気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【箱根駅伝2018】青山学院大学区間エントリーメンバー!出身高校は?

   

いよいよ2018年1月2日(火)&3日(水)に・・・

”箱根駅伝2018(第94回東京箱根間往復大学駅伝競走)”

が開催されます。

毎年様々なドラマが生まれるお正月の人気駅伝大会ですが、その出場校の一つである・・・

「青山学院大学」

についてご紹介!

通称「青学(あおがく)」。

2015年、2016年、2017年の箱根駅伝の優勝校であり、この2018年は4連覇を狙う王者です!

2016年度は出雲、全日本、箱根全てで優勝し大学駅伝3冠を達成した強豪。

もちろん今大会も優勝候補として大きな注目があつまります。

そこで今回は箱根駅伝2018・青山学院大学の・・・

「エントリーメンバー」

「出身高校」

「区間オーダー」

などをまとめてみました!

“三代目山の神”と呼ばれた神野大地選手(コニカミノルタ)の母校ですね。

Ads by Google

青山学院大学陸上競技部とは?

まずは、青山学院大学陸上競技部についてご紹介。

創部
1918年

陸上競技部部長
内山義英

監督
原 晋

長距離コーチ
安藤弘敏

長距離コーチ
瀧川大地

主将
吉永竜聖

今回が10年連続23回目の出場となり過去3回の優勝を誇ります。

箱根駅伝2015(第91回)、箱根駅伝2016(第92回)、箱根駅伝2017(第93回)の王者であり現在3連覇中。

今回は4連覇がかかる優勝候補。

また、2016年度は、出雲、全日本、箱根全てで優勝し、大学駅伝3冠を達成。

近年は大学駅伝といえばこの青山学院大学という感じで強豪校の印象がありますが、実は強くなったのはつい最近なんです。
昔から強かった訳ではないんですよね。

箱根駅伝に関しては1976年大会を最後に、そこから2009年まで、実に33年間も出場がありませんでした。

そして、2012年の出雲全日本選抜駅伝で優勝し、これが初タイトル。
ここから徐々に強豪校となっていきます。

その後、2015年箱根駅伝優勝あたりから圧倒的な強さを見せ始め、2015年出雲駅伝でも優勝、2015年全日本大学駅伝では準優勝。

2016年箱根駅伝優勝、2016年出雲駅伝で優勝、2016年全日本大学駅伝で優勝、2017年箱根駅伝でも優勝とここ2年ほどは無双状態。

やはり2004年に原晋監督が就任してからどんどん力をつけてきた印象がありますね。

ただし、2017年度は出雲が2位、全日本が3位といずれも優勝を逃しているので、この箱根こそは優勝を期待したいところ。

エントリーメンバー&出身高校

それでは、青山学院大学の箱根駅伝2018におけるエントリーメンバーと出身高校を確認してみましょう。

5000m/10000m/ハーフのベストタイムと一緒にご紹介!

※走る順番ではなく登録メンバーです。

田村和希(4年)
出身高校:西京
5000m:13分43秒22
10000m:28分18秒31
ハーフ:1時間01分56秒

下田裕太(4年)
出身高校:加藤学園
5000m:13分53秒45
10000m:28分33秒77
ハーフ:1時間02分22秒

橋詰大慧(3年)
出身高校:和歌山北
5000m:13分49秒47
10000m:28分56秒06
ハーフ:1時間02分46秒

鈴木塁人(2年)
出身高校:流経大柏
5000m:13分53秒20
10000m:28分31秒66
ハーフ:1時間02分55秒

森田歩希(3年)
出身高校:竜ヶ崎一
5000m:13分58秒18
10000m:28分44秒62
ハーフ:1時間03分01秒

梶谷瑠哉(3年)
出身高校:白鷗大足利
5000m:13分55秒69
10000m:28分52秒94
ハーフ:1時間03分48秒

小野田勇次(3年)
出身高校:豊川
5000m:13分46秒93
10000m:29分59秒31
ハーフ:1時間03分42秒

吉永竜聖(4年)
出身高校:鹿児島城西
5000m:13分49秒83
10000m:29分10秒65
ハーフ:1時間03分36秒

神林勇太(1年)
出身高校:九州学院
5000m:13分59秒14
10000m:-
ハーフ:1時間04分35秒

橋間貴弥(3年)
出身高校:山形南
5000m:14分09秒52
10000m:29分08秒85
ハーフ:1時間04分38秒

林奎介(3年)
出身高校:柏日体
5000m:14分18秒24
10000m:29分05秒97
ハーフ:1時間03分28秒

吉田祐也(2年)
出身高校:東農大三
5000m:14分13秒78
10000m:29分17秒48
ハーフ:1時間03分55秒

山田滉介(3年)
出身高校:日体荏原
5000m:14分14秒42
10000m:29分21秒74
ハーフ:1時間03分46秒

竹石尚人(2年)
出身高校:鶴崎工業
5000m:14分05秒40
10000m:-
ハーフ:1時間04分59秒

近藤修一郎(4年)
出身高校:九州学院
5000m:14分11秒64
10000m:29分42秒94
ハーフ:1時間04分06秒

中根滉稀(2年)
出身高校:流経大柏
5000m:14分14秒10
10000m:-
ハーフ:1時間06分00秒

注目選手は・・・

田村和希(4年)
下田裕太(4年)

この2枚看板!

区間オーダー

最後に、箱根駅伝2018での青山学院大学の区間オーダーを確認してみましょう。
つまり、走る順番です。

※事前発表の区間オーダー。
※変更の可能性あり。

往路
1区:鈴木塁人 2年
2区:森田歩希 3年
3区:田村和希 4年
4区:橋詰大慧 3年
5区:竹石尚人 2年

復路
6区:小野田勇次 3年
7区:神林勇太 1年
8区:山田滉介 3年
9区:近藤修一郎 4年
10区:吉永竜聖 4年

補欠
下田裕太 4年
梶谷瑠哉 3年
橋間貴弥 3年
林奎介 3年
中根滉稀 2年
吉田祐也 2年

このような区間エントリー(オーダー)が発表されていますが、往路、復路ともにスタートの1時間10分前(午前6時50分)に当日変更が可能なので、変更される可能性もあります。

ただ、変更は区間登録選手と補欠選手の交代だけで区間変更はできません。

まとめ

箱根駅伝2018の出場校である青山学院大学のエントリーメンバーや出身高校などをご紹介させて頂きました。

現在3連覇中の絶対的王者!
今大会は4連覇を狙う優勝候補の筆頭です。

ただし、今季は出雲、全日本ともに優勝を逃しているので、この得意の箱根での雪辱を期待したいところ。

ぜひご注目下さい。

※大会詳細と視聴方法はこちら!
【箱根駅伝2018】テレビ放送・中継時間!コースと交通規制、優勝予想は?

 - スポーツ ,