気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

リオ五輪女子バレー!因縁の韓国戦敗北で黒星スタート!敗因は?サーブミス多すぎ・・・

   

いよいよ開幕したリオデジャネイロオリンピック2016!

すでに競技がぞくぞくとスタートしていて、
沢山の日本人選手たちが奮闘中。

そんな中、メダル獲得が狙える女子バレーボールのグループリーグ初戦

「日本対韓国」

の試合が行われました。

韓国と日本はスポーツにおいて、数々の因縁があったりライバル関係な事が多いですよね。
女子バレーも前回、2012年のロンドン五輪では、
韓国との銅メダルをかけた試合で勝利してのメダル獲得でした。

また、5月に行われたリオ五輪世界最終予選では、
韓国に敗れており、実力の拮抗した因縁の相手ですね。

先に試合結果を言っちゃうと、
リオ五輪初戦の韓国との試合は負けちゃいました・・・

という事で今回は、

「試合経過と結果」

「敗因」

などをまとめてみました。

Ads by Google

日本代表メンバーと世界ランキング

まず、日本代表メンバーはこちら。

※左から、背番号、名前

1 長岡望悠
2 宮下遥
3 木村沙織
5 佐藤あり紗
6 鍋谷友理枝
7 山口舞
9 島村春世
11 荒木絵里香
12 石井優希
16 迫田さおり
18 座安琴希
20 田代佳奈美

日本代表・火の鳥NIPPONの世界ランキング(FIVBランキング)は、
5位となっています。

韓国代表のメンバーと世界ランキング

※左から、背番号、名前

3 李暁熙
4 金姫真
5 金海蘭
6 黄連珠
7 李在英
8 南智軟
10 金軟景
11 金・スジ
13 朴正我
14 梁孝真
16 裵・ユナ
17 廉恵善

韓国代表の世界ランキング(FIVBランキング)は、
9位となっています。

試合経過&結果

それでは、グループリーグの大事な初戦
「日本VS韓国」の試合経過を振り返ってみましょう。

試合開始は、現地時間朝の9時半開始と早朝からの試合で、
コンディション調整が難しいところ・・・

第一セット
試合開始から日本のペース。
島村春世選手が良かったですね。
彼女の活躍で試合の主導権を握ると、一度も相手にリードを許さず、
第一セットを25-19で日本が先取。
最高の出だしとなります。
(日本1-0韓国)

第二セット
このまま流れに乗りたい日本でしたが、
徐々にサーブミスを始めとした細かいミスが目立ち始めます。
どんどん突き放され、15-25と圧倒されてしまい第二セットを落としてしまいました。
(日本1-1韓国)

第三セット
長岡望悠選手の活躍でなんとか競り合いますが、
相手のエースであるキム・ヨンギョンを止められません。
さらに、サーブミスが多すぎる!
徐々に点差は広がり17-25で連続でセットを落としてしまい逆転されました。
(日本1-2韓国)

第四セット
追い込まれて後が無くなった日本。
何としてもこのセットを取りたいところでしたが、
やはりエースのキム・ヨンギョンが強すぎる・・・もう止められませんね・・・
おまけにこちらの攻撃はことごとく相手のブロックに阻まれて、
このセットだけでも7本ほどブロックで失点してました。
サーブで崩されレシーブが乱されてしっかりと打ちきれないのと相手の高さにやられてしまいましたね。
結局、21-25でこのセットも落とし敗戦。
(日本1-3韓国)

試合結果
日本1-3韓国

大事な初戦を落としてしまいました。
これは痛いですが、まだ始まったばかりですし、残り試合しっかりと勝てば、
決勝トーナメント進出も十分可能です。
しかし、このままでは駄目でしょうね・・・

敗因は?

さて、一体なぜ負けてしまったのか。

まずはやはりサーブミスの多さですよね。
この自ら流れを手放すミスはいけません。

そして、木村沙織選手の調子が悪かった・・・
スパイク決定率は15・15%らしく、絶不調です。

チーム最多得点19点を挙げた長岡望悠選手は良かったのですが、
木村選手がちょっと心配かな?と見ていて思いました。
キャプテンでありエースでもある彼女が、大事なオリンピック本番にこれでは流れに乗れませんね。
頑張って欲しいです!

そして、最大の敗因は、相手エースのキム・ヨンギョンにやりたい放題された事ですかね。
いや~彼女は強かったですね。
もはや止める術が無かったように思いました。お手上げでしたね。
30得点を挙げて、スパイク決定率は56.25%らしいです・・・ひええ~。
敵ながら良い選手でした。

決勝トーナメントに進出すればまた韓国と当たる可能性があるので、
今後の対策が必要な要注意選手ですね。

まとめ

という事でリオ五輪女子バレーの初戦である韓国戦は、

日本25 – 19韓国
日本15 – 25韓国
日本17 – 25韓国
日本21 – 25韓国

となりまして、

セットカウント
日本1-3韓国

となりました。

サーブミスを始めとしたミスも多いですし、
純粋に実力不足でしょうか。

相手エースのキム・ヨンギョンに成す術なしでした。

痛い敗戦ではありますが、
今日の試合を見た感じ順当な負けかな・・・

ただ、しっかりと立て直してもらい次戦からの奮闘に期待しましょう!

次は、日本時間8/8(月)23:35から、
「日本VSカメルーン」の試合です。

頑張れ!ニッポン!
そして頑張れ!木村沙織選手!

 - スポーツ ,