気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【リオ五輪サッカー】日本対ナイジェリアのスタメンと試合結果!敗因は?痛すぎる負け・・・

   

日本時間2016年8月5日午前(現地時間4日)、
リオデジャネイロオリンピック男子サッカー「日本対ナイジェリア」が行われました。

サッカーは日程を考慮して開会式より先に試合が行われます。
もちろん男子サッカー・手倉森ジャパンは、日本選手団の初陣を切ったわけです。

ナイジェリア代表は、現地入りが遅れるトラブルに見舞われ、
コンディションに不安があったはずなのですが・・・

結果を先にお伝えすると
「日本4-5ナイジェリア」
と負けです。

という事で今回は、

「日本&ナイジェリアのスタメン」

「試合経過&結果」

「ナイジェリア代表に起こったトラブルとは?」

敗因は?

などをまとめてみました。

Ads by Google

ナイジェリア代表に起こった現地入りが遅れるトラブルとは?

まず、この試合前にナイジェリア代表が、試合の会場のあるブラジル・マナウス入りするのが、大幅に遅れるトラブルが発生しました。

本来なら数日前から現地入りして、体を慣らし試合に備えるのですが、
ナイジェリア代表は、合宿地の米アトランタから移動する予定が財政難などの理由で4度もそれが延期となりました。
もしかしたら日本との試合に間に合わないのでは?と日本の不戦勝もあり得そうな状況でした。

そして結局、現地入りしたのは、試合開始のわずか6時間半前・・・
到着したら休む暇なく、すぐに試合が始まるというタフな展開に。

集中力やコンディションに影響が出るのではと心配され、
これは日本にとっては、追い風になるのではと予想されました。

日本代表のスタメン

それでは、まず日本代表のスターティングメンバーから確認してみましょう。

GK
櫛引政敏(鹿島アントラーズ)

DF
室屋 成(FC東京)
塩谷 司(サンフレッチェ広島)
植田直通(鹿島アントラーズ)
藤春廣輝(ガンバ大阪)

MF
遠藤 航(浦和レッズ)
原川 力(川崎フロンターレ)
大島僚太(川崎フロンターレ)

FW
南野拓実(レッドブル・ザルツブルク)
興梠慎三(浦和レッズ)
中島翔哉(FC東京)

監督
手倉森 誠

オーバーエイジ枠として招集された、FW興梠慎三、DF藤春廣輝、DF塩谷司の3名がスターティングメンバーに名を連ねました。

フォーメーションは4-3-3です。

ナイジェリア代表のスタメン

GK
エマニュエル・ダニエル

DF
ムンエフ・シンセレ
アブドゥライ・シェフ
ウィリアム・エコング
スタンリー・アムジー

MF
オゲネカロ・エテボ
ジョン・オビ・ミケル
オケチュク・アズブイケ
ウスマン・ムハメド

FW
イモー・エゼキール
サディク・ウマル

監督
サンソン・シアシア

注目戦であるチェルシー(イングランド)に所属するジョン・オビ・ミケルがスタメンに名を連ねました。

試合経過

上記のスターティングメンバーで、
リオ五輪男子サッカー「日本VSナイジェリア」はキックオフ。

試合経過
試合は立ち上がりから大きく動きます。
いや、動きすぎですよ・・・

前半6分、ナイジェリアのエゼキエルはディフェンダーをかわしてシュート。
これは櫛引がセーブしますが、そのこぼれ球にウマルが詰めてゴール!
ナイジェリアが先制。
(日本0-1ナイジェリア)

前半9分、ペナルティーエリア内で南野が倒されてPKを獲得。
これをオーバーエイジ枠の興梠が冷静に決めて同点に追いつきます。
(日本1-1ナイジェリア)

前半10分、ナイジェリアはすぐに勝ち越します。
シェフのクロスからエデボが左足でシュート。
これが決まります。
(日本1-2ナイジェリア)

