気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【男子サッカー】ミラン・ジュリッチって何者?所属チームは?キリンカップ決勝「日本VSボスニアヘルツェゴビナ」戦で2ゴール!

   

2016年6月7日、キリン杯・決勝「日本VSボスニア ヘルツェゴビナ」が、
市立吹田サッカースタジアムで行われました。

日本代表ハリルJAPANは、清武弘嗣のゴールで先制しましたが、
ボスニアヘルツェゴビナのFWミラン・ジュリッチに2ゴールを決められ、
1-2で痛恨の逆転負けとなりました。

日本代表監督ヴァヒド・ハリルホジッチさんの母国との対戦でしたが、
惜しくも負けてしまいハリルJAPN初タイトルを逃す結果に・・・

この試合一番目立ったのは2ゴールを挙げた
ミラン・ジュリッチ選手ですね。

彼のプロフィール、どこのクラブに所属しているのか?など調べてみましたので、
キリン杯決勝の結果とともにご覧下さい。

Ads by Google

日本VSボスニアヘルツェゴビナ戦のスタメン

まずはキリン杯決勝、日本VSボスニアヘルツェゴビナ戦
両チームのスターティングメンバーを確認してみましょう。

日本代表のスタメン

GK 西川 周作

DF 長友 佑都
DF 森重 真人
DF 酒井 高徳
DF 吉田 麻也

MF 柏木 陽介
MF 清武 弘嗣
MF 長谷部 誠

FW 岡崎 慎司
FW 宇佐美 貴史
FW 浅野 拓磨

本田圭佑選手と香川真司選手はベンチスタートとなりました。
というか、本田選手は怪我で出れないなら何で招集したんだ・・・って気がしますね。

怪我で無理だと分かってから代わりの選手を招集するのが間に合わなかったんですかね。
みんな所属チームがありますから。

注目は、A代表初のスタメンとなった浅野拓磨選手!

ボスニアヘルツェゴビナのスタメン

GK イブラヒム セヒッチ

DF エディン コカリッチ
DF トニ シュニッチ
DF マテオ スシッチ
DF アルミル ベキッチ

MF ハリス メジュニャニン
MF マリオ ブランチッチ
MF イゼト ハイロビッチ
MF ハリス ドゥリェビッチ

FW アルミン ホジッチ
FW ミラン ジュリッチ

名前に「~ッチ」って選手が非常に多い。
旧ユーゴスラビア時代もこんな感じでしたよね。
・・・あっ、ハリルホジッチ監督も「~ッチ」でしたねw

注目は、身長199㎝の巨人ミラン ジュリッチ選手。
デンマーク戦で2得点をしていた長身ストライカー。

試合経過と結果

前半28分 清武弘嗣の得点で日本代表が先制。1-0

前半29分 ミラン ジュリッチのゴールですぐさま同点。1-1

日本1-1ボスニアヘルツェゴビナ
と同点で前半を折り返します。

後半、柏木陽介に代えて遠藤航を投入しスタート。

後半21分 ミラン ジュリッチが2得点目となるゴールで勝ち越し。1-2

後半21分 ハリス ドゥリェビッチに代えてミロスラフ ステバノビッチを投入。

後半25分 長友佑都に代えて槙野智章を投入。

後半29分 宇佐美貴史に代えて小林祐希を投入。

後半31分 ミラン ジュリッチに代えてズボニミール コジュリを投入。

後半34分 岡崎慎司に代えて金崎夢生を投入。

後半43分 長谷部誠に代えて小林悠、マリオ ブランチッチに代えてフィリップ アレジナを投入。

後半46分 イゼト ハイロビッチに代えてアレクサンダル コソリッチ

このまま日本1-2ボスニア ヘルツェゴビナで試合終了。

キリン杯優勝は「ボスニア ヘルツェゴビナ」

準優勝は「日本」

となりました。

得点者は、
前半28分 清武弘嗣
前半29分 ミラン ジュリッチ
後半21分 ミラン ジュリッチ

ミラン ジュリッチ選手にかなりやられましたね。
警戒すべき選手としてメディアにも取り上げられていましたし、
日本代表も警戒していたでしょうが、
その上を行かれました。

想像以上に良い選手だったのでしょう。

この試合のスタッツ

両チームのスタッツをまとめました。

日本代表のスタッツ

シュート:12
直接FK:10
間接FK:3
CK:8
PK:0
GK:5
オフサイド:3
ボール支配率:63%

ボスニアヘルツェゴビナのスタッツ

シュート:13
直接FK:13
間接FK:7
CK:3
PK:0
GK:12
オフサイド:7
ボール支配率:37%

日本代表はボール支配率60パーセントを超え圧倒していたのですが、
勝てませんでしたね・・・

これは持たされていたのでしょうか?
それともしっかりゲームの主導権を握っていたのに決定力の差が出てしまったのか?

これだけ支配できていたならば、先制した後もっと守りに徹するべきだったんですかね・・・

ミラン・ジュリッチってどんな選手?

この試合、一番目立ち大活躍したのが、
2ゴールのFWミラン・ジュリッチ選手。

彼について少し調べてみました。

ミラン・ジュリッチのプロフィール

名前:ミラン・ジュリッチ
生年月日:1990年5月22日(26歳)
身長:199㎝
体重:94キロ
出身地:旧ユーゴスラビア生まれ、イタリア育ち

所属チームは?

彼の現在の所属チームは、

イタリアセリエAのチェゼーナ

です。

日本代表で、最近タレントの平愛梨さんと熱愛とアモーレ発言で話題の
インテル長友佑都選手の古巣ですね♪

2015-2016年シーズンは、27試合で7得点をマークしたストライカーです。

セリエAを普段見ている選手なら知ってる人も結構いたのではないかと思われます。

プレースタイル

やはり199㎝と長身を生かした空中戦です。
言うまでもなく高くて強いです。

そして足元にも自信があるようで、実際に足元も上手くて、
よくいる足元のテクニックが無い長身選手とは違うかなという印象です。

まとめ

残念ながらボスニアヘルツェゴビナに1-2で負けてしまい、
キリンカップは準優勝となりました。

ミラン・ジュリッチ選手は今大会大活躍でしたね。

負けはしましたが今大会、新しい選手も見れましたし、今後も楽しみですね♪
浅野選手は試合後、涙を流し泣いていましたが、この悔しさを糧に成長して欲しいです。

2016年9月1日(木曜日)より、いよいよ
ワールドカップ 最終予選が始まります。

9月1日 UAE戦
9月6日 タイ戦

と楽しみですね!
絶対にワールドカップ出場権を獲得して欲しいです!

 - スポーツ