気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【WBC強化試合】オリックスVS中国代表のスタメンと試合結果!成績一覧!

   

いよいよ野球の国際大会である、”WBC2017(第4回ワールド・ベースボール・クラシック)”の開幕が近づいてきましたね!

1次ラウンドで日本と同グループで対戦予定の「中国代表」は、2017年3月4日(土)に、「オリックス・バファローズ」とWBC強化試合を行いました!

つまり、大会本番前に調整試合ですね。

バファローズファンの方からすればもちろん気になる試合だと思いますし、野球ファンの方からしても侍ジャパンと対戦予定である中国代表のことは気になりますよね。

そこで今回は2017年3月4日(土)に行われた、WBC強化試合「オリックス・バファローズ VS. 中国代表」の・・・

「スタメン」

「試合経過・詳細」

「試合結果」

「出場成績一覧」

などをまとめてみました。

Ads by Google

両チームのスタメン

まずは、両チームのスターティングメンバーから確認してみましょう。

オリックス・バファローズ

1 遊 安達 了一
2 二 西野 真弘
3 DH 中島 宏之
4 右 ロメロ
5 一 T-岡田
6 左 川端 崇義
7 三 大城 滉二
8 捕 若月 健矢
9 中 駿太

先発ピッチャーは、ドラフト1位ルーキー山岡泰輔投手。

中国代表

1 中 ル・チェンホン
2 一 チュ・フジャ
3 三 レイ・チャン
4 DH ナ・チュワン
5 捕 ワン・ウェイ
6 遊 ジョイ・ウォン
7 左 モン・ウェイチャン
8 右 ヤン・シュンイ
9 二 トゥ・シャオレイ

先発ピッチャーは、メジャー通算80勝を挙げているブルース・チェン投手。

試合経過・詳細

それでは、2017年3月4日(土)に行われた、WBC強化試合「オリックス・バファローズ VS. 中国代表」の試合を振り返ってみましょう。

試合が動いた場面をピックアップしてご紹介!

1回の裏
オリックスは西野の3ベースで1アウト3塁とすると、続く中島は空振り三振。
2アウトとなりますが、ここでロメロがレフトへ先制のタイムリー2ベース。
オリックスが1点を先制。
(オリックス1-0中国代表)

2回の裏
オリックスは2アウト1、3塁のチャンスを作ると、ここでホームスチールを成功させ追加点。
(オリックス2-0中国代表)

3回の裏
オリックスはノーアウト1塁から、ロメロが左中間へ2ランホームランを放ちます。
(オリックス4-0中国代表)

5回の表
ノーアウト1塁からモン・ウェイチャンがレフトへタイムリー2ベースを放ち1点を返すと、その後内野ゴロの間にもう1点を返し反撃。
(オリックス4-2中国代表)

8回の裏
オリックスは1アウト2塁から、若月がセンターへタイムリーヒット。
(オリックス5-2中国代表)

9回の表
黒木投手がランナーを一人出すも、アウト3つを全て三振で仕留め試合終了。

試合結果

オリックス5-2中国代表

勝利投手
山岡

敗戦投手
ブルース・チェン

セーブ
黒木

本塁打
ロメロ(3回裏2ラン)

バッテリー
【オリックス】山岡、コーク、黒木 – 若月
【中国】ブルース・チェン、クゥン・ハイチョン、ルォ・シャ、ワン・モンハオ、ル・チャオ、リュウ・ニン、チョン・チャオチュイン – ワン・ウェイ

出場成績一覧

最後に投打の出場成績を確認してみましょう。

オリックス・バファローズ

投手成績

山岡 泰輔 3回 球数32 被安打1 四死球1 奪三振4 失点0
コーク 4回 球数63 被安打2 四死球1 奪三振5 失点2
黒木 優太 2回 球数34 被安打1 四死球1 奪三振4 失点0

打者成績

安達 了一 2打数 0安打 0打点 1四死球 0三振
小島 脩平 1打数 1安打 0打点 0四死球 0三振
西野 真弘 4打数 1安打 0打点 0四死球 1三振
中島 宏之 2打数 1安打 0打点 0四死球 1三振
伊藤 光 2打数 0安打 0打点 0四死球 0三振
ロメロ 2打数 2安打 3打点 0四死球 0三振
吉田 雄人 2打数 2安打 0打点 0四死球 0三振
T-岡田 4打数 0安打 0打点 0四死球 1三振
鈴木 昂平 打席なし
川端 崇義 2打数 0安打 0打点 1四死球 0三振
小田 裕也 0打数 0安打 0打点 1四死球 0三振
大城 滉二 2打数 1安打 0打点 0四死球 1盗塁 0三振
若月 健矢 4打数 1安打 1打点 0四死球 0三振
駿太 3打数 0安打 0打点 1四死球 1盗塁 0三振

中国代表

投手成績

ブルース・チェン 2回 球数37 被安打3 四死球2 奪三振2 失点2
クゥン・ハイチョン 1回 球数10 被安打2 四死球0 奪三振0 失点2
ルォ・シャ 1回 球数10 被安打0 四死球0 奪三振0 失点0
ワン・モンハオ 1回 球数22 被安打1 四死球0 奪三振1 失点0
ル・チャオ 1回 球数13 被安打0 四死球1 奪三振0 失点0
リュウ・ニン 1回 球数23 被安打2 四死球0 奪三振0 失点0
チョン・チャオチュイン 1回 球数16 被安打1 四死球1 奪三振0 失点1

打者成績

ル・チェンホン 3打数 1安打 0打点 0四死球 2三振
シュ・グイウェン 0打数 0安打 0打点 1四死球 0三振
チュ・フジャ 4打数 0安打 0打点 0四死球 0三振
レイ・チャン 4打数 1安打 0打点 0四死球 2三振
ナ・チュワン 4打数 0安打 0打点 0四死球 4三振
ワン・ウェイ 4打数 1安打 0打点 0四死球 1三振
ジョイ・ウォン 3打数 0安打 0打点 1四死球 2三振
モン・ウェイチャン 4打数 1安打 1打点 0四死球 1三振
ヤン・シュンイ 3打数 0安打 1打点 0四死球 0三振
トゥ・シャオレイ 1打数 0安打 0打点 1四死球 0三振
リ・ツォウェン 1打数 0安打 0打点 0四死球 1三振

まとめ

2017年3月4日(土)に行われた、WBC強化試合「オリックス・バファローズ VS. 中国代表」のスタメンや試合結果、出場成績一覧などをご紹介させて頂きました。

バファローズは、2番手コーク投手が失点しましたが、ドラフト1位ルーキー山岡投手と最後を締めくくった黒木投手は素晴らしかったですね。

野手陣は新助っ人外国人のロメロ選手がホームランを放つなど2安打3打点と大きな収穫です。

そして注目された中国代表ですが、やはりそんなに強くは無さそうですね。

ただ油断すると足元をすくわれる可能性もありますので、侍ジャパンには気を引き締めて戦って欲しいです。

 - スポーツ , ,