気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【日本シリーズ2016第2戦】広島VS日本ハム!ビデオ判定は誤審なの?

   

2016年10月23日(日)、日本シリーズ第2戦「広島東洋カープVS.北海道日本ハムファイターズ」の試合が行われました。

カープが第1戦目に勝利して迎えた第2戦、カープの勢いが目立つ中、果たして結果はどうなったのでしょうか?

という事で今回は、

「両チームのスタメン」

「試合詳細と結果」

「勝因と敗因」

「第3戦目の先発ピッチャー」

などを分かりやすくまとめてみました。

また、物議をかもしたビデオ判定のシーン。
あれは誤審だったのか調べてみました。

Ads by Google

第1戦目の結果をおさらい

まずは、2016年10月22日(土)に行われた、第1戦目の結果を振り返ってみましょう。

広島5-1日本ハム

先発ピッチャーは、カープがジョンソン、ファイターズが大谷翔平のエース対決でした。

カープがディレイドスチールを仕掛け、ファイターズのミスを誘い先制。
その後、松山やエルドレッドのホームランで突き放す、長打と機動力の広島野球で試合を制しました。

一方、ファイターズはレアードのソロホームランでしか得点がないという、打線が冷えて寂しい結果に。

両チームのスタメン

まずは、両チームのスターティングメンバーを確認してみましょう。

カープのスタメン

スタメン
1 (遊) 田中 広輔
2 (二) 菊池 涼介
3 (中) 丸 佳浩
4 (左) 松山 竜平
5 (右) 鈴木 誠也
6 (一) エルドレッド
7 (三) 小窪 哲也
8 (捕) 石原 慶幸
9 (投) 野村 祐輔

先発ピッチャーは、野村祐輔投手。

新井貴浩選手はこの試合もスタメンを外れました。

ベンチ入りメンバー
■投手
一岡 竜司
中﨑 翔太
九里 亜蓮
ジャクソン
福井 優也
今村 猛
大瀬良 大地
ヘーゲンズ

■捕手
會澤 翼
磯村 嘉孝

■内野手
西川 龍馬
安部 友裕
新井 貴浩

■外野手
赤松 真人
下水流 昂
野間 峻祥

ファイターズのスタメン

スタメン
1 (左) 西川 遥輝
2 (遊) 中島 卓也
3 (右) 近藤 健介
4 (一) 中田 翔
5 (三) レアード
6 (二) 田中 賢介
7 (中) 陽 岱鋼
8 (捕) 大野 奨太
9 (投) 増井 浩俊

先発ピッチャーは、増井浩俊投手。

近藤健介選手がスタメンに。

ベンチ入りメンバー
■投手
白村 明弘
谷元 圭介
鍵谷 陽平
バース
大谷 翔平
石井 裕也
宮西 尚生
井口 和朋
メンドーサ

■捕手
清水 優心
市川 友也

■内野手
飯山 裕志
杉谷 拳士

■外野手
矢野 謙次
谷口 雄也
岡 大海

試合詳細と結果

試合詳細

試合は2016年10月23日(日)、18:30プレイボール。
試合会場はマツダスタジアム。

先発ピッチャーは
カープが野村祐輔
ファイターズが増井浩俊
の投げ合い。

初回ははともにチャンスを作りながらも無得点。

2回の裏、小窪のタイムリーツーベースでカープが先制。
(広島1-0日本ハム)

4回の表、2アウト1、2塁から大野のセカンドゴロを名手・菊池がまさかの後逸。
エラーでファイターズが同点に追いつく。
(広島1-1日本ハム)

6回の裏、ノーアウト2塁で菊池がレフト前ヒット。
セカンドランナー田中がホームへ滑り込むも、レフト西川の好返球によりタッチアウト!
・・・と一度は判定されますが、カープ緒方監督がビデオ判定を要求。
これが覆り判定はセーフに!カープが勝ち越し!
このシーンは誤審ではないか?と一部で言われているようですが、後ほど詳しく振り返ってみましょう。

さらに増井が丸のセーフティバントの勝利をファーストへ悪送球で失点。

代わった鍵谷から鈴木が犠牲フライ&エルドレッドがソロホームランと、この回一挙4得点。
(広島1-5日本ハム)

その後、ファイターズはろくにチャンスを作れないまま9回の表へ。
守護神・中崎から連打でノーアウト1、2塁とするも、田中賢介と代打・大谷翔平が連続三振。
最後は岡がセカンドゴロに倒れゲームセット。

カープが2日連続5-1で勝利。

試合結果

広島5-1日本ハム

勝利投手 : 野村
敗戦投手 : 増井

本塁打:エルドレッド 2号(6回裏ソロ)

という事でカープが本拠地で2連勝!

