気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【弱い】男子バレーワールドリーグ2016「エジプト大会」全敗!フィンランド戦の結果!

   

男子バレーボール日本代表、通称龍神NIPPONは、現在ワールドリーグ2016「エジプト大会」を戦っています。
この大会は、3週に分けてリーグ戦を行い、エジプト大会は第二週目となります

ここまでの戦績は2勝3敗とやや苦戦気味。
そして2016年6月27日早朝(日本時間)、フィンランド代表と対戦しました。

フィンランド代表には、第一週「大阪大会」で3-0のストレート勝ちをしており、分が良いはずだったのですが・・・何でこうなったのでしょうか。

先に結果をお伝えすると、

「日本1-3フィンランド」

と負けてしまいました。

日本の方が実力が上だと思うのですが勝てませんね。
こういうのを見ると、リオ五輪出場を逃したのも納得せざるを得ないような気もします。

それではこの試合の

「第一セットのスタメン」

「フィンランド代表の世界ランキング」

「試合結果と詳細」

「敗因は?」

「今後のスケジュール(中国大会)」

などをまとめました。

Ads by Google

ここまでの戦績

試合経過と結果を振り返る前に、ここまでの男子日本代表のワールドリーグ2016における戦績を見ておきましょう。

大阪大会の結果

「日本3-0フィンランド」

「日本2-3キューバ」

「日本3-0韓国」

エジプト・カイロ大会の結果

「日本2-3トルコ」

「日本2-3エジプト」

ここまでの戦績は5戦戦い2勝3敗と負けが先行してきました。
見ての通り、エジプトに乗り込んできてから未だ勝ちなしです。

↓全戦「日本VSエジプト」の詳しい試合経過と結果はこちら

ワールドリーグ2016エジプト戦の結果は?次のフィンランド戦YouTubeリンク!

フィンランド代表の世界ランキングと強さは?

今回対戦するフィンランド代表は、世界ランキング(FIVBランキング)18位です。

日本代表は14位なので格下ですね。
大阪大会で対戦した時は、ストレート勝ちとボコボコにしたのですから。

勝たなくてはいけない試合でした。

第一セットのスタメン

フィンランド戦のスターティングメンバーです。

セッター

深津 英臣

ウィングスパイカー

清水 邦広
柳田 将洋
星野 秀知

ミドルブロッカー

小野寺 太志
出耒田 敬

リベロ

永野 健

前回のエジプト戦からかなりスタメンを入れ替えてきましたね。
特にセッターは、関田誠大選手をずっと起用していましたが、今回は深津英臣選手を南部正司監督は使われました。

試合結果と詳細

「日本VSフィンランド」の試合経過を振り返ってみましょう。

上記のようにスタメンを代えて挑みます。
セッターの深津選手がキーマンですかね。

フィンランド代表とはワールドリーグ2016では二度目の対戦。

第一セット
試合開始から連続得点されてしまい、流れが悪いまま中盤・終盤にミスが目立ち18-25と大事な一セット目を落としてしまいました。
(日本0ー1フィンランド)

第二セット
このセットは激戦となりました。
競った展開が続き、そのままデュースへと突入。
しかし、またミスをしてしまい、結局29-31で落としてしまいました。
連続でフィンランドがセットを奪取し王手をかけられます。
(日本0ー2フィンランド)

第三セット
後がない日本代表は、ここで意地を見せます。
終始このセットを自分たちのペースでプレイし、リードを保ったまま25-22となんとか逃げ切ります。
(日本1ー2フィンランド)

第四セット
このまま勢いに乗り逆王手をかけたい日本でしたが、相手のジャンプフローターサーブに苦しめられてしまいます。
このサーブで崩されたのが大きく響き21-25でセットを落としてしまいゲームセット。
(日本1ー3フィンランド)

【試合結果】
日本1ー3フィンランド

大阪で試合した時にはストレート勝ちした格下フィンランド相手に痛すぎる敗戦となりました。

相変わらずミスをする悪い癖が出ますね。
まあ、相手も対策をしてきたのでしょうが、なかなか厳しい敗戦だと思います。

敗因は、南部監督や選手たちの試合後のコメントからすると、

「デュースとなった第二セットを落としたこと」

「センター線を絡めた相手の攻撃のせいでサイドアウトがとれなくなった」

「試合時間が現地では夜遅くに開催されているため、コンディション不良」

といったところでしょうか。
まあ、結局はミスが多いですよね。
リオ五輪最終予選からずっとですね・・・
「やっぱり日本男子バレーは弱いのか」とファンは思ってしまいますね。

これで、通算2勝4敗という厳しい結果に。
特に「エジプト・カイロ大会」では0勝3敗というまさに惨敗!
一度も勝てませんでした・・・悔しいですね。

切り替えて、次は「中国大会」です!

今後のスケジュール(中国大会)

今後の試合スケジュールですが、次はワールドリーグ2016第三週「中国・宣城(シュアンチェン)大会」です。

それでは日程を!

※日時は日本時間です。

7月1日(金曜日)16:00
日本ートルコ

7月2日(土曜日)16:00
日本ースロバキア

7月3日(日曜日)18:00
日本ー中国

上記のように、今週末に3連戦が行われます。
悪い流れを変えたいですね!
全勝して欲しいです!

この中国大会もYouTubeのライブストリーミングで視聴できるはずです。

まとめ

龍神NIPPONにとっては、苦しいエジプト大会の3連戦となりましたね。

若い選手にはいい経験ですが、やはり勝利が欲しいです。
目指せ残り試合全勝!

 - スポーツ ,