気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【2016夏の甲子園】決勝戦の組み合わせと試合日程!作新学院VS北海の予想は?

   

第98回全国高校野球選手権大会・2016年夏の甲子園もついにあと1試合となりましたね。

ここまで様々なドラマがあり、
優勝候補の強豪校やドラフト1位指名候補のスター選手たちが散っていきました。

そしてそんな中、最後の2校、つまり決勝戦の舞台に辿り着いたのは、

創部116年目で初の決勝戦進出となる、
エース大西健斗くんを中心とした爽やかなチームの南北海道代表・北海高校!

54年ぶりの決勝戦進出となる名門校で、
今大会ナンバーワン投手と呼び声の高いエース今井達也くん擁する栃木県代表・作新学院高校!

この両者が決勝戦で激突します。

「作新学院VS北海」

という組み合わせを予想できた方はおられるでしょうか?

という事で今回は、

「両チームのメンバー」

「両チームのここまでの戦績」

「戦力分析」

「決勝戦の結果予想」

「決勝戦の試合日程」

などを分かりやすくまとめてみました。

Ads by Google

両校野球部のデータとメンバー

それでは改めて、決勝戦まで勝ち残った両校の野球部に関するデータやメンバーを確認してみましょう。

作新学院高校野球部のデータとメンバー

作新学院高校野球部データ
創部:1902年

部長:岩嶋敬一(53)

監督:小針崇宏(33)

部員数:99人

主将:山本拳輝くん(3年生)

甲子園出場歴:春9回&夏12回(今回を含む)

主な卒業生:江川卓(元読売ジャイアンツ)、落合英二(元中日ドラゴンズ)、岡田幸文(千葉ロッテマリーンズ)など

作新学院高校野球部メンバー
※左から背番号、名前、(出身中学)、学年、身長/体重、地方大会の打率

1 今井達也(栃木県・日光市立今市中) 3年 180/72 .444
2 鮎ケ瀬一也(栃木県・真岡市立真岡中) 3年 178/78 .533
3 入江大生(栃木県・益子町立七井中) 3年 186/79 .571
4 藤野佑介(栃木県・宇都宮市立泉が丘中) 3年 170/74 .409
5 篠崎高志(栃木県・宇都宮市立雀宮中) 3年 168/66 .375
6 山本拳輝(栃木県・前橋市立荒砥中) 3年 178/78 .524
7 碇大誠(栃木県・日光市立大沢中) 3年 176/75 .333
8 小林虎太郎(栃木県・宇都宮市立陽北中) 3年 175/75 .524
9 山ノ井隆雅(栃木県・宇都宮市宮の原中) 3年 177/76 .214
10 宇賀神陸玖(栃木県・宇都宮市立古里中) 3年 174/76 .250
11 藤沼竜矢(栃木県・下野市立南河内中) 3年 174/72 .200
12 仲尾有矢(栃木県・芳賀町立芳賀中) 3年 178/85 .000
13 守谷拓海(栃木県・宇都宮市立陽西中) 3年 170/72 -.—
14 水口皇紀(栃木県・宇都宮市立雀宮中) 3年 170/72 .000
15 添田真聖(栃木県・日光市立今市中) 2年 170/65 .500
16 鈴木萌斗(栃木県・宇都宮市立旭中) 2年 180/73 .500
17 栗原涼吾(栃木県・宇都宮市立陽南中) 3年 170/72 .750
18 田代敬祐(栃木県・鹿沼市立北押原中) 3年 173/68 -.—

北海高校野球部のデータとメンバー

北海高校野球部データ

創部:1901年

部長:坪岡英明(47)

監督:平川敦(45)

部員数:89人

主将:大西健斗くん(3年生)

甲子園出場歴:春12回&夏37回(今回を含む)