前半13分、南野がスルーパスからゴール前へ抜け出しキーパーと1対1になると、
冷静に股の間を抜く技ありシュート。
これが決まり同点に追いつきます。
(日本2-2ナイジェリア)

前半42分、ナイジェリアはウマルからエテボへ渡りシュート。
これはクリアしますが、そのクリアが再びエテボの前にこぼれ、ゴールを決められてしまいます。
(日本2-3ナイジェリア)

嫌な時間帯に勝ち越しゴールを決められて、
前半を「日本2-3ナイジェリア」で折り返します。

後半6分、塩谷がペナルティーエリア内でウマルを倒して献上したPKを、
エテボが冷静に決めて、これでエテボはハットトリック達成。
(日本2-4ナイジェリア)

後半8分、原川力に代えて、アーセナルに移籍が決まっている浅野拓磨を投入。
日本はシステムを4-3-3から4-4-2に変更。

後半21分、ゴール前の攻防で櫛引がクリアしたボールが、エテボの元へこぼれます。
それをペナルティーエリアの外から決められ痛恨の失点!
なんとエテボには、この試合4得点目を許してしまいます・・・
(日本2-5ナイジェリア)

後半25分、藤春のクロスから浅野が合わせゴール!
日本代表も喰らいつきます。
(日本3-5ナイジェリア)

後半27分、興梠慎三OUT→鈴木武蔵IN

後半31分、中島翔哉OUT→矢島慎也IN

その後、試合のスコアは動かないまま90分が経過して、
アディショナルタイムは5分。

後半50分、後半途中から投入されている鈴木武蔵がゴール前で相手のマークを振り切り、
左足でシュートを放ちこれが決まります。
(日本4-5ナイジェリア)

1点差に迫りましたが時すでに遅し!
タイムアップとなり試合終了。

日本代表は大事なグループリーグ初戦を落としてしまいます。

しかも、到着が遅れコンディション面に不安のあるナイジェリア相手に・・・
完全な打ち負けですね。

本当に痛い敗戦です!

【試合結果】
日本4-5ナイジェリア

【得点者】
前半6分 サディク・ウマル
前半9分 興梠慎三
前半10分 オグヘネカロ・エテボ
前半12分 南野拓実
前半42分 オグヘネカロ・エテボ
後半6分 オグヘネカロ・エテボ
後半21分 オグヘネカロ・エテボ
後半25分 浅野拓磨
後半50分 鈴木武蔵

敗因は?コンディションに不安があったはずの相手を止められず・・・

いや~、本当に痛い負けになりましたね。

ナイジェリア代表は現地入りが遅れるトラブル発生して、コンディション面に不安があったはずで、
日本が有利かと思っていたのですが・・・

敗因としてはまず守備力ですよね・・・
攻撃面は4得点も決めているのですから、十分でしょう。

ただ、4得点もして勝てないというのは守備力の問題ですね。
5失点ではきついです・・・5失点では話になりません・・・
守備がお粗末だったように見えました。

そして、そうなった大きな原因は、
戦術ではなくフィジカル面、身体能力の差でしょう。
やはり体が強いですね。
スコア以上に圧倒された感、個々の実力差があるように感じました。

それに加えてあれだけミスをしていれば、そりゃあ勝てません。

あとネット上のコメントなどを見ていると、
この敗戦によりオーバーエイジ枠の選手たちが叩かれていますね・・・
仕方ないかもしれませんが。

とにかく、現地到着が遅れるトラブルでコンディション面に不安があり、
疲れているであろうナイジェリアに負けたのは本当に勿体ないというか痛いです。

まとめ

壮絶な打ち合いの末、試合結果は
「日本4-5ナイジェリア」となりました。

リオ五輪初戦は黒星スタート。

疲れているはずの相手に勿体ない試合でしたね。
失点が多すぎました。

ただ、攻撃面はまずまずではないでしょうか?

とにかく守りをしっかりとして、ミスを減らし、
残り2戦2勝を目指して欲しいですね!

なんとかメダル獲得を!

 - スポーツ ,