気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【ドラフト2017】東克樹(立命大)ってどんな投手?出身校は?楽天が指名候補?

   

いよいよ2017年10月26日(木)に、「プロ野球ドラフト会議2017」が行われます。

毎年恒例ですが、プロ野球ファンにとっては、とても楽しみな年に一度のビッグイベントですよね。

このドラフトの結果次第で、来シーズン以降の各球団の順位を大きく左右しますし、指名される選手の将来も大きく左右されます。

今回はドラフト上位指名候補選手である・・・

「東克樹(立命大)」

についてご紹介!

大学ナンバーワン左腕との呼び声高いドラフト1指名候補!

一体どんな選手なのか?気になりますよね。

そこで今回は東克樹投手の・・・

「プロフィール」

「経歴」

「出身校」

「指名する可能性のある球団は?」

などをまとめてみました!

Ads by Google

プロフィール

名前:東 克樹(あずま かつき)

生年月日:1995年11月29日(21歳)
出身地:三重県四日市

身長:170㎝
体重:74㎏

ポジション:投手
投打:左投げ左打ち

所属チーム:立命館大学

好きな野球マンガ:ラストイニング

経歴・出身校

小学校は、四日市市立三重北小出身。
野球を始めたのは6歳で、水泳か野球か選択させられ野球を始めました。
三重クラブ野球少年団でプレー。

中学校は、四日市市立大池中へ。
四日市トップエースボーイズでプレー。

高校は愛知工業大学名電高へ進学。
イチロー選手の母校として有名な高校野球の名門ですね。

1年の時からベンチ入り。
2年春のセンバツ&夏の甲子園に出場するも、登板機会はなし。

2年秋からエースに。
3年夏の甲子園に出場。

大学は立命館大学へ進学。
1年春からリーグ戦に出場。

1年秋からは主力として活躍。
(主にリリーフ)

2年の時は肘の故障に苦しみます。

3年春に復活してここで先発投手として大活躍。
MVP、最優秀投手、ベストナインを獲得。

3年春の京大戦でノーヒットノーランを達成。
さらに4年春の関大戦で二度目のノーヒットノーランを達成。
個人で2度のノーヒットノーラン達成は、リーグ史上初となる快挙。

一気にドラフト1位指名候補に名前が挙がります。

「2017 第29回 ユニバーシアード競技大会」の大学侍ジャパンメンバーに選出。

プレースタイル

最速152キロの本格派左腕。

身長170㎝と小柄ですが、そんなの関係ないほどポテンシャルの高い投手。

キレのいいストレートと、スライダー、ツーシーム、チェンジアップ、カーブ、カットボールなど多彩な変化球を操ります。

しっかりとインコースに投げ込め、スタミナも十分。
さらに、抜群のコントロールと奪三振能力の高さも大きな魅力。

あとはフィールディングも上手いみたいです。

大学ナンバーワン左腕との評価をされており、即戦力としての計算できるとの声も。

ちなみに、憧れのプロ野球選手は石川雅規投手(ヤクルト)とのこと。
自分と同じ小柄な左腕の活躍に勇気をもらっていたそうです。

指名する可能性のある球団は?

さて、ここで気になるのは東克樹投手を指名する可能性のある球団ですよね。

大学ナンバーワン左腕と呼ばれており、ドラフト1位指名候補なので、数多くの球団が視察に訪れています。

阪神に関しては8人体制、楽天に関しては6人体制での視察を行うほど。

他にもヤクルトの小川新監督や、横浜DeNAの高田GMなどが直々に球場まで視察に訪れています。

このようにどこからも上位指名される可能性のあるピッチャー。

ほぼ間違いなく1位指名されるのではないかと予想されます。
悪くても外れ1位で消えるでしょうね。

中でも楽天は1位指名候補の一人との情報が出ていますし、ヤクルトも外れ1位で狙っているみたいです。

とにかく先発左腕の手薄な球団は、どこも欲しい逸材でしょう。

まとめ

プロ野球ドラフト会議2017の指名候補選手である、「東克樹(立命大)」投手についてご紹介させて頂きました。

最速152キロの本格派左腕。
小柄ではありますが、多彩な変化球とコントロールが武器。
大学ナンバーワン左腕との声も。

リーグ戦では史上初となる二度のノーヒットノーランを達成。

おそらく1位指名確実だと思われる即戦力大卒投手。

果たしてどの球団に何位指名されて、どこに入団するのか・・・!

ぜひご注目下さい。

 - スポーツ , ,