気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【CSファイナル第2戦】日ハムVSソフトバンク!福田のダブルスチールで逆転勝利!

   

2016年10月13日(木)、パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦「北海道日本ハムファイターズVS.福岡ソフトバンクホークス」が行われました。

初戦勝利したファイターズは、この試合勝つと日本シリーズ進出へ王手をかける大事な一戦。
対するホークスはこの試合を落とすと追い込まれるという状況でした。

という事で今回は第2戦目の、

「スタメン」

「試合詳細&結果」

をまとめてみました。

試合は、走塁のスペシャリストによる盗塁・重盗が大きなの鍵となりました!

Ads by Google

第1戦目の結果

まずは、2016年10月12日(水)に行われた第1戦目の試合を振り返ってみましょう。

日本ハム6-0ソフトバンク

先発投手は、

日本ハムが大谷翔平投手
ソフトバンクが武田翔太投手

の投げ合いでした。

試合は5回の裏に動きました。
武田投手のバント処理のミスでノーアウト満塁としたファイターズが、西川選手の2点タイムリーで先制。
さらに近藤選手の2点タイムリー、トドメは中田翔選手の2ランホームランで一挙6得点を挙げて試合を決定づけました。

投げては大谷翔平投手が、ソフトバンク打線を7回1安打無失点に抑えて、あとは継投で逃げ切りました。

これでファイターズが、対戦成績を2勝0敗としました。

第2戦目のスタメン

それでは、2016年10月13日(木)に行われた、パ・リーグCSファイナルステージ第2戦目のスターティングメンバーから確認してみましょう

日本ハムのスタメン

1 (左) 西川遥輝
2 (右) 近藤健介
3 (指) 大谷翔平
4 (一) 中田翔
5 (二) 田中賢介
6 (中) 陽 岱鋼
7 (三) レアード
8 (捕) 大野奨太
9 (遊) 中島卓也

先発投手は、増井浩俊投手。

ソフトバンクのスタメン

1 (右) 中村晃
2 (二) 本多雄一
3 (中) 柳田悠岐
4 (一) 内川聖一
5 (指) 長谷川勇也
6 (三) 松田宣浩
7 (左) 明石健志
8 (遊) 今宮健太
9 (捕) 細川亨

先発投手は、中田賢一投手。

第2戦目の試合詳細&結果

さあ、日本ハムが勝てば日本シリーズ進出へ王手をかける重要な一戦を振り返ってみましょう。

試合詳細

先発投手は、

日本ハムが増井浩俊投手
ソフトバンクが中田賢一投手

と右腕同士の投げ合いとなりました。

先制したのはホークス。
2回の表、2アウト1、2塁のチャンスを作ると、今宮選手がセンターへタイムリーヒット。
続く細川選手がセカンドへタイムリー内野安打。
ホークスが2点を先制。
(日本ハム0-2ソフトバンク)

4回の裏、ファイターズは1アウト1、2塁からセンターへタイムリーヒットを放ち反撃開始。
(日本ハム1-2ソフトバンク)

5回の裏、1アウトランナーなしから、レアード選手がレフトスタンドへソロホームラン。
ファイターズが同点に。さすがパリーグ王者。
(日本ハム2-2ソフトバンク)

6回の裏、1アウト2塁でバッターは大谷翔平選手。
ここでホークスベンチは敬遠を指示。これに燃えたのが4番中田翔選手。
レフトへの勝ち越しタイムリー。
さらに陽選手もタイムリーヒットを放ちこの回2点を追加します。
(日本ハム4-2ソフトバンク)

8回の表、ホークスは2アウトランナーなしから、松田選手が宮西投手を捉えソロホームランを放ち1点差に。
(日本ハム4-3ソフトバンク)

9回の表、ホークスの攻撃。
マウンドにはファイターズの守護神マーティン投手。
この回の攻撃が凄かった!
1アウトから福田選手がデッドボールを足に受け出塁すると、盗塁を決めて一打同点のチャンス。
マーティン投手のクイックが遅いのを見逃しませんでした。
続く中村選手が四球を選び、1アウト1、2塁とすると、なんとここで重盗(ダブルスチール)を仕掛けて、ノーヒットで1アウト2、3塁という決定的なチャンスを作りました。
これは本当に凄かったですね。走力の大切さを思い知らされました。徹底的に足で攻めます。
すると本多選手が同点のタイムリーヒットを放ちます。
(日本ハム4-4ソフトバンク)

さらに、1塁走者の本多選手がすかさず盗塁を決めて、またも1アウト2、3塁のチャンスを作ると、柳田選手が勝ち越しのタイムリーヒットを放ちホークスが土壇場で逆転に成功。
(日本ハム4-5ソフトバンク)

続く内川選手の併殺崩れの間に3塁ランナーが帰り、もう1点追加。
試合をひっくり返しました!
(日本ハム4-6ソフトバンク)

9回の裏はホークスの守護神サファテ投手が3者凡退に抑えてゲームセット。

ホークスが劇的な逆転勝利を飾り、意地を見せました。
両チームともレベルが高すぎる!
ナイスゲームでした!見ていた方々は凄く面白かったのでは?

試合結果

日本ハム4-6ソフトバンク

勝ち投手:岩嵜
敗け投手:マーティン

ホームラン:レアード 1号(5回裏ソロ)、松田 1号(8回表ソロ)

ホークスが先制するも、ファイターズが追いつき、さらに逆転。
しかし9回の表にホークスが足を絡めた攻撃で、ファイターズの守護神マーティン投手を攻略し、逆転勝利を納めたという試合でしたね。

これで勝敗は、

日本ハムが2勝
ソフトバンクが1勝

と面白くなってきましたね。

福田秀平がキーマン!盗塁はノーサイン?

この試合、決勝打を放ったのは柳田悠岐選手でしたが、キーマン、いやヒーローは間違いなく福田秀平選手ですよね!

9回の表に代打で出場し、足にデッドