気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【W杯アジア最終予選】グループA第4戦の結果と順位表は?韓国、イランはどうなった?

   

男子サッカーのロシアワールドカップアジア最終予選が現在行われていますが、2016年10月11日(火)と12日(水)に、第4戦目が行われました。

今回は日本代表が所属するグループBとは別の、韓国やイランが所属するグループAについてまとめてみました。

グループA・第4戦目の

「全試合結果」

「最新の暫定順位表」

などをご紹介!

果たして因縁のイランVS.韓国の試合はどうなったのか・・・!

Ads by Google

グループAに所属する国

まずは、グループAに所属する6か国をご紹介!

イラン

韓国

ウズベキスタン

中国

カタール

シリア

この中の上位2位までが、2018年のロシアワールドカップ出場。
3位はアジアプレーオフ進出となっています。

第4戦目の全試合結果

2016年10月11日(火)から12日(水)に行われた、
グループAの第4戦全試合の結果をまとめました!

イラン VS. 韓国

試合結果
イラン1-0韓国

試合会場
アザディ・スタジアム
(イラン)

得点者
25分 サルダル・アズムン(イラン)

戦評
このスタジアムでのイランとの試合は、韓国では”アザディの呪い”や”アザディのジンクス”などと言われていて、韓国代表にとっては42年間未勝利の鬼門だったそうです。
しかも、試合が行われた日はイランの祝日で、宗教上の理由から異様な雰囲気の中でのキックオフだったそう。

試合は25分、韓国の右サイドを崩したイランがクロスを上げ、これをサルダル・アズムンがダイレクトで決めて先制。
後半もイランペースでしたが、追加点は生まれずこのまま1-0でイランが逃げ切り勝利。
韓国はまたもこのスタジアムで敗れる事になりました。
そして韓国はイランに弱いですね。

カタール VS. シリア

試合結果
カタール1-0シリア

試合会場
ジャシム・ビン・ハマド・スタジアム
(カタール)

得点者
37分 ハッサン・アル・ハイドス(カタール)

戦評
カタールのドーハで行なわれたこの一戦は、前半の37分にハッサン・アル・ハイドスのゴールでカタールが先制。
この1点を最後まで守り切り、カタールがこのロシアワールドカップアジア最終予選で初勝利&初の勝ち点を獲得。

ウズベキスタン VS. 中国

試合結果
ウズベキスタン2-0中国

試合会場
ブニョドコル・スタジアム
(ウズベキスタン)

得点者
50分 マラト・ビクマエフ(ウズベキスタン)
85分 オタベク・シュクロフ(ウズベキスタン)

戦評
ウズベキスタンのタシュケントで行なわれたこの試合は、前半をスコアレスドローで折り返します。
試合が動いたのは後半。50分にマラト・ビクマエフのゴールでウズベキスタンが先制すると、85分にはオタベク・シュクロフのゴールで追加点。
ウズベキスタンがホームで中国に完封勝利。

中国はこの敗戦でワールドカップ出場は絶望的になりました、その責任を取り中国代表の高洪波(ガオ・ホンボ)監督が試合終了後に辞任しました。

グループA暫定順位(4試合消化時点)

それでは全チーム4試合を消化した時点での、
グループAの暫定順位表を確認してみましょう。

順位 チーム名 勝ち点 得点 失点 得失点差
1位 イラン 10 +4
2位 ウズベキスタン +3
3位 韓国 +1
4位 シリア -1
5位 カタール -3
6位 中国 -4

最新の順位はこのようになりました!

流石にイランは強いですよね。
韓国に勝利して1位をキープ。
この組のワールドカップ出場最有力候補です。

そして2位がウズベキスタン。
前回の3位から2位に浮上して、ワールドカップ出場圏内に。

なんと韓国が3位に転落。
ここままだとプレーオフへ進むことになります。
日本代表も3位なので、アジアプレーオフで日韓対決となってしまうのか・・・

最下位の中国はワールドカップ出場の可能性がほぼなくなりました。
先ほども記載しましたが、中国代表監督が辞任。

この組は今後、イラン、ウズベキスタン、韓国の3チームで出場権を争う展開になっていきそうですね。

まとめ

という事でロシアワールドカップアジア最終予選のグループA・第4試合の結果と、暫定順位表をご紹介させて頂きました。

日本も苦戦していますが、実は韓国の方がワールドカップ出場が危うい状況なんですよね。
本当にこのままの順位で終わり、アジアプレーオフが日韓戦になる可能性も十分ありますね。

とにかくイランは強すぎで、ウズベキスタンも予想以上って感じのグループAでした。

 - スポーツ ,