気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【夏の甲子園2018】作新学院高校野球部メンバーと出身中学!石井に注目!

   

いよいよ2018年8月5日(日)から、「夏の甲子園2018(第100回全国高校野球選手権記念大会)」が開幕!

今年は、記念すべき第100回大会ということで、これまでの東京&北海道2枠に加え、千葉、神奈川、埼玉、愛知、大阪、兵庫、福岡も2校ずつとなり、史上最多の56校が出場するというメモリアルな大会です。

今回はその出場校の一つである、「作新学院高校野球部(栃木)」についてご紹介!

夏の甲子園には8年連続14回目の出場となります。

ご存知の方も多いとは思いますが、2016年の夏の優勝校。
西武ライオンズにドラフト1位指名された今井達也投手を擁し、優勝を果たしましたね。

去年は盛岡大付相手に1回戦敗退だったので、今年は1回戦突破したいところですが、いきなり優勝候補の大本命「大阪桐蔭」と激突!
これは楽しみですね!

一体どんな高校なのか?どんな選手がいるのか?強いのか?など気になることが多いと思います。

そこで今回は夏の甲子園2018に出場する作新学院高校野球部の・・・

「データ」

「メンバーと出身中学」

「背番号」

「注目選手」

などを詳しく調べて分かりやすくまとめてみました。

Ads by Google

作新学院高校ってどんな学校?

作新学院高等学校(さくしんがくいんこうとうがっこう)とは、栃木県宇都宮市一の沢一丁目にある私立高等学校。

創立1885年の男女共学校。

生徒数は3645人(女子1646人)。
非常に生徒数の多いマンモス校です。

硬式野球部以外にも、軟式野球部・自転車競技部・ボクシング部・弓道部・柔道部・ラグビー部、演劇部、吹奏楽部、チアリーディング部などが有名。

主な卒業生(有名人)
岡田幸文(ロッテ外野手)
石井一成(日本ハム内野手)
今井達也(西武投手)
天知俊一(元中日監督)
八木沢荘六(元ロッテ監督ほか)
江川卓(元巨人)
落合英二(元中日)
萩野公介(競泳・リオ五輪400m個人メドレー金メダリスト)
清水咲子(競泳・リオ五輪代表)
五十嵐久人(体操・モントリオール五輪男子団体金メダリスト)
宇賀地強(陸上選手)
神山雄一郎(競輪選手)
堀口恭司(総合格闘家)
斉藤和義(歌手)

など、OBには有名人が多いです。

作新学院高校野球部のデータ

創部
1902年

部長
岩嶋敬一

監督
小針崇宏

部員数
93人

主将
磯 一輝くん(3年生)

甲子園出場歴
春:10回
夏:14回(今回を含む)

地方大会の成績
決勝:2-0 白鴎大足利
準決勝:2-1 宇都宮工
準々決勝 13-1 佐野日大
3回戦:17-0 鹿沼
2回戦:3-1 足利工
1回戦:10-3 那須清峰

夏の甲子園には8年連続14回目の出場となります。

2016年の夏の甲子園優勝校。
西武ライオンズの今井達也投手を擁して優勝したのは記憶に新しいところ。

元巨人の江川卓さんの母校として非常に有名ですよね。

1962年に史上初の甲子園春夏連覇の偉業を成し遂げています。

非常に投手力のあるチームで、地方大会6試合で失点はわずか6。

打線も非常に強力で、切れ目がありません。

とても試合運びの上手いチームであり、監督の小針崇宏さんはまだ35歳と若いですが、非常に素晴らしい監督なので采配にも注目!

そんな作新学院野球部ですが、実はベスト8に進出した2012年の夏の甲子園では、野球部員が大会期間中にある事件を起こすという不祥事がありましたよね・・・
しかし、大会中であったこともあり出場停止にはなりませんでした。

作新学院高校野球部のメンバーと出身中学

それでは、夏の甲子園2018に出場する作新学院高校野球部メンバーと、出身中学、背番号などを確認してみましょう。

※左から背番号、名前、学年、身長体重、投打、出身中学校となります。
※メンバーは変更される可能性もあります。

1 高山 陽成 3年 178/76 右右(栃木 那須塩原市西那須野中)
2 磯 一輝 3年 178/76 右右(栃木 上三川町明治中)
3 沖 龍 3年 180/78 右右(栃木 壬生町南犬飼中)
4 小林 龍憲 3年 170/68 右左(栃木 栃木市栃木西中)
5 篠田 大輔 3年 170/70 右左(栃木 小山市小山城南中)
6 石井 巧 2年 178/70 右右(栃木 那須鳥山市小川中)
7 斎藤 陸人 3年 174/70 右左(栃木 那須塩原市西那須野中)
8 福田 真夢 2年 175/70 右右(栃木 宇都宮市旭中)
9 小林 祐輝 3年 175/75 右左(栃木 宇都宮市清原中)
10 佐取 達也 3年 174/70 左左(栃木 佐野市佐野南中)
11 林 勇成 2年 175/75 右左(栃木 鹿沼市北犬飼中)
12 立石 翔斗 2年 178/78 右右(栃木 足利市北中)
13 東海林 輝 3年 173/68 右右(栃木 那須鳥山市小川中)
14 田中 碧 3年 170/70 右右(栃木 宇都宮市清原中)
15 松尾 翼 2年 165/65 右右(栃木 宇都宮市旭中)
16 小田桐 大 3年 173/76 右右(栃木 宇都宮市陽南中)
17 横山 陽樹 1年 177/75 右右(栃木 宇都宮市河内中)
18 宇賀神 暁 2年 180/74 右右(栃木 宇都宮市星が丘中)

このようにベンチ入りメンバーは、全員が地元栃木県の中学出身者。
オール地元メンバーですね。

注目選手

最後に作新学院高校野球部の注目選手を確認してみましょう。

高山陽成(3年)

最速145キロのエース右腕。

キレのあるストレートと、低めのコントロールが武器。

石井巧(2年)

2年生ながらレギュラーでショートを守ります。

逆方向へ打てる巧みな打撃センスの選手。

日本ハム・石井一成選手の弟でもあるので、ファイターズファンの方は注目ですね。

まとめ

夏の甲子園2018に出場する、作新学院高校野球部(栃木県)に関するデータや、メンバーに関する情報をご紹介させて頂きました。

夏の甲子園には8年連続14回目の出場となります。

非常に投手力のあるチームで、打線も強力で切れ目がありません。
試合運びが上手いチーム!

1回戦ではなんと春夏連覇を狙う「大阪桐蔭」と激突。
この対戦カードは注目の一戦ですね。

ぜひご注目下さい!

▼日程・組み合わせはこちら!

▼大会の視聴方法はこちら!

 - スポーツ