気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【春の高校バレー2022】男子出場校一覧と優勝候補!注目選手は?予想は?

      2021/12/23

いよいよ高校バレーボールの全国大会である・・・

”春の高校バレー2022(第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会)”

の開幕が迫ってきました!

通称「春高バレー」と呼ばれる人気の大会ですよね。
高校バレー最高峰の舞台です。

今回はこの春の高校バレー2022・男子の・・・

「出場校一覧」

「優勝候補」

「注目選手」

などをまとめてみました。

Ads by Google

大会スケジュール

まずは簡単に、ざっくりとした大会スケジュールから確認してみましょう。

1月5日(水)
男女1回戦(5面・40試合)
※開会式は行いません。

1月6日(木)
男女2回戦(5面・32試合)

1月7日(金)
男女3回戦、準々決勝戦(4面・24試合)

1月8日(土)
男女準決勝戦(特設1面・4試合)

1月9日(日)
男女決勝戦・閉会式(特設1面・2試合)

男子出場校一覧

それでは、春の高校バレー2022に出場する男子の全52校を確認してみましょう。

基本的に各都道府県から1校ずつ。
ただし、東京は3校(開催地枠を含む)、北海道・神奈川・大阪は各2校が出場。

※左から地区、高校名、出場回数

北海道①: 東海大札幌 3年ぶり47回目
北海道②: 札幌藻岩 3年ぶり4回目
青森: 弘前工 2年連続42回目
岩手: 一関修紅 3年ぶり13回目
秋田: 雄物川 27年連続27回目
山形: 山形中央 3年ぶり19回目
宮城: 仙台商 2年連続8回目
福島: 郡山北工 5年ぶり10回目
茨城: 霞ケ浦 5年ぶり13回目
栃木: 足利大付 3年連続41回目
群馬: 明和県央 6年ぶり2回目
埼玉: 埼玉栄 2年ぶり10回目
東京①: 駿台学園 12年連続14回目
東京②: 東亜学園 17年連続38回目
東京③: 東海大菅生 24年ぶり3回目
千葉: 習志野 15年連続38回目
神奈川①: 川崎橘 2年ぶり19回目
神奈川②: 東海大相模 2年連続5回目
山梨: 日本航空 20年連続20回目
長野: 岡谷工 15年ぶり29回目
新潟: 東京学館新潟 2年連続14回目
富山: 高岡第一 2年ぶり20回目
石川: 石川県工 2年連続30回目
福井: 福井工大福井 4年連続45回目
静岡: 清水桜が丘 2年ぶり2回目
愛知: 星城 2年連続16回目
岐阜: 県岐阜商 11年連続18回目
三重: 松坂工 7年連続39回目
滋賀: 近江 19年連続37回目
和歌山: 開智 27年連続27回目
奈良: 天理 4年連続9回目
京都: 東山 3年連続14回目
大阪①: 清風 7年連続29回目
大阪②: 大産大付 初出場
兵庫: 市尼崎 23年連続34回目
岡山: 玉野光南 2年連続14回目
広島: 崇徳 8年連続48回目
鳥取: 鳥取中央育英 5年連続5回目
島根: 松江工 7年ぶり20回目
山口: 高川学園 7年連続10回目
香川: 高松工芸 2年連続23回目
徳島: 城東 2年連続7回目
愛媛: 松山工 2年連続27回目
高知: 高知 6年連続21回目
福岡: 東福岡 11年連続13回目
佐賀: 佐賀学園 4年連続7回目
長崎: 鎮西学院 15年ぶり2回目
熊本: 鎮西 13年連続34回目
大分: 大分工 6年ぶり30回目
宮崎: 日南振徳 初出場
鹿児島: 川内商工 4年ぶり2回目
沖縄: 美里工 2年連続13回目

初出場は・・・

大産大付(大阪②)
日南振徳(宮崎)

この2校となります。

男子・優勝候補

優勝候補となる、注目の高校をいくつかご紹介。

<東福岡(福岡)>

連覇を狙う前回大会の王者。
春高バレー2015&2016年大会では連覇をしている超名門。
インターハイ2021でもベスト4と今年も強いです。

<鎮西(熊本)>

インターハイ2021の王者。
全国屈指のバレー部名門校として有名。
春高バレー2018では優勝しています。

<駿台学園(東京)>

インターハイ2021の準優勝校。
前回大会の準優勝校であり2年連続準優勝中!
全国屈指のバレー部名門校として有名ですよね。
春高バレー2017では優勝しています。

<清風(大阪)>

前回大会はベスト4。
全国屈指のバレー部名門校として有名ですよね。
インターハイ2021でもベスト4と今年も強い。

<東山(京都)>

春高バレー2020年大会の王者!
ここも安定して強いです。

男子・注目選手

それでは注目選手をご紹介!

<川野史童(東福岡)>

2年生エース。
身長199cmと高さがあり、高さを生かしたスパイクだけでなく、器用さも持ち合わせた選手。

<渡邊秀真(駿台学園)>

そこまで高さはありませんが、抜群の得点力を誇る攻撃の中心選手。
非常に技術があります。

<牧 大晃(高松工芸)>

身長210cmと非常に高さのある選手。
しかしながら非常に柔らかいプレーをする器用さもあります。
もちろんパワーやブロックも脅威。

<山元快太(仙台商)>

2年生の時から春高バレーで活躍していた逸材。
高さのあるスパイクは必見。

<畑 虎太郎(福井工大附福井)>

エースでキャプテン。
高い打点から広角に放つスパイクが武器。

<前田凌吾(清風)>

正確なトスが魅力のセッター。
サーブも非常に強力。

<高橋慶帆(習志野)>

高さのあるブロック&スパイクが武器。
めちゃくちゃイケメンです。
超かっこいい・・・

日程・組み合わせ

男子の詳しい日程と組み合わせについては下記を参考にして下さい。

テレビ放送・ネット中継予定

大会の視聴方法については下記を参考にして下さい。

まとめ

春の高校バレー2022(第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会)の男子出場校、優勝候補、注目選手をご紹介させて頂きました。

優勝候補は清風(大阪)、駿台学園(東京)、東福岡(福岡)、鎮西(熊本)、東山(京都)あたりとなります。

混戦が予想されます。
優勝候補以外のチームが頂点に立つ可能性も・・・!

とにかく予想が難しいので非常に楽しみですね。

 - スポーツ