主な卒業生:若松勉 (ヤクルトスワローズ元監督)、鍵谷陽平(北海道日本ハムファイターズ)、瀬川隼郎(北海道日本ハムファイターズ)など

北海高校野球部メンバー
※左から背番号、名前、(出身中学)、学年、身長/体重、地方大会の打率

1 大西健斗(北海道・札幌市立中央中) 3年 180/76 .286
2 佐藤大雅(北海道・厚岸町立真龍中) 2年 174/68 .435
3 川村友斗(北海道・松前町立松前中) 2年 180/76 .250
4 菅野伸樹(北海道・札幌市立発寒中) 3年 180/70 .381
5 佐藤佑樹(北海道・札幌市立福井野中) 3年 179/76 .346
6 小野雄哉(北海道・美幌町立北中) 3年 171/64 .480
7 井上雄喜(北海道・札幌市立澄川中) 2年 181/81 .381
8 鈴木大和(北海道・北広島市立大曲中) 2年 172/65 .500
9 下方忠嗣(大阪府・泉佐野市立新池中) 3年 180/75 .273
10 柴垣聡太朗(大阪府・阪南市立貝掛中) 3年 173/64 -.—
11 多間隼介(北海道・紋別市立紋別中) 2年 166/61 .667
12 吉田侑平(北海道・札幌市立西陵中) 3年 168/69 -.—
13 竹元拓海(大阪府・吹田市立片山中) 2年 166/60 -.—
14 三浦琢斗(北海道・せたな町立北檜山中) 3年 168/61 -.—
15 布施太聖(北海道・厚岸町立厚岸中) 2年 171/70 -.—
16 小山理央(北海道・札幌市立西岡北中) 3年 173/70 -.—
17 高木康平(北海道・札幌市立新琴似中) 3年 163/62 .333
18 柴田涼哉(北海道・北広島市立大曲中) 3年 175/73 -.—

両校のここまでの戦績

作新学院高校の今大会の戦績

2回戦
尽誠学園(香川) 0 – 3 作新学院(栃木)

3回戦
作新学院(栃木) 6 – 2 花咲徳栄(埼玉)

準々決勝
木更津総合(千葉) 1 – 3 作新学院(栃木)

準決勝
作新学院(栃木) 10 – 2 明徳義塾(高知)

このように圧倒的な投手力で決勝まで勝ち上がりました。
その原動力はエース・今井くん。
2回戦~準々決勝まで今井くんが完投してここまで来ました。

特に花咲徳栄の高橋くん、木更津総合の早川くんなど好投手との投げ合いを制してきています。

また準決勝・明徳義塾との試合で見せたような得点力も魅力的。

北海高校の今大会の戦績

2回戦
北海(南北海道) 2 – 1 松山聖陵(愛媛)

3回戦
北海(南北海道) 4 – 1 日南学園(宮崎)

準々決勝
聖光学院(福島) 3 – 7 北海(南北海道)

準決勝
秀岳館(熊本) 3 – 4 北海(南北海道)

北海高校は接戦を制してここまで辿り着きました。
正直、北海が決勝まで辿り着くのを予想していた人がどれだけ居たのか・・・

同校は史上最多の夏の甲子園37回の出場を誇りますが、「甲子園常連のくせに弱い」と言われていました。
ベスト4に勝ち進んだのが88年ぶり、創部116年目で初めての決勝戦進出。
もちろん優勝経験はありません。

この快進撃・快挙の中心に居たのはエースでキャプテンの大西くん。
彼が投げて打って、ここまで辿り着いたように思います。

なかなかギリギリの戦いを繰り広げてきました。

戦力分析&決勝戦の結果予想

作新学院はやはり最速152キロのエース今井達也くんが中心ですね。
プロのスカウト注目の右腕で、彼から点を取らない事にはどうにもなりません。

また打線も強力で今大会3試合連続ホームランを放った入江大生くんの強打も注目。
全体的にレベルが高いです。

対する北海はキャプテン&エースである大西健斗くんが投打の中心です。
イケメンでV6の岡田准一さん似で爽やかで女性人気も高い選手。
今井くんのようなずば抜けた何かがある訳ではないような気がしますが、
ピンチに強くてスタミナも抜群で完投能力があります。
ここまでずっと一人でマウンドを守り抜いてきました。
なんか漫画の主人公みたいです。

あと北海打線もかなり強力でよく打ちますので、
今井くん相手にどんなバッティングを見せてくれるのか楽しみです。

両チーム守備も堅いのが特長。

結果予想ですが・・・
私は総合力でいえば、作新学院が勝利して優勝するのではないかと思っています。

ただ、準決勝・秀岳館との試合でも秀岳館が勝つと予想していましたが、
北海が勝利したのでこのチームは本当に何かやってくれそうな気がします。

という事で全く読めません!

試合日程は?何時から?

気になる決勝戦の試合日程ですが、

2016年8月21日(日)14:00開始予定
「作新学院高校(栃木) VS 北海高校(南北海道)」

となっていますので見逃さないように注意して下さい。

まとめ

という事で決勝戦は
「作新学院高校(栃木) VS 北海高校(南北海道)」
の組み合わせになりました。

作新学院のエース・今井達也くんと、北海のエース・大西健斗くんの投げ合いは楽しみしかありませんね!

さあ、一体どんな結果になり、
どちらが優勝するのでしょうか!

作新学院が優勝すれば54年ぶり、
北海が優勝すれば初優勝となります!

 - スポーツ , ,