気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【夏の甲子園2018】星稜高校野球部メンバーと出身中学!竹谷&南保に注目!

      2018/08/04

いよいよ2018年8月5日(日)から、「夏の甲子園2018(第100回全国高校野球選手権記念大会)」が開幕!

今年は、記念すべき第100回大会ということで、これまでの東京&北海道2枠に加え、千葉、神奈川、埼玉、愛知、大阪、兵庫、福岡も2校ずつとなり、史上最多の56校が出場するというメモリアルな大会です。

今回はその出場校の一つである、「星稜高校野球部(石川県)」についてご紹介!

夏の甲子園には2年ぶり19回目の出場となります。
野球なら松井秀喜選手、サッカーなら本田圭佑選手の母校として超有名!

そしてその松井秀喜選手が始球式をする開幕戦を引き当てる引きを見せましたね。

春のセンバツベスト8のチームであり、地方大会決勝では22-0と圧倒的な強さを見せて優勝。
かなり期待のかかるチームですね。

一体どんな高校なのか?どんな選手がいるのか?強いのか?など気になることが多いと思います。

そこで今回は夏の甲子園2018に出場する星稜高校野球部の・・・

「データ」

「メンバーと出身中学」

「背番号」

「注目選手」

などを詳しく調べて分かりやすくまとめてみました。

Ads by Google

星稜高校ってどんな学校?

星稜高等学校(せいりょうこうとうがっこう)とは、石川県金沢市小坂町南に所在する、中高一貫教育を提供する私立高等学校。

設置者は学校法人稲置学園。

創立1962年の男女共学校。

生徒数は1713人(女子853人)。

硬式野球部以外にも、サッカー、陸上、剣道、空手、バレーボールなどが有名。

主な卒業生(有名人)
高木京介(巨人投手)
島内宏明(楽天外野手)
岩下大輝(ロッテ投手)
小松辰雄(元中日投手)
音重鎮(元中日ほか外野手)
湯上谷竑志(元ダイエー内野手)
村田勝喜(元ダイエーほか投手)
村松有人(元ダイエーほか外野手)
山本省吾(元オリックスほか投手)
松井秀喜(元ヤンキースほか外野手)
豊田陽平(サッカー・サガン鳥栖)
本田圭佑(サッカー・パチューカ)
新谷良子(声優)
馳浩(政治家)

など!

特に、野球なら松井秀喜選手、サッカーなら本田圭佑選手の母校として超有名ですよね。

星稜高校野球部のデータ

創部
1962年

部長
山下 智将

監督
林 和成

部員数
77人

主将
竹谷 理央選手(3年生)

甲子園出場歴
春:12回
夏:19回(今回を含む)

地方大会の成績
決勝:22-0 金沢学院
準決勝:7-0 金沢商
準々決勝:5-0 小松大谷
3回戦:9-0 小松市立
2回戦:10-0 金沢辰巳丘・金沢向陽・内灘

夏の甲子園には2年ぶり19回目の出場となります。

巨人やヤンキースなどで活躍し、今大会の始球式を務める松井秀喜さんがOBとなります。
1992年の夏の甲子園で、松井さんが明徳義塾に5打席連続敬遠されたことでも有名な高校ですよね。

それはさておき、今回のチームはかなり強いのではないかと思われます。

春のセンバツでベスト8入りを果たし、夏の石川大会では無双状態。
なんと5試合で53得点無失点という成績で優勝。

特に決勝は竹谷くんの1試合4本塁打や南保くんの1試合3本塁打のなどで、22-0と金沢学院を圧倒。

とにかく破壊力抜群の強力打線が武器のチーム!

しかしながら石川大会で無失点だった投手力も非常に高く、2年生エース奥川くんはすでにプロのスカウトも注目するほど。

投打ともに実力あるチームで間違いないと思います。
優勝候補にも入ってきそうですね。

1年生や2年生が多めのチーム!

星稜高校野球部のメンバーと出身中学

それでは、夏の甲子園2018に出場する星稜高校野球部メンバーと、出身中学、背番号などを確認してみましょう。

※左から背番号、名前、学年、投打、出身中学校となります。
※メンバーは変更される可能性もあります。

1 奥川 恭伸 2年 右右 (石川 かほく市宇ノ気中)
2 山瀬慎之助 2年 右右 (石川 かほく市宇ノ気中)
3 河井 陽紀 3年 右右 (石川 星稜中)
4 山本 伊織 2年 右両 (神奈川 川崎市立高津中)
5 南保良太郎 3年 右左 (石川 星稜中)
6 内山 壮真 1年 右右 (石川 星稜中)
7 東海林航介 2年 右左 (石川 星稜中)
8 鯰田 啓介 3年 左左 (石川 宝達志水町宝達中)
9 竹谷 理央 3年 右左 (石川 小松市松陽中)
10 山口 来聖 3年 左左 (石川 金沢市兼六中)
11 寺沢 孝多 2年 左左 (石川 星稜中)
12 西岡 秀太 3年 右右 (富山 氷見市北部中)
13 佐々井光希 3年 右右 (兵庫 三田市ゆりのき台中)
14 平野慎太郎 3年 右右 (石川 金沢市野田中)
15 国本 憲辰 3年 右右 (京都 京都市洛南中)
16 佐藤 海心 3年 右左 (岐阜 高山市立久々野中)
17 岡田 大響 2年 左左 (石川 星稜中)
18 寺西 成騎 1年 右右 (石川 能美市立根上中)

このようにベンチ入りメンバーは、ほとんどが石川県の中学出身者。
一部県外の選手もいますね。

注目選手

最後に星稜高校野球部の注目選手を確認してみましょう。

奥川恭伸(2年生)

最速147キロの本格派右腕。

力のあるストレートとスライダーが武器。
奪三振能力が高いです。

また、コントロールも良いので、今後注目すべきピッチャー!

すでにプロのスカウトも注目しており、来年のドラフト指名候補だと言われているようですね。

竹谷理央(3年)

投げては最速141キロ右腕であり、打っては高校通算20本超えの強打者。

石川大会決勝で1試合4本のホームランを放ちました。
広角にヒットを打つこともできる中軸打者。

アメリカ人の父を持つハーフであり、しかもイケメン!

南保良太郎(3年)

石川大会決勝で1試合3本のホームランを放った強打者。

非常に鋭いスイングで打球が良く伸びます。

竹谷くんとともに、強力打線をけん引。

まとめ

夏の甲子園2018に出場する、星稜高校野球部(石川県)に関するデータや、メンバーに関する情報をご紹介させて頂きました。

夏の甲子園には2年ぶり19回目の出場となります。
野球なら松井秀喜選手、サッカーなら本田圭佑選手の母校として超有名!

春のセンバツベスト8校。
夏の石川大会では5試合で53得点無失点という圧倒的強さで優勝しました。

2年生エース・奥川恭伸くんはプロ注目の投手。
破壊力抜群の強力打線が武器のチームですね。

ちなみに、開幕戦で「藤蔭(大分)」と対戦します!

もの凄い注目を浴びる中での試合になりますが、緊張して固くならずにのびのびとプレーして欲しいですね!
しかもこの開幕戦の始球式にOBの松井秀喜さんが登場予定。

ぜひご注目下さい!

▼日程・組み合わせはこちら!

▼大会の視聴方法はこちら!

 - スポーツ