気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【春のセンバツ2018】東海大相模高校野球部メンバーと出身中学!森下に注目!

   

2018年3月23日(金)から、「春のセンバツ高校野球2018(第90回記念選抜高校野球大会)」が開幕!

今回はその出場校の一つである、「東海大相模高校野球部(神奈川県)」についてご紹介!

7年ぶり10回目の春のセンバツ出場となります。
全国屈指の名門で、優勝候補の一角。

一体どんな高校なのか?どんな選手がいるのか?強いのか?など気になることが多いと思います。

そこで今回は春のセンバツ高校野球2018に出場する・・・

「東海大相模高校ってどんな学校?」

「東海大相模高校野球部のデータ」

「東海大相模高校野球部のメンバーと出身中学」

「背番号」

「注目選手」

などを詳しく調べて分かりやすくまとめてみました。

Ads by Google

東海大相模高校ってどんな学校?

東海大学付属相模高等学校(とうかいだいがくふぞくさがみこうとうがっこう)とは、神奈川県相模原市南区に位置する東海大学付属の私立高校。

略称は「東海大相模」。

創立1963年の男女共学校。

生徒数は1615人(女子655人)。

硬式野球部以外にも、陸上、テニス、ラグビー、バレーボール、柔道、剣道、アーチェリー、美術、吹奏楽、放送などが有名。

主な卒業生(有名人)
市川友也(日本ハム捕手)
菅野智之(巨人投手)
田中広輔(広島内野手)
大田泰示(日本ハム外野手)
友永翔太(中日外野手)
大城卓三(巨人捕手)
田中俊太(巨人内野手)
菅野剛士(ロッテ外野手)
小笠原慎之介(中日投手)
吉田凌(オリックス投手)
原辰徳(元巨人内野手)
森野将彦(元中日内野手)
山下泰裕(柔道・ロサンゼルス五輪男子無差別級金メダリスト)
井上康生(柔道・シドニー五輪男子100kg級金メダリスト)
羽賀龍之介(柔道・リオデジャネイロ五輪男子100kg級銅メダリスト)
高藤直寿(柔道・リオデジャネイロ五輪男子60kg級銅メダリスト)
宮崎正裕(剣道)
高山善廣(プロレスラー)
神尾米(テニス)

など!

東海大相模高校野球部のメンバーと出身中学

それでは、春のセンバツ高校野球2018に出場する東海大相模高校野球部メンバーと、出身中学、背番号などを確認してみましょう。

※左から背番号、名前、学年、投打、身長体重、出身中学校となります。
※メンバーは変更される可能性もあります。
※学年は春からの新学年。

1 齋藤 礼二 3年 173/64 右左(東京 府中市府中第十中)
2 佐藤 暖起 3年 175/67 右右(千葉 市原市辰巳台中)
3 渡辺 健士郎 3年 182/82 右左(東京 東京北区稲付中)
4 山田 拓也 3年 168/63 右左(神奈川 横浜市瀬谷中)
5 金城 飛龍 2年 168/70 右右(神奈川 横浜市荏田南中)
6 小松 勇輝 3年 172/67 右左(神奈川 藤沢市明治中)
7 梶山 燿平 3年 165/70 右左(神奈川 藤沢市滝の沢中)
8 森下 翔太 3年 180/77 右右(神奈川 横浜市日限山中)
9 後藤 陸 3年 173/65 右右(東京 江戸川区篠崎中)
10 浅海 大輝 3年 174/76 左左(神奈川 横浜市笹下中)
11 野口 裕斗 2年 168/65 左左(神奈川 厚木市南毛利中)
12 井上 恵輔 2年 174/74 右右(東京 東海大菅生中)
13 菖蒲谷 嶺 2年 182/76 右右(東京 目黒区大鳥中)
14 白石 大智 3年 167/65 右左(愛知 名古屋市伊勢山中)
15 本間 巧真 2年 171/66 左左(神奈川 藤沢市湘南台中)
16 細田 一輝 3年 177/76 右左(和歌山 有田川町石垣中)
17 上杉 龍平 3年 184/79 右左(静岡 裾野市富岡中)
18 遠藤 成 2年 178/76 右左(秋田 にかほ市仁賀保中)

このようにベンチ入りメンバーは神奈川の中学出身者を中心に、関東の中学出身者が多め。

東海大相模高校野球部のデータ

創部
1963年

部長
長谷川将也

監督
門馬 敬治

部員数
86人

主将
小松 勇輝選手(3年生)

甲子園出場歴
春:10回(今回を含む)
夏:10回

地方大会の成績
●関東大会準決勝:2-3 中央学院
○関東大会準々決勝:12-1 作新学院
○神奈川大会決勝:12-0 慶応
○神奈川大会準決勝:7-0 桐光学園
○神奈川大会準々決勝:7-0 磯子
○神奈川大会4回戦:6-3 向上
○神奈川大会3回戦:8-0 横須賀総合
○神奈川大会2回戦:7-0 戸塚
○神奈川大会北相地区予選:16-0 柏木学園
○神奈川大会北相地区予選:11-1 大和南
○神奈川大会北相地区予選:10-0 麻布大付

7年ぶり10回目の春のセンバツ出場となります。
選考経緯は、秋の関東大会ベスト4が決め手。

全国屈指の名門で、甲子園では春夏ともにそれぞれ2回ずつ優勝経験あり。

打線は圧倒的な破壊力があり得点力抜群。
機動力もあります。

さらに投手陣も安定感抜群で、秋の大会では失点がほとんどなく、防御率は0点台。

優勝候補の一角だと思います。

注目選手

最後に東海大相模高校野球部の注目選手を確認してみましょう。

森下 翔太(3年生)

高校通算本塁打40発超えの長距離砲。
逆方向にも強い打球が打てます。

走攻守のバランスも良い外野手。

秋の大会では無双状態でしたね。

プロ注目の選手です。

斎藤 礼二(3年生)

最速140キロ超えの本格派右腕。

コントロールも良く、奪三振能力も高いエース。

まとめ

春のセンバツ高校野球2018(第90回記念選抜高校野球大会)に出場する、東海大相模高校野球部(神奈川県)に関するデータや、メンバーに関する情報をご紹介させて頂きました。

7年ぶり10回目の春のセンバツ出場となります。
全国屈指の名門。

強力打線に強力投手陣と非常に戦力のある優勝候補。

ぜひご注目下さい!

▼こちらもチェック!

 - スポーツ