気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【プロ野球2018】セ・パ開幕戦の日程と対戦カード!本拠地の決め方は?

      2018/03/20

プロ野球は現在オフシーズンとなっておりますが、そろそろ春季キャンプが近づいてきて、ファンの方々にとっては開幕が待ち遠しくなってくる季節ですよね。

ここで気になるのは、

「2018年シーズンはいつ開幕するのか?」

という事です。

そこで今回はプロ野球2018年シーズンの・・・

「セ・パ開幕戦はいつなのか?」

「セ・パ開幕戦組み合わせ」

「本拠地開幕(開幕権)の決め方」

などをまとめてみました。

Ads by Google

2018年シーズンの開幕はいつ?

まず始めに、プロ野球2018年シーズンの開幕戦はいつからなのかですが、今季はセ・パ同時開幕となっており・・・

”2018年3月30日(金)”

にセ・リーグもパ・リーグも同日開幕します。

※ただし、雨天中止の場合などは除きます。

これは去年より1日早い開幕になりますね。
(2017年は3月31日(金)でした)

2018年シーズン開幕戦の対戦カードと日程・時間

それでは、2018年シーズンの開幕戦の対戦カード、日程・時間などを確認してみましょう。

※左が本拠地開幕権を持つホームチームです。
つまり主催ですね。

セ・リーグ

2018年3月30日(金)18:00
巨人 – 阪神
(東京ドーム)

2018年3月30日(金)18:30
DeNA – ヤクルト
(横浜スタジアム)

2018年3月30日(金)18:00
広島 – 中日
(マツダスタジアム)

パ・リーグ

2018年3月30日(金)18:30
日本ハム – 西武
(札幌ドーム)

2018年3月30日(金)18:30
ロッテ – 楽天
(ZOZOマリンスタジアム)

2018年3月30日(金)18:30
ソフトバンク – オリックス
(ヤフオクドーム)

ーーーーーーーーーー

このようにセ・リーグは読売ジャイアンツ、横浜DeNAベイスターズ、広島東洋カープ、
パリーグは北海道日本ハムファイターズ、千葉ロッテマリーンズ、福岡ソフトバンクホークスの本拠地で開幕戦を迎えることになります。

もちろん全て3連戦を予定!

本拠地開幕の決め方

開幕戦を本拠地で迎えられるのは当然有利ですが、その開幕権は一体どのようにして決められているのか?と気になりますよね。

現在はセ・パによって開幕権の決め方が異なります。

どのような決め方になっているかというと・・・

・セリーグは2年前のAクラス!
・パリーグは3年前のAクラスのチーム!

が本拠地で開幕戦を迎えるルールになっています。

つまり2018年の場合、セ・リーグは2016年の上位3チーム、パ・リーグは2015年の上位3チームの本拠地で開幕戦が行われるのです。

なぜセ・パで異なるのか?

なぜセ・リーグとパ・リーグで開幕権が異なるのかですが、もともと2001年まではセ・パともに前年のAクラスのチームが本拠地で開幕戦を迎えるルールでした。

2002年は、サッカーの日韓ワールドカップの影響で、特例的に全国6大都市(札幌、東京、名古屋、大阪、広島、福岡)で開幕戦を行いました。

その為、本来開幕権を持っていたチームの為に、それを2003年に持ち越し、2003年からは2年前のAクラスのチームが本拠地で開幕戦を迎えるルールに変更。

しかし、2011年は東日本大震災の影響で4月の中旬に開幕が延期。
これに伴い、2年前の順位とは関係なく開幕戦が行われました。

この影響から、2012年はセ・リーグはそのまま2年前のAクラスのチームが本拠地で開幕戦を迎えるルールを継続したのですが、パリーグは本来2011年に開幕権を所有していたチームに開幕権を持ち越すことになりました。
これによりパ・リーグだけ3年前のAクラスが本拠地で開幕戦を迎えるルールとなったのです。

このような流れから、現在の”セリーグは2年前のAクラス、パリーグは3年前のAクラスのチーム”が開幕権を持つというルールに。

阪神だけ違う場合も?

ただし、阪神タイガースだけは少し特殊な事情があり、開幕権が異なる場合があります。

つまり、本来は本拠地で開幕するはずなのに、ビジターで開幕を迎える可能性があるということ!

これはなぜかというと、プロ野球の開幕戦と春の選抜高校野球の開催時期が重なる為、阪神は本拠地・甲子園球場を使用することができません。
その為、代わりに京セラドーム大阪を使用したり、開幕権を返上し、2年前のBクラスのチームが代わりに本拠地で開幕戦を迎えることになります。

京セラドーム大阪で開幕しようとしても、本来京セラドーム大阪を本拠地とするオリックス・バファローズも開幕権を所有する為、阪神と被ってしまうんですよね。

なので、本拠地開幕を諦め開幕権を返上し、開幕権を対戦相手に譲る年もあるのです。

最近だと、2017年なんかはそうでしたよね!
ちなみに今年はルール通りです。

まとめ

プロ野球2018年シーズンの開幕戦に関する情報をご紹介させて頂きました。

本拠地開幕権に関しては、”セリーグは2年前のAクラス、パリーグは3年前のAクラスのチーム”に与えられます。

しかし、阪神タイガースだけは春の選抜高校の影響で甲子園が使えず、代わりの京セラドーム大阪もオリックスが開幕戦を行う為使用できず、開幕権を返上して敵地で開幕することもあります。

代わりに本拠地で開幕戦を迎えられるチームはラッキーですね。

今年は開幕戦から巨人阪神による伝統の一戦もありますし、ファイターズのドラフト1位ルーキー清宮幸太郎選手や中日ドラゴンズ松坂大輔投手など見どころ満載!

とにかく2018年プロ野球の開幕は、セ・パともに2018年3月30日(金)なのでお楽しみに!

※プロ野球見るならこちらがオススメ!
▶スカパー!プロ野球セット
テレビでセ・パ12球団全試合放送!

DAZN(ダ・ゾーン)
巨人を除く11球団の主催公式戦をインターネットライブ配信!

 - スポーツ