気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

日本対UAEのスタメンと試合結果!ロシアワールドカップアジア最終予選!

   

さあ、いよいよロシアワールドカップアジア最終予選が2016年9月1日より開幕しました!

ものすごーく大事な初戦。
日本代表・ハリルジャパンの対戦相手は、「UAE代表(アラブ首長国連邦)」です!

UAE代表といえば、2015年のアジアカップでPK戦の末、日本が敗れた因縁の相手。
最初から嫌な相手ですね。

司令塔オマルを中心とした手強いチームです。

という事で今回は、

「日本対UAEのスタメン&フォーメーション」

「試合経過」

「試合結果」

「次の対戦相手と日程」

などを調べてまとめてみました。

果たしてアジアカップのリベンジは成功したのでしょうか!
審判に翻弄された試合となりました・・・

Ads by Google

日本対UAEのスタメン&フォーメーション

それでは両チームのスターティングメンバーを確認してみましょう。

※左から背番号、名前です。

日本代表のスタメン

GK
12 西川周作

DF
6 森重真人
19 酒井宏樹
21 酒井高徳
22 吉田麻也

MF
4 本田圭佑
7 大島僚太
10 香川真司
13 清武弘嗣
17 長谷部誠

FW
9 岡崎慎司

フォーメーションは4-2-3-1です。

大島僚太選手がリオデジャネイロオリンピック出場メンバーで、唯一スタメン起用されましたね。
リオ戦士の司令塔でした。
若い選手は大歓迎ですし世代交代もしていかないといけないので、しっかりと結果を出して欲しいです。

ベンチ入りメンバー
GK
1 林彰洋
23 東口順昭

DF
2 植田直通
3 太田宏介
5 丸山祐市

MF
15 遠藤航
16 山口蛍

FW
8 原口元気
11 宇佐美貴史
14 小林悠
18 浅野拓磨
20 武藤嘉紀

UAE代表のスタメン

GK
12 ハリド エイサ

DF
6 モハナド サレム
14 アブデルアジズ サンクール
19 イスマイル アハメド
23 モハメド ガリブ

MF
5 アメル アブドゥルラフマン
10 オマル アブドゥルラフマン
13 ハミス イスマイール
15 イスマイル アルハンマディ

FW
7 アリ マブフート
11 アハメド ハリル

フォーメーションは、4-4-2です。

やはり要注意人物であるオマルはスタメンに名を連ねましたね。
このチームの天才司令塔です。

ベンチ入りメンバー
GK
1 アリ ハセイフ
22 アハメド アシューリ

DF
3 ワリド アッバス
8 ハムダン アルカマリ
9 アブドゥルアジズ ハイカル
18 モハメド ファウジ

MF
4 ハビブ ファルダン
16 モハメド アルラキ
17 ハリド ジャラル
20 スルタン サイード
21 ハリド バワジル

FW
2 サレム サレハ

試合経過&試合結果

それでは上記のスタメンで、2016年9月1日19:35キックオフ。

試合会場は、埼玉スタジアム2002。

カタールの審判団によって試合が行われます。

前半

立ち上がりは日本がペースを握っていましたね。

しかし、UAEはやはりオマルがボールを持つと危険ですね。
ファーストシュートは、オマル絡みでした。
本当にテクニックのある選手です。

対する日本は前半10分、長谷部が右サイドの酒井宏へパスを送りドリブルで攻めようとするも、相手の激しいタックルを受けてFKを獲得。

キッカーは清武。
右足でファーサイドの本田へ素晴らしいクロス。

これを本田がヘディングで決めて、前半11分日本が先制して、最高の立ち上がりとなりました。
(日本1-0UAE)

やはり本田は代表だと頼もしいですね。
ミランでもこれくらいやれればいいんですが・・・まあ相手のレベルが段違いですが。

その後も日本が押し気味でしたが、ここで酒井宏が相手の挑発に乗り、アツくなってイエローカードを貰います。
こういうのは良くないですね・・・

さらにペナルティーエリア付近で吉田がファールを取られイエローカード。
これはちょっと厳しいような気がしました。
主審の誤審だったように思いますね。

あれでファールを取るだけでもおかしいですし、しかもカードは厳しすぎる。

そしてFKのキッカーはハリル。
これをなんと直接決められてしまい同点に追いつかれてしまいました。
(日本1-1UAE)

