気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【高校サッカー選手権2018-19】出場校一覧と優勝候補・予想は?いつ開幕?

      2018/12/31

今年もこの季節がやって来ました・・・!

”高校サッカー選手権2018-19
(第97回全国高等学校サッカー選手権大会)”

「冬の国立」「冬の高校サッカー」などと呼ばれる、男子高校サッカー最高峰の大会となります。

毎年、年末から年始にかけて行われ、様々なドラマを生みますし、日本代表の本田圭佑選手(星稜高校)や岡崎慎司選手(滝川第二高校)、大迫勇也選手(鹿児島城西高校)、乾貴士(野洲高校)などもこの大会出身で、未来の日本代表を背負う選手たちの活躍の場となっています。

そこで今回は、この高校サッカー選手権2018-19の・・・

「出場校一覧」

「優勝候補・注目校」

「いつ開幕するのか?」

などをまとめてみました。

Ads by Google

開催期間は?いつ開幕?

まずは大会の開催期間から確認してみましょう。

”2018年12月30日(日)~2019年1月14日(月・祝)”

このように年末年始に開催されます!

2018年12月30日(日)に開会式・開幕戦を行い、2019年1月14日(月・祝)に決勝戦を行います。

全出場校一覧

それでは、出場する全48校をご紹介。
各都道府県の地区大会を勝ち抜いた高校です。

【北海道】

北海道:旭川実(3年連続7回目)

【東北】

青森:青森山田(22年連続24回目)
岩手:遠野(6年連続28回目)
宮城:仙台育英(2年連続33回目)
秋田:秋田商(4年連続44回目)
山形:羽黒(2年連続7回目)
福島:尚志(5年連続10回目)

 

【関東】

茨城:明秀日立(2年連続3回目)
栃木:矢板中央(2年連続9回目)
群馬:前橋育英(5年連続22回目)
埼玉:浦和南(17年ぶり12回目)
千葉:流通経済大柏(2年連続6回目)
東京A:国士舘(15年ぶり4回目)
東京B:駒澤大(2年ぶり4回目)
神奈川:桐光学園(2年ぶり11回目)
山梨:日本航空(6年ぶり2回目)

 

【北信越】

新潟:帝京長岡(2年ぶり6回目)
長野:都市大塩尻(3年ぶり5回目)
富山:富山一(4年連続29回目)
石川:星稜(2年連続28回目)
福井:丸岡(3年ぶり29回目)

【東海】

静岡:浜松開誠館(初出場)
愛知:東邦(2年ぶり6回目)
岐阜:岐阜工(4年ぶり26回目)
三重:四日市中央工(3年ぶり33回目)

 

【近畿】

滋賀:草津東(2年連続10回目)
京都:東山(22年ぶり3回目)
大阪:大阪学院大(初出場)
兵庫:関西学院(50年ぶり10回目)
奈良:一条(3年連続9回目)
和歌山:和歌山北(2年ぶり11回目)

 

【中国】

鳥取:米子北(9年連続14回目)
島根:立正大淞南(3年連続17回目)
岡山:岡山学芸館(2年ぶり2回目)
広島:瀬戸内(初出場)
山口:西京(5年ぶり3回目)

【四国】

香川:四国学院大香川西(4年ぶり11回目)
徳島:徳島市立(2年ぶり16回目)
愛媛:宇和島東(8年ぶり5回目)
高知:高知西(2年連続2回目)

 

【九州・沖縄】

福岡:東福岡(6年連続20回目)
佐賀:龍谷(初出場)
長崎:長崎総合科学大附(3年連続6回目)
熊本:大津(3年ぶり17回目)
大分:大分(2年ぶり10回目)
宮崎:日章学園(2年連続14回目)
鹿児島:神村学園(2年連続6回目)
沖縄:那覇西(2年ぶり16回目)

初出場校は?

今回、初めて選手権への出場権を獲得したのは・・・

・浜松開誠館(静岡)
・大阪学院大(大阪)
・瀬戸内(広島)
・龍谷(佐賀)

の4チームとなっています。

去年の7チームに比べ、今年は4チームが初出場!

優勝候補・注目校は?

高校サッカー選手権2018-19の優勝候補・注目校をいくつかご紹介。

<前橋育英(群馬)>

去年のこの大会の優勝校!
大会連覇を狙います。

秋山裕紀(アルビレックス新潟)、榎本樹(松本山雅FC)とプロ入り内定者(Jリーグ)を二人も抱えています。

<青森山田高校(青森)>

一昨年の王者にして、22年連続出場の常連校。
今年もタレント揃いでやはり優勝候補となりそうです。

三國ケネディエブス(アビスパ福岡)、檀崎竜孔(北海道コンサドーレ札幌)とプロ入り内定者(Jリーグ)を二人も抱えています。

<流通経済大柏高校(千葉)>

去年の準優勝校。

元々全国屈指の強豪として有名でしたが、今年もかなり強いと予想されます。

特に守備がかなり堅いと予想されていますね。

関川郁万(鹿島アントラーズ)という、プロ入り内定者(Jリーグ)を抱えています。

<東福岡高校(福岡)>

第94回大会(2015-16年)の王者にして過去3回の優勝を誇る名門。

もちろん今年も強いです。

中村拓海(FC東京)という、プロ入り内定者(Jリーグ)を抱えています。

<矢板中央(栃木)>

プリンスリーグ関東の優勝チーム。

非常に堅い守備を誇っているのが強みです。

<桐光学園(神奈川)>

2018年インターハイ準優勝チーム!

堅い守備が武器で、センターバックに要注目です。

攻撃は2年生エース西川潤くんの活躍に注目!

<大津(熊本)>

タレント揃いの優勝候補!

福島隼斗(湘南ベルマーレ)という、プロ入り内定者(Jリーグ)を抱えています。

他にもU-18日本代表メンバーがいたりと、好選手揃い!

<大阪学院大(大阪)>

覚えている方も多いでしょうが、2年前の全国高校サッカー選手権大阪大会開会式を欠席し、棄権扱いとなってしまったあの高校です。

その時は高校側の不手際で開会式の日程を勘違いしており、そのまま大会を棄権扱いとされてしまったんですよね・・・
生徒たちに非はないため、これが大きな問題となりました。

本当に気の毒でしたが、今回は満を持して初出場!
ぜひ頑張って欲しいチームのひとつです。

優勝予想は?

あくまで個人的な予想になりますが、

青森山田高校(青森県)
流通経済大柏高校(千葉県)
東福岡高校(福岡県)
前橋育英(群馬県)
矢板中央(栃木)
大津(熊本)

このどれかだと予想します。
(あくまで私の個人的な予想なのでご了承下さい)

もちろん、他の高校にも十分チャンスがありそうですね。

組み合わせと日程は?

組み合わせや日程、チケット情報などは下記を参考にして下さいませ。

テレビ放送・中継予定

大会の視聴方法は下記を参考にして下さいませ。

注目選手・プロ入り内定者は?

今大会に出場する選手の中で、すでに2019年のJリーグ入りが内定している選手は下記にまとめてあります。

まとめ

「高校サッカー選手権2018-19(第97回全国高等学校サッカー選手権大会)」の全出場校一覧と、優勝候補・注目校などをご紹介させて頂きました。

どこが優勝するのか予想が難しいですね。

優勝候補以外の高校にも注目ですし、サッカーは番狂わせが起こりやすいので、果たしてどうなるのか・・・!

2018年12月30日(日)より開幕しますのでお楽しみに!

 - スポーツ