気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【夏の甲子園2019】星稜高校野球部メンバーと出身中学!奥川&内山に注目!

   

いよいよ2019年8月6日(火)から、「夏の甲子園2019(第101回全国高校野球選手権大会)」が開幕!

今年は、各地の地方大会で波乱がたくさん起こりましたね。
そんな中を勝ち抜いてきたチームは聖地でどんな戦いを見せてくれるのか。
令和初の王者はどこになるのか。

今回はその出場校の一つである、「星稜高校野球部(石川県)」についてご紹介!

夏の甲子園には2年連続20回目の出場となります。
野球なら松井秀喜選手、サッカーなら本田圭佑選手の母校として超有名!

今大会では優勝候補の一角としてかなり期待のかかるチームですね。
今年の目玉選手であり、ドラフト1位指名確実と言われる最速158キロ右腕・奥川恭伸くんを擁するチーム。

一体どんな高校なのか?どんな選手がいるのか?強いのか?など気になることが多いと思います。

そこで今回は夏の甲子園2019に出場する星稜高校野球部の・・・

「データ」

「メンバーと出身中学」

「背番号」

「注目選手」

などを詳しく調べて分かりやすくまとめてみました。

Ads by Google

星稜高校ってどんな学校?

星稜高等学校(せいりょうこうとうがっこう)とは、石川県金沢市小坂町南に所在する、中高一貫教育を提供する私立高等学校。

設置者は学校法人稲置学園。

創立1962年の男女共学校。

生徒数は1739人(女子879人)。

硬式野球部以外にも、サッカー、陸上、剣道、空手、バレーボールなどが有名。

主な卒業生(有名人)
高木京介(巨人投手)
島内宏明(楽天外野手)
岩下大輝(ロッテ投手)
小松辰雄(元中日投手)
音重鎮(元中日ほか外野手)
湯上谷竑志(元ダイエー内野手)
村田勝喜(元ダイエーほか投手)
村松有人(元ダイエーほか外野手)
山本省吾(元オリックスほか投手)
松井秀喜(元ヤンキースほか外野手)
豊田陽平(サッカー・サガン鳥栖)
本田圭佑(サッカー・パチューカ)
新谷良子(声優)
馳浩(政治家)

など!

特に、野球なら松井秀喜選手、サッカーなら本田圭佑選手の母校として超有名ですよね。

星稜高校野球部のデータ

創部
1962年

部長
山下 智将

監督
林 和成

部員数
77人

主将
山瀬慎之助選手(3年生)

甲子園出場歴
春:13回(今回を含む)
夏:19回

地方大会の成績
2回戦:10-0 七尾東雲
3回戦:12-0 金沢大付
準々決勝:2-1 遊学館
準決勝:8-6 鵬学園
決 勝:6-2 小松大谷

-------

夏の甲子園には2年連続20回目の出場となります。

巨人やヤンキースなどで活躍した松井秀喜さんがOBとなります。
1992年の夏の甲子園で、松井さんが明徳義塾に5打席連続敬遠されたことでも有名な高校ですよね。

それはさておき、今回のチームはかなり強いのではないかと思われます。

エース奥川くんはプロのスカウトも注目するドラフト1位指名候補。
去年の夏から全国区の知名度でしたよね。
最速158キロ右腕であり、今年の目玉選手かと!

チームとしては、投打ともに実力あるチームで間違いないと思います。
去年甲子園を経験した選手も多く残っており、優勝候補筆頭にも名前が挙がるほど。
2018年秋の明治神宮大会では準優勝もしています。

春のセンバツ2019では、2回戦の習志野との試合後、星稜の林監督が、試合後に「習志野はサイン盗みをしていた」と訴えて、習志野の小林監督に直接抗議する大騒動がありました。
疑惑の真偽は不明ですが、その後、林監督は学校から6月上旬まで2カ月間の指導禁止処分を科されました。
そういった騒動を乗り越えての夏の甲子園出場!

星稜高校野球部のメンバーと出身中学

それでは、夏の甲子園2019に出場する星稜高校野球部メンバーと、出身中学、背番号などを確認してみましょう。

※左から背番号、名前、学年、投打、出身中学校となります。
※メンバーは変更される可能性もあります。

1 奥川 恭伸 3年 右右 (石川 かほく宇ノ気中)
2 山瀬慎之助 3年 右右 (石川 かほく宇ノ気中)
3 福本 陽生 3年 右右 (東京 世田谷緑丘中)
4 山本 伊織 3年 右左 (神奈川 川崎高津中)
5 知田 爽汰 2年 右左 (石川 星稜中)
6 内山 壮真 2年 右右 (石川 星稜中)
7 有松 和輝 3年 右右 (石川 星稜中)
8 東海林航介 3年 右左 (石川 星稜中)
9 岡田 大響 3年 左左 (石川 星稜中)
10 寺沢 孝多 3年 左左 (石川 星稜中)
11 荻原 吟哉 2年 右右 (石川 星稜中)
12 竹村 紘人 3年 右左 (石川 金沢野田中)
13 大高 正寛 3年 右右 (石川 星稜中)
14 寺西 成騎 2年 右右 (石川 能美根上中)
15 鈴木 快明 3年 右右 (石川 野々市布水中)
16 新保 温己 3年 右右 (石川 星稜中)
17 高木 宏望 2年 右左 (石川 星稜中)
18 今井 秀輔 2年 右右 (石川 金沢紫錦台中)

このようにベンチ入りメンバーは、ほとんどが石川県の中学出身者。
一部県外の選手もいますね。

注目選手

最後に星稜高校野球部の注目選手を確認してみましょう。

<奥川恭伸(3年生)>

最速158キロの本格派右腕。

力のあるストレートとスライダーが武器。
奪三振能力が高くコントロールも抜群。
安定感もありスタミナも兼ね備えています。

2年生の頃から甲子園で活躍しておりプロから注目されていて、今年のドラフトの目玉との声も。
ドラフト1位指名確実の逸材。
とにかく今大会の要注目選手です。

<内山壮真(2年生)>

走攻守三拍子揃った逸材。

去年スーパー1年生として注目されていた選手で、とにかく野球センス抜群です。

小柄ですが長打力がある強打者。
打撃センスだけでなく守備のセンスも抜群。

<東海林航介(3年生)>

走攻守三拍子揃った選手で、勝負強さもある選手です。

まとめ

夏の甲子園2019(第101回全国高校野球選手権大会)に出場する、「星稜高校野球部(石川県)」に関するデータや、メンバーに関する情報をご紹介させて頂きました。

夏の甲子園には2年連続20回目の出場となります。
野球なら松井秀喜選手、サッカーなら本田圭佑選手の母校として超有名!

今大会では優勝候補の一角としてかなり期待のかかるチームですね。
今年の目玉選手であり、ドラフト1位指名確実と言われる最速158キロ右腕・奥川恭伸くんを擁するチーム。
さらに2年生の内山壮真くんも逸材なので非常に楽しみです。

チームは優勝候補の一角とも言われているので、ぜひご注目下さい!

▼こちらもチェック!

 - スポーツ