気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【2016夏の高校野球】いなべ総合vs鶴岡東のスタメンと試合結果は?両校野球部のデータ!

   

2016年8月7日に開幕しました「第98回全国高校野球選手権大会」、
つまり夏の甲子園。

大会はすでに2日目に突入しています。

今回は2日目の第一試合
いなべ総合(三重)VS鶴岡東(山形)の試合にスポットを当ててみましょう。

「両校野球部の情報」

「両校のスタメン」

「試合経過&結果」

を分かりやすくまとめてみました。

Ads by Google

両校野球部のデータ

鶴岡東高校野球部のデータ

都道府県
山形代表

創部
1968年

監督
佐藤俊(44)

部員数
91人

甲子園出場歴
春:1回
夏:5回(今回が2年連続5度目)

地方大会の戦績
2回戦 9-0 新庄神室産
3回戦 9-0 鶴岡高専
準々決勝 9-2 酒田東
準決勝 16-5 酒田南
決勝 10-8 山形中央

いなべ総合高校野球部のデータ

都道府県
三重県代表

創部
1954年

監督
尾崎英也(57)

部員数
71人

甲子園出場歴
春:1回
夏:2回(今回が6年ぶり)

地方大会の戦績
2回戦 10-0 紀南
3回戦 8-0 稲生
準々決勝 8-3 伊勢工
準決勝 1-0 海星
決勝 10-4 津田学園

両校のスタメン

それでは、試合開始時の両校野球部のスターティングメンバーを確認してみましょう。

鶴岡東

スタメン
※左から、打順、守備位置、名前、背番号、学年

1 中 工藤大輔 17 3年
2 二 太居建人 4 3年
3 右 丸山大 9 3年
4 一 佐藤要 3 3年
5 左 奈須翼 7 3年
6 三 伊賀松飛翔 5 2年
7 捕 岸大輔 2 3年
8 投 小林一輝 18 2年
9 遊 萩原誉人 6 3年

ベンチ入りメンバー
※左から、名前、背番号、学年

太田海都 1 3年
阿部泰知 8 3年
須藤佑輝 10 3年
吉住晴斗 11 2年
川上裕太郎 12 3年
本間汰一 13 3年
矢口大成 14 3年
橋本彪雅 15 2年
松本侑斗 16 3年

いなべ総合

スタメン
※左から、打順、守備位置、名前、背番号、学年

1 中 奥村拓希 8 3年
2 右 宮崎悠斗 9 3年
3 二 神田将嗣 4 3年
4 左 藤井亮磨 7 3年
5 捕 渡辺雄太 2 3年
6 遊 守田良真 6 3年
7 投 赤木聡介 16 2年
8 一 深瀬凌太郎 3 3年
9 三 藤田涼雅 5 2年

ベンチ入りメンバー
※左から、名前、背番号、学年

山内 智貴 1 3年
上中 裕太 10 3年
水谷 優 11 3年
滝本 寛太 12 3年
法田 俊都 13 2年
石川 航也 14 2年
伊藤 竜之介 15 3年
水谷 駿佑 17 3年
渡辺 啓五 18 2年

試合経過と結果

上記のスタメンでプレイボール。

試合経過
初回、両投手の立ち上がりですが、ともに大ピンチを迎えるも、
なんとか無失点に抑えちょっと危ない立ち上がりですた。

2回の表、鶴岡東は1アウト3塁から岸くんがレフトへタイムリー2ベース。
先制に成功します。
さらに太居くんもライトへのタイムリーヒットで追加点。
(鶴岡東2-0いなべ総合)

3回の裏、いなべ総合が反撃。
連打で0アウト1、2塁とチャンスを作ると、
神田くんが内野安打。
これを鶴岡東のショート萩原くんが悪送球でサードランナーが返り痛恨のエラー。
続くチャンスで、いなべ総合はセーフティースクイズを仕掛けますが失敗。
結局1点止まりとなります。
(鶴岡東2-1いなべ総合)

5回の裏、いなべ総合の攻撃。
0アウト2塁から神田くんがライトへ同点タイムリーを放ちます。
さらに、チャンスは拡大して1アウト1、3塁から守田くんが深いセカンドフライを放つと、
サードランナーがなんとタッチアップ!これが犠牲フライとなり勝ち越しに成功。
これは見事な好走塁でした。
(鶴岡東2-3いなべ総合)

7回の裏、またもいなべ総合の攻撃。
先頭の宮崎くんがライトスタンドのポール際にソロホームランで追加点。
さらに連打で1アウト1、3塁とチャンスを作ると、守田くんがセーフティースクイズを決めます。
(鶴岡東2-5いなべ総合)

9回の表、なんとか追いつきたい鶴岡東の最後の攻撃。
なんと3つの四死球で1アウト満塁のチャンス!
ここで丸山くんがフルカウントからボールを見極め押し出しの四球を選びこれで2点差。
続くワンヒットで同点、長打で逆転の場面で佐藤くんが6-4-3と痛恨のダブルプレーで試合終了。
(鶴岡東3-5いなべ総合)

いなべ総合が甲子園で初勝利を挙げました!

最後の最後までハラハラドキドキの展開で、
とても面白い試合でしたね!

鶴岡東の最後の粘りの攻撃も素晴らしかったです。
最後4番キャプテンの佐藤要くんが満塁ゲッツーを打ってしまいましたが、
プレッシャーがあったのでしょうか?
勝つために打ちに行った結果なので仕方ないです。
悔しいでしょうがあまり気にしないで欲しいですね。
主将で4番だと負担も大きいでしょうし・・・

試合結果
鶴岡東3-5いなべ総合

とにかく両校の選手、監督、関係者の皆さま本当にお疲れ様でした。

まとめ

という事で、山形県代表の鶴岡東と三重県代表のいなべ総合の試合は、

「鶴岡東3-5いなべ総合」

という結果になりいなべ総合が甲子園初勝利を挙げました。

最後までどちらに転ぶか分からないハラハラするとても良い試合でしたね。
やはり高校野球は面白い!

 - スポーツ