いいシュートでしたが、西川が触っていたので止めて欲しかったですね・・・
試合は振りだしに戻ります。

前半26分、本田がヘディングを放ち相手ゴールキーパーの弾いたボールに香川が詰め寄りますが、これを決めきれません。
決定機を逃しました。

ボール支配率は明らかに日本の方が上でしたが、なかなか決めきらない時間帯が続きます。

前半34分、オマルがボールを持つとドリブルでペナルティーエリア手前まで行き、そこからシュート。
これは枠を外しますが、やはりこの選手は危険です。
ボールを持たせてはいけません。

前半40分、ディフェンダー裏へのロングパスに抜け出したマブフートが、ペナルティーエリア右からシュート。
これは西川が防ぎます。
これはかなり危なかったです。

このマブフートは、アジアカップ2015の得点王で、オマルと並ぶ要注意人物。
ちなみに日本がUAEに敗れたアジアカップ準々決勝では、この選手にゴールを奪われているんですよね・・・

前半アディショナルタイムは2分。
結局、1-1の同点のまま前半を折り返します。

前半は、予想以上に苦労した印象でした。
幸先よく先制したのですが、追いつかれてから、何か流れがとても悪いです。

そして、相変わらず決めきれない感じでした。

後半

後半開始時にUAEは、サンクールに代えてアッバスを投入。
日本はまだ交代なし。

後半8分、大島がペナルティーエリア内でアルハンマディに足をかけて倒してしまい、PKを取られてしまいました。

後半9分、このPKをハリルが、西川のタイミングを外してど真ん中に決め、勝ち越しを許してしまいます。
痛恨のミスでしたね・・・ハリルは本日2ゴール目。
(日本1-2UAE)

後半17分、清武に代えて宇佐美を投入。

後半21分、岡崎に代えて浅野を投入。

ここから日本は怒涛の攻撃を見せて、相手ゴールに迫ります。
しかし、なかなか決まらない。

後半28分、ハリルに代えてファウジを投入。

後半30分、大島に代えて原口を投入。

後半32分、ペナルティーエリア内の混戦から、浅野が左足から放ったシュートは相手ゴールキーパーに防がれてしまいます。
ファインセーブに見えましたが、スローで見るとどう見てもゴールラインを割ったように見えるんですよね。
なのに判定はノーゴール。
このワールドカップアジア予選ではゴールラインテクノロジーは無いんですね・・・
これは確実に誤審だと思います。

なんか主審に嫌われてる?まるで買収されているのではないかと思ってしまう程に、日本に不利な判定が続きます。
宇佐美がペナルティーエリア内で倒されたのに、なぜか日本にはPKが与えられない場面もありましたし・・・
中東の笛を思い出してしまいます。

後半35分、アルハンマディに代えてファルダンを投入。

その後、日本が怒涛の攻撃を見せますが、決めきれません・・・
時間はどんどん過ぎて行き、後半アディショナルタイムは4分。

最後まで攻めまくりますが、このままゴールは奪えず、試合終了のホイッスル。

試合結果

日本1-2UAE

という結果になり、日本代表はロシアワールドカップアジア最終予選の初戦を落としてしまいました。
痛恨の敗戦です。
ホームでの開幕戦で敗れてしまいました。

いずれもこちらのファウルからの失点。
防げた失点ですよね・・・

敗因はミスと決定力の無さでしょうか?
本当に決定機を決めきれませんね。

しかし、一番の敗因は審判の酷さだと思いました。
誤審が多すぎる。

これでアジアカップに続きUAEに連敗ですね・・・
審判も酷かったですが、やはり強いです。

次の対戦相手と試合日程は?

日本代表の次の対戦相手は・・・

タイ代表

試合日程は・・・

日本時間2016年9月6日(木)
21:15キックオフ予定

試合会場は・・・

ラジャマンガラスタジアム(タイ/バンコク)

そうです。
次は敵地・アウェーでの試合となります。

このやりにくい敵地での試合をどう凌ぐかが重要ですね。
相手は格下ですので、絶対に勝利して勝ち点をゲットしなければなりません。

まとめ

ロシアワールドカップアジア最終予選の初戦UAEとの試合は、痛すぎる敗戦となってしまいました。

まだあと9試合ある訳ですが、非常に重要な初戦を落としてしまいましたね・・・
厳しいスタートになりました。

主審がとにかく酷くて審判に負けた感がありますが、それ以前にミスが多すぎましたね。
あと審判も人間ですから仕方ないと思うしかないです。

しっかりと反省して切り替えて、タイには絶対に勝って欲しいです!

 - スポーツ ,