気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

広島カープ25年ぶりの優勝!歴代順位は?過去の優勝&日本一の回数は?

   

2016年度のプロ野球で広島東洋カープが、25年ぶりのセリーグ優勝目前となっています。

今年は投打ともに圧倒的な強さを誇り、強すぎると言ってもいいくらいの快進撃を見せてきました。

2016年9月8日現在、優勝マジックは2で、首位の広島カープが勝って、2位の読売ジャイアンツが負ければ、優勝が決まるという状況。
ほぼ優勝は確実です。もう決定でしょう。

セリーグで一番優勝から遠ざかっていた広島カープですが、

「歴代の順位」

「過去のセリーグ優勝回数」

「日本一の回数」

などの歴史をまとめてみました。

Ads by Google

広島(東洋)カープの歴代順位

広島カープ時代と、球団名が広島東洋カープとなってからの歴代の順位と監督をまとめてみました。

また、勝敗数と勝率も一緒にご覧下さい。

※左から年度、監督名、順位、試合数、勝利数、敗北数、引き分け数、勝率

広島カープ時代

1950 石本秀一 8位 138 41 96 1 .299
1951 石本秀一 7位 99 32 64 3 .333
1952 石本秀一 6位 120 37 80 3 .316
1953 石本・白石 4位 130 53 75 2 .414

1954 白石勝巳 4位 130 56 69 5 .448
1955 白石勝巳 4位 130 58 70 2 .453
1956 白石勝巳 5位 130 45 82 3 .358
1957 白石勝巳 5位 130 54 75 1 .419
1958 白石勝巳 5位 130 54 68 8 .446
1959 白石勝巳 5位 130 59 64 7 .481
1960 白石勝巳 4位 130 62 61 7 .504

1961 門前真佐人 5位 130 58 67 5 .465
1962 門前真佐人 5位 134 56 74 4 .431

1963 白石勝巳 6位 140 58 80 2 .420
1964 白石勝巳 4位 140 64 73 3 .467
1965 白石・長谷川 5位 140 59 77 4 .434

1966 長谷川良平 4位 136 57 73 6 .438
1967 長谷川良平 6位 138 47 83 8 .362

広島東洋カープ時代

1968 根本陸夫 3位 134 68 62 4 .523
1969 根本陸夫 6位 130 56 70 4 .444
1970 根本陸夫 4位 130 62 60 8 .508
1971 根本陸夫 4位 130 63 61 6 .508
1972 根本陸夫 6位 130 49 75 6 .395

1973 別当薫 6位 130 60 67 3 .472

1974 森永勝也 6位 130 54 72 4 .429

1975 ルーツ・古葉 1位 130 72 47 11 .605

1976 古葉竹識 3位 130 61 58 11 .513
1977 古葉竹識 5位 130 51 67 12 .432
1978 古葉竹識 3位 130 62 50 18 .554
1979 古葉竹識 1位 130 67 50 13 .573
1980 古葉竹識 1位 130 73 44 13 .624
1981 古葉竹識 2位 130 67 54 9 .554
1982 古葉竹識 4位 130 59 58 13 .504
1983 古葉竹識 2位 130 65 55 10 .542
1984 古葉竹識 1位 130 75 45 10 .625
1985 古葉竹識 2位 130 68 57 5 .544

1986 阿南準郎 1位 130 73 46 11 .613
1987 阿南準郎 3位 130 65 55 10 .542
1988 阿南準郎 3位 130 65 62 3 .512

1989 山本浩二 2位 130 73 51 6 .589
1990 山本浩二 2位 132 66 64 2 .508
1991 山本浩二 1位 132 74 56 2 .569
1992 山本浩二 4位 130 66 64 0 .508
1993 山本浩二 6位 131 53 77 1 .408

1994 三村敏之 3位 130 66 64 0 .508
1995 三村敏之 2位 131 74 56 1 .569
1996 三村敏之 3位 130 71 59 0 .546
1997 三村敏之 3位 135 66 69 0 .489
1998 三村敏之 5位 135 60 75 0 .444

1999 達川晃豊 5位 135 57 78 0 .422
2000 達川晃豊 5位 136 65 70 1 .481

2001 山本浩二 4位 140 68 65 7 .511
2002 山本浩二 5位 140 64 72 4 .471
2003 山本浩二 5位 140 67 71 2 .486
2004 山本浩二 5位 138 60 77 1 .438
2005 山本浩二 6位 146 58 84 4 .408

2006 M.ブラウン 5位 146 62 79 5 .440
2007 M.ブラウン 5位 144 60 82 2 .423
2008 M.ブラウン 4位 144 69 70 5 .496
2009 M.ブラウン 5位 144 65 75 4 .464

2010 野村謙二郎 5位 144 58 84 2 .408
2011 野村謙二郎 5位 144 60 76 8 .441
2012 野村謙二郎 4位 144 61 71 12 .462
2013 野村謙二郎 3位 144 69 72 3 .489
2014 野村謙二郎 3位 144 74 68 2 .521

2015 緒方孝市 4位 143 69 71 3 .493
2016 緒方孝市 1位 129 80 47 2 .630
(9月7日時点)

最後に優勝したのが1991年、ミスター赤ヘル山本浩二さんが監督をしていた時代で、それが25年前です。

今年は、球団の歴代最高勝利数をマークして、球団初の80勝到達。
さらに球団史上最高勝率をマークしそうな勢いです。

まさに広島カープの歴史上、最強レベルのチームかもしれません。
ただ、他のセリーグ球団が今年は弱すぎるというのもあるかもしれませんが・・・

球団は長い低迷期から始まり、黄金期を迎え、また長い低迷期を迎えていました。
そして再び黄金期を迎えそうな雰囲気ですね。
若い素晴らしい選手が育ちまくっていて、今後も強いカープが続きそうな予感がします。

それにしても古葉竹識監督は神ですね。

優勝回数は?日本一の回数は?

上記を見てもらえば分かりますが、

セリーグ優勝回数は6回
(1975年、1979年、1980年、1984年、1986年、1991年)

となっております。

このまま2016年優勝しますと7回目の優勝となります。

過去の順位をまとめると、

1位
6回

2位
6回

3位
10回

4位
14回

5位
19回

6位
9回

7位
1回

8位
1回

日本一の回数は?

そして、日本シリーズを制しての、

日本一の回数は3回
(1979年、1980年、1984年)

1979年
対近鉄:4勝3敗/日本一

1980年
対近鉄:4勝3敗/日本一

1984年
対阪急:4勝3敗/日本一

日本一になった日シリは、全て7戦目まで突入する大激戦ですね・・・

まとめ

という事で今回は、25年ぶりの優勝が確実な広島東洋カープの歴代の順位や優勝回数、日本一の回数をご紹介させて頂きました。

25年前の優勝は、山本浩二さんが監督を務めていた1991年。

過去のリーグ優勝回数は6回、日本一は3回。

今回でどうやら7回目のセリーグ優勝となりそうですね。

また、長い低迷期を経験して、再び黄金期となりそうな予感がします。

(ちょっと早いですが)とにかく広島カープファンの皆さま、本当におめでとうございます!

 - スポーツ ,