気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【FA】中日ドラゴンズ大島洋平 が残留決定!巨人移籍は無し!契約内容は?

   

いよいよ2016年10月31日(月)よりFA宣言(フリーエージェント)が解禁されました。

2016年のオフシーズンは、FA権を持つ選手が豊作で、特に外野手に注目選手が多いです。

その中で、FA宣言濃厚とされ巨人(読売ジャイアンツ)への移籍の噂が出ていた中日ドラゴンズの大島洋平選手が、解禁日にドラゴンズへの残留を表明しました!

大方の予想では、「ドラゴンズを出て巨人へ移籍するのでは?」と言われていましたが、FA権を行使せず残留という形になりましたね。

という事で今回は大島洋平選手の、

「残留理由」

「契約内容」

「2016年シーズンの成績」

「プロ通算成績」

などをまとめてみました。

Ads by Google

残留を表明

今季国内フリーエージェント(FA)権を取得し、動向が注目されていた中日ドラゴンズ・大島洋平外野手が、10月31日、名古屋市内で会見を開き、権利を行使せず残留すること表明しました。

「来年からもドラゴンズにお世話になることになりました。むっちゃ悩みましたが、今は来年に向けて気持ちを向けている。スッキリしました。」

「2、3年、外(他球団)に出てから帰ってくるのもアリだと思っていたけど、今年は(最下位に終わったので)逃げるみたいでイヤだった。」

「もし(球団を)出るとなったら、ドラゴンズを応援してくださる方に顔向けできなかった。ファンにいい思いをしてもらいたい。もっとたくさんドラゴンズを応援していただきたい。」

などと笑顔で語りました。

FA移籍が予想されていた?

大島選手といえば、過去に契約更改で揉める事も多く、FA解禁前の球団との交渉では、

”交渉決裂でFA権行使へ「他球団と話し合ってみたい」”

などの記事が出たりとFA宣言をする事が濃厚だと思われていました。

世間のイメージ的には、球団に不満を持っていて、移籍したがっているのでは?という感じでしたね。

しかも、大島選手は俊足のセンターという事で、センターが埋まらない巨人、さらには阪神まで獲得調査の記事が出ていたので、ドラゴンズファンの間でも、もう出て行くものだと思っていた方が多かったです。

それが今回、FA宣言せずに残塁という選択肢に至りました。

残留理由は?

では、なぜ残留に至ったのか?ですが、まず中日が提示した契約内容に満足したのでしょう。
年俸が希望額に至ったと思われます。

そして、中日の森繁和監督が、「いろいろと動いてくれたんだと思う」と語り、監督の尽力が残留を決めた要因だったようですね。
森監督といえば、駒沢大学の先輩でもありますし、その監督が大島選手の残留を熱望して動いてくれていたとなると、心を揺さぶられるものがありますもんね。

また大島選手は、地元・名古屋の出身でもありますからね。

さらに大島選手といえば、過去に契約更改で揉めた際、嫁が世間体を気にしてサインをさせたという話もありますし、今回ももしかすると妻の助言があっての残留だったかもしれませんね。

まあ、一番の残留の決め手は、ドラゴンズファンの方々を想っての事だとは思いますが。

契約内容は?

さて、気になる残留を決めた契約内容ですが、報道によると今季年俸9000万円から約67%アップの

年俸1億5000万円前後で3年契約

とみられるようです。

つまり、3年4.5億くらいでしょうか。
リードオフマンとして活躍し、ドラゴンズの中心選手ですが、中日もなかなか太っ腹ですね。

この金額での複数年契約なら、なかなか不満も出ないと思います。

大島洋平の成績

2016年シーズンの成績

試合数
143試合

打率
.292
(599-175)

ホームラン数
3本

打点
27打点

盗塁
26盗塁

OPS
.730

通算成績

試合数
910試合

打率
.280
(3417-958)

ホームラン数
18本

打点
157打点

盗塁
143盗塁

OPS
.688

ーーーーーーーーー
長打力と勝負強さにはもの足りなさを感じますが、俊足で盗塁が出来て、過去に打率3割を2回マーク、さらには守備も良いですし、何よりチームの顔の生え抜き選手ですから、年俸1億5000万円でもそんなに不思議ではありませんよね。

まとめ

という事で中日ドラゴンズ・大島洋平外野手がFA宣言せずにドラゴンズへ残留することをご紹介させて頂きました。

正直、ドラゴンズファンの方はもう出て行くものだと思っていた方が多かったのではないでしょうか?
残留してくれて本当に良かったですね。おめでとうございます。
巨人や阪神などのライバル球団に移籍されなかった事に安堵した方も多いでしょう。

大島選手には今後もチームの顔として頑張って欲しいです。

さあ、問題はもう一人国内FA権を取得した平田良介選手の動向ですよね。
彼もまたFA移籍の可能性が高いと言われていますので、今後の動きに注目です。

 - スポーツ , ,