広島2勝
日本ハム0勝

となりました。

ビデオ判定は誤審だったのか?

では、試合の行方を左右した問題のシーンを振り返ってみましょう。

6回の表、先頭の田中広輔選手が2ベースヒットを放ち、ノーアウト2塁。
ここで続く2番菊池涼介選手がレフト前ヒットを放ちます。

そしてセカンドランナー田中選手は3塁を回ってホームに突入。
レフト西川遥輝選手はバックホーム。
強肩を生かした素晴らしい返球がきて、微妙なタイミングでしたが、審判の判定はアウト!

ここでカープの緒方監督が抗議に出て、ビデオ判定を要求。
今季からホームのクロスプレー判定はビデオ判定を要求する事ができるのですが、微妙なタイミングだったので、この要求は当然です。

そしてビデオ判定の結果・・・判定はセーフに!
これでカープは勝ち越し、ここからファイターズは大きく崩れたので、この試合のターニングポイントだったと思います。

試合後、「実はあの判定は誤審だったのでは?」と話題になりました。

つまり、ビデオ判定を要求してリプレイ検証が行われ判定が覆りましたが、実は最初の判定通りアウトだったのでは?という事のようです。

Yahooのリアルタイムキーワードランキングでも、「誤審」というワードがトレンド入りするほど。

地上波中継のリプレイスロー映像を見た私の個人的な意見ですが、田中選手が神スライディングで上手くタッチをかわしていてセーフのように見えましたが、どうやら「タッチできていたのであれはアウト」という意見も多くあるようです。

その為、「あれは大誤審」という意見が出ているみたいですね。

そう言われると確かにキャッチャー大野選手のミットが田中選手のヘルメットに触れているようにも見えますね。
ツイッター上に出回っているスロー動画は確実にヘルメットにタッチしています。

うーん、もう分かりません!
本当に微妙なタイミングです。
真実はどうなのでしょうか・・・

解説を務めていた達川光男さん曰く「アウトがセーフになったら野球の醍醐味がなくなる」との事でした。
まあ、これは真実どうこうではなく、一度アウトと判定したのが、ビデオ判定でセーフに覆るのが気に入らないという事でしょうね。

とにかく、もしもアウトで誤審だったとしても、4点差もつけられてファイターズは敗れているので、純粋にこの2連戦はカープの方が良い野球をしていたと思います。
まあ、あのシーンがこの試合の流れを大きく左右したのは間違いないですし、ビデオ判定をした上での誤審ならばこれは問題ですが。

火曜日からは本拠地札幌ドームに移動するので、ファイターズにはそこで意地を見せて欲しいですね!
あのソフトバンクホークス相手に大逆転優勝したチームの実力は、こんなもんじゃないはず!

ちなみに、この第2戦目の審判団は、

球審 白井
塁審(一) 本田
塁審(ニ) 丹波
塁審(三) 小林
外審(左) 川口
外審(右) 嶋田

というメンバーで、責任審判は丹波さんでした。

勝因と敗因

カープの勝因は、まず野村投手がしっかりと試合を作り、相手のミスに乗じて確実に得点した事でしょうか。

逆にファイターズは先発・リリーフともピリッとせず、2日続けて失点に繋がるミスをした事と、打線に元気がないです。
ランナーは出るのですが、チャンスであと1本が出ない!

札幌ドームに戻ってどうなるのかに注目です!

第3戦目の先発投手は?

移動日を挟み、10月25日(火)に行われる第3戦目の先発ピッチャーですが、この記事更新時点ではまだ予告先発が発表されていませんので予想をしてみました。

広島東洋カープ
黒田博樹
10勝8敗 防御率3.09

北海道日本ハムファイターズ
有原 航平
11勝9敗 防御率2.94

今シーズン限りで引退を表明した、男気・黒田博樹投手が投げる予定ですよ。
結果次第では、現役最後の登板になるかもしれません。

まとめ

日本シリーズ2016第2戦目は、広島東洋カープが勝利して、2連勝で札幌に乗り込みます。

対するファイターズは、本拠地札幌ドームで本来の強さを取り戻せるかに注目!

ビデオ判定での誤審疑惑がありましたが、正直どっちか分かりませんね。
あれはアウトだったのか・・・セーフだったのか・・・

とにかくカープがこのまま勢いに乗るのか、ファイターズが意地をみせるのか、第3戦目が楽しみです。

 - スポーツ , , ,