選手は、一気に2億円アップと3億円の大台に乗りましたね。

しかし、これでもベイスターズの年俸は他球団と比べても安い方となっております。

 - スポーツ ,