気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【高校野球】2016国体の硬式&軟式組み合わせと日程は?3年生は?

   

「2016年夏の甲子園」も終わり、「第11回 BFA U-18アジア選手権」も終わり、
高校野球ファンの方からすれば少し寂しいとは思いますが、まだ「国体」が残っています。

2016年10月2日から開催されるこの国体には、
夏の甲子園で活躍した高校が出場します。

今年度は「希望郷いわて国体」という名称で、
岩手県で開催されます。

という事で今回は硬式&軟式野球の、

「国体出場チーム」

「国体の組み合わせ」

「開催日程」

「試合会場」

などを調べてまとめてみました。

あと気になるのは、「3年生は出場するのか?」という事に関しても調べてみました。

実はこの大会、夏の甲子園では実現しなかった強豪校同士の対戦が見れちゃうんですよね♪

Ads by Google

国体とは?

そもそも国体とは、国民体育大会のことで、
都道府県持ち回りで毎年開催される国内最大の国民スポーツの祭典です。

正式競技37競技、特別競技(高等学校野球)の各都道府県代表が集い、
アツい戦いを繰り広げます。

インターハイとは別物です。

特別競技とされているだけあって野球は少し特殊で、
他の競技のように都道府県選抜ではなく、都道府県の代表校の出場になります。

2016年の国体は、第71回国民体育大会で、
「希望郷いわて国体」という名称です。

国体・硬式野球

開催期間

10月2日(日)から10月5日(水)

試合会場

岩手県営野球場
花巻球場

出場校

盛岡大付(岩手・開催地)、北海(北海道)、聖光学院(福島)、常総学院(茨城)、作新学院(栃木)、木更津総合(千葉)、東邦(愛知)、履正社(大阪)、広島新庄(広島)、鳴門(徳島)、明徳義塾(高知)、秀岳館(熊本)

上記12校が出場。
2016年夏の甲子園の優勝校・作新学院(栃木)、準優勝校・北海(北海道)を筆頭に、
強豪校揃いとなっていて非常に楽しみな大会です。

組み合わせと試合日程

トーナメントなので負けたら敗退です。
12チームでのトーナメントになりますので、シードありの特殊なトーナメント。
とりあえず各校初戦の組み合わせです。

↓1回戦

10月2日10:00(岩手県営野球場)
盛岡大付(岩手) VS 履正社(大阪)

10月2日12:30(岩手県営野球場)
北海(北海道) VS 木更津総合(千葉)

10月2日10:00(花巻球場)
広島新庄(広島) VS 明徳義塾(高知)

10月2日12:30(花巻球場)
秀岳館(熊本) VS 東邦(愛知)

↓ここから2回戦

10月3日10:00(花巻球場)
鳴門(徳島) VS 作新学院(栃木)

10月3日10:00(岩手県営野球場)
聖光学院(福島) VS 常総学院(茨城)

10月3日12:30(花巻球場)
(盛岡大付VS履正社の勝者) VS (北海VS木更津総合の勝者)

10月3日12:30(岩手県営野球場)
(広島新庄VS明徳義塾の勝者) VS (秀岳館VS東邦の勝者)

国体・軟式野球

開催期間

10月2日(日)から10月5日(水)

試合会場

山田町民総合運動公園野球場

出場校

早大学院(東京)、仙台商(宮城)、柳井商工(山口)、桜丘(愛知)、上田西(長野)、作新学院(栃木)、天理(奈良)、専大北上(岩手・開催地)、登別明日(北海道)、文徳(熊本)

上記10校の出場になります。

組み合わせ

こちらも10チームなのでシードありの特殊なトーナメント。

↓1回戦

10月2日09:40
仙台商(宮城) VS 柳井商工(山口)

10月2日12:00
専大北上(岩手) VS 登別明日(北海道)

↓ここから2回戦

10月2日14:20
桜丘(愛知) VS 上田西(長野)

10月3日09:00
作新学院(栃木) VS 天理(奈良)

10月3日11:20
早大学院(東京) VS (仙台商VS柳井商工の勝者)

10月3日13:40
(専大北上VS登別明日の勝者) VS 文徳(熊本)

3年生は出場するのか?

ここで気になるのは、国体の硬式野球競技において、
2016年夏の甲子園を沸かせてくれた3年生たちは出場するのか?

夏の甲子園で最後。3年生は引退。
というイメージがありますが、国体出場校は3年生はまだ引退していません。
出場可能となっております。

3年生が出場するかは学校によって異なりますが、
大体は夏の甲子園でプレーした3年生中心のチーム編成で出場するようです。

国体において野球は、特別競技とされていて、
他の競技ほどガチな感じではないようですね。

位置づけは
夏の甲子園>国体
みたいな感じですので、

どちらかというと、親善試合や引退する3年生への最後のご褒美試合のようなものです。

しかし、出場する選手たちはもちろんガチで勝ちに行くと思いますし、
夏の甲子園に出場した強豪校揃いなので本当に楽しみです。

まとめ

という事2016年(平成28年)国体・硬式&軟式野球の組み合わせや開催日程などをご紹介させて頂きました。

軟式も楽しみですが、なんといっても硬式が凄いですね。

夏の甲子園を沸かせた高校、選手たちが多数出場して、
実現しなかった組み合わせも見れそうです。

果たして優勝するのは・・・!

 - スポーツ ,