気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【大躍進】ユーロ2016準々決勝「ウェールズ対ベルギー」の結果とスタメン!ベイルは?

   

男子サッカーEURO2016の準々決勝が2016年7月2日(現地時間7月1日)行われました。

対戦カードは「ウェールズ代表VSベルギー代表」です。

ウェールズは実はユーロ本戦初参戦でここまでの躍進。
決勝トーナメント1回戦では、北アイルランド代表に1-0の勝利。

対するベルギーは、現在FIFAランキング(世界ランキング)2位と今や世界のトップクラス。タレント揃いで今大会の優勝候補といってもおかしくはありません。
決勝トーナメント1回戦では、ハンガリー代表に4-0と大勝してきているので、その実力は正面済み。

果たして、初参戦のウェールズは優勝候補ベルギー相手にどのような試合をしたのか?エース・ベイルはどうだったのか?

この試合の

「両チームのスタメン」

「試合経過と結果」

「勝者は次の試合どこの国と対戦か?」

などを分かりやすくまとめました。

Ads by Google

ウェールズ代表のスタメン

GK
ウェイン・ヘネシー(クリスタル・パレス/イングランド)

DF
ジェイムズ・チェスター(ウェストブロムウィッチ/イングランド)
アシュリー・ウィリアムズ(スウォンジー/イングランド)
べン・デイヴィス(トッテナム/イングランド)

MF
クリス・ガンター(レディング/イングランド)
ジョー・レドリー(クリスタル・パレス/イングランド)
ニール・テイラー(スウォンジー/イングランド)
ジョー・アレン(リヴァプール/イングランド)
アーロン・ラムジー(アーセナル/イングランド)

FW
ガレス・ベイル(レアル・マドリード/スペイン)
ハル・ロブソン=カヌ(レディング/イングランド)

監督
クリス・コールマン

注目はなんといってもレアルマドリードに所属するベイル!
世界的なストライカーですよね。

そして、アーセナルに所属するラムジーも。

この二人の選手がウェールズ代表の生命線だと思います。

ベルギー代表のスタメン

GK
ティボー・クルトワ(チェルシー/イングランド)

DF
トーマス・ムニエ(クラブ・ブリュージュ)
トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム/イングランド)
ジェイソン・デナイエル(ガラタサライ/トルコ)
ジョルダン・ルカク(KVオースンデ)

MF
ラジャ・ナインゴラン(ローマ/イタリア)
アクセル・ヴィッツェル(ゼニト/ロシア)
ヤニック・フェレイラ・カラスコ(アトレティコ・マドリード/スペイン)
ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/イングランド)
エデン・アザール(チェルシー/イングランド)

FW
ロメル・ルカク(エヴァートン/イングランド)

監督
マルク・ヴィルモッツ

中盤~前線はタレント揃い!
世界的な好選手がひしめきます。

ナインゴラン、カラスコ、デ・ブライネ、アザール、ルカクは、サッカーファンなら名前くらい聞いたことがありますよね。

欧州のビッグクラブで活躍する選手が多く凄いメンバーです。

DFトマス・ベルメーレンが累積警告により出場停止。
DFヤン・フェルトンヘンが負傷欠場となっています。

試合経過と結果

上記のスターティングメンバーでキックオフ。

試合は前半から大方の予想通りベルギーが押します。
13分、エデン・アザールのパスからラジャ・ナインゴランがダイレクトミドル!
これが無回転シュートとなりゴール左に決まり、ベルギーが先制!!!
(ウェールズ0-1ベルギー)

前半の内に追いつきたいウェールズですが、攻撃に良い形が見え始めます。
そして31分、アーロン・ラムジーのコーナーキックに、アシュリー・ウィリアムズが合わせヘディングシュート。
これが見事に決まりウェールズが同点に追いつく!!!
(ウェールズ1-1ベルギー)

前半を1-1のドローで折り返します。

そして後半、ベルギーが主導権を握り、ロメル・ルカクやエデン・アザールを中心に激しく攻め込みます。
しかし、なかなかゴールが決まらない。
この猛攻をしのいだウェールズに流れが来ます。

55分、ガレス・ベイルのロングフィードを右サイドでアーロン・ラムジーが受け、中央へクロス。
これを受けたハル・ロブソン=カヌが反転して敵をかわし左足でゴール!!!
ウェールズが逆転に成功!このチーム勢いが凄い!
(ウェールズ2-1ベルギー)

反撃したいベルギーは、マルアヌ・フェライニ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)を投入して彼の高さを活かした攻撃を見せますがなかなか決まりません。

と、ここで悲報が・・・
なんとウェールズの中心選手アーロン・ラムジーがイエローカードを受けてしまい、累積警告により、仮に勝ち上がっても準決勝は出場できない事態に・・・

それでもウェールズの勢いは止まりません。
ベルギーの反撃を防ぎつつ、86分、クリス・ガンターのクロスに途中出場のFWサム・ボークスがヘッドで合わせてゴールネットを揺らします。
もうこれはダメ押し点ですね。
(ウェールズ3-1ベルギー)

このまま試合は終了して、ウェールズ代表がベスト4進出!
まさに快進撃!今大会の台風の目となっています!

【試合結果】
ウェールズ3-1ベルギー

【得点者】
13分 ラジャ・ナインゴラン(ベルギー)
31分 アシュリー・ウィリアムズ(ウェールズ)
86分 アシュリー・ウィリアムズ(ウェールズ)

【ウェールズ交代者】
78分 ジョー・レドリー→アンディ・キング(レスター・シティ/イングランド)
80分 ハル・ロブソン=カヌ→サム・ヴォークス(バーンリー/イングランド)
90分 アーロン・ラムジー→ジョナサン・ウィリアムズ(MKドンズ/イングランド)

【ベルギー交代者】
46分 ヤニック・フェレイラ・カラスコ→マルアヌ・フェライニ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
75分 ジョルダン・ルカク→ドリエス・メルテンス(ナポリ/イタリア)
83分 ロメル・ルカク→ミヒー・バチュアイ(マルセイユ/フランス)

次の対戦相手は?

見事勝利したウェールズ代表の次の対戦相手、つまり準決勝の相手は、PK戦の末ポーランド代表を破った「ポルトガル代表」です!

レアルマドリードではチームメイトであるガレス・ベイルとクリスティアーノ・ロナウドが激突します!
世界屈指のストライカー同士の対決を制するのはどちらか!?

試合は日本時間7月7日早朝に行われます。

気になるのは、累積イエローでアーロン・ラムジーが準決勝に出場できないというところですね。
彼抜きではかなりウェールズは厳しいです。
この準々決勝でも2アシストの大活躍でしたから・・・

まとめ

ユーロ本戦初出場のウェールズの快進撃は一体いつまで続くのでしょうか?
もしかして奇跡の初優勝もありえるのか・・・

今後も、台風の目である彼らから目が離せません!

 - スポーツ ,