気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【ドラフト2017】石川翔(青藍泰斗)とは?ハーフ?中日がドラ1で指名する可能性も?

   

いよいよ2017年10月26日(木)に、「プロ野球ドラフト会議2017」が行われます。

毎年恒例ですが、プロ野球ファンにとっては、とても楽しみな年に一度のビッグイベントですよね。

このドラフトの結果次第で、来シーズン以降の各球団の順位を大きく左右しますし、指名される選手の将来も大きく左右されます。

今回はドラフト上位指名候補選手である・・・

「石川翔(青藍泰斗)」

についてご紹介!

高校ナンバーワンの評価を受ける投手。

一体どんな選手なのか?気になりますよね。

そこで今回は石川翔投手の・・・

「プロフィール」

「経歴」

「出身校」

「指名する可能性のある球団は?」

などをまとめてみました!

Ads by Google

石川翔のプロフィール

名前:石川 翔(いしかわ しょう)

生年月日:1999年12月14日(17歳)
出身地:東京都板橋区

身長:179㎝
体重:82㎏

ポジション:投手
投打:右投げ左打ち

所属チーム:青藍泰斗高校(栃木県)

ハーフ?

実は石川翔投手は、日本人の父とフィリピン人の母を持つハーフです。

見た目はハーフにはあまり見えない日本人らしい顔立ちですね。

経歴・出身校

小学校は、北野小(東板橋)出身。
2年生の時に野球を始めます。

中学校は、赤坂一中へ。
板橋シニアでプレーします。

高校は、青藍泰斗(栃木県)へ進学。
1年生の時は最速137キロも制球難で投手をクビにされ、外野手に転向。

2年春に再転向。
最速146キロをマーク。

3年春に最速148キロをマーク。
しかし、左股関節、右肩、左足首と度重なる怪我に苦しみます。

夏の栃木大会準々決勝の石橋戦で、自己最速の151キロをマークして高校ナンバーワンの評価に。

惜しくも準決勝で作新学院に敗れ甲子園とは縁がありませんでした。

3年夏の栃木大会では、4登板、21.1回、被安打13、奪三振29、四死球9、失点5を記録。

プレースタイル

最速151キロの本格派右腕。

伸びのあるストレートに、スライダー、カットボール、カーブ、チェンジアップなどを投げます。

特にキレのある縦のスライダーは大きな武器。

柔らかい投球フォームからスピンの利いたボールを投げ、手足の長さ、関節や肩周りの柔軟性など、ピッチャーとして理想的な体型の持ち主。

俊足強肩で身体能力も高いです。

コントロールや故障癖などに課題がありますが、非常に潜在能力の高い素材型投手。

球速もまだまだ速くなると評価されているようです。

指名する可能性のある球団は?

さて、ここで気になるのは石川翔投手を指名する可能性のある球団ですよね。

プロ野球全12球団から調査書が届いているそうなので、どこからも指名される可能性があります。

やはり高校ナンバーワン投手の評価は伊達じゃありませんね。

素材型として将来性の高さからドラフト1位指名候補との声も。

甲子園に出場していないので全国的に無名ですが、プロのスカウトからはトップクラスの評価を受けています。

特に中日ドラゴンズがかなり高評価しているようで、ドラフト1位指名候補に入っているとの記事が出ていますね。

他にも東北楽天ゴールデンイーグルスや千葉ロッテマリーンズあたりも、熱心に視察して高評価をしているとのこと。

競合1位はなさそうな気がしますが、単独1位指名を狙いに行く球団や、外れ1位で指名する球団はありそうです。

遅くても2位3位までには指名されると予想。

プロ野球ファンの方々のツイートなどを見ても、2位で獲れたらラッキーという声が多いですね。

とにかく上位指名確実の素材。

まとめ

プロ野球ドラフト会議2017の指名候補選手である、「石川翔(青藍泰斗)」投手についてご紹介させて頂きました。

最速151キロの本格派右腕。
ピッチャーとして理想的な体型の持ち主、非常にバランスのいい投手。

高校ナンバーワン投手との声も。

甲子園に出ていないので全国的には無名ですが、1位指名候補であり、とにかく上位指名確実の素材。

中日ドラゴンズの1位指名候補の中にリストアップされているとの情報も。

果たしてどの球団に何位指名されて、どこに入団するのか・・・!

ぜひご注目下さい。

 - スポーツ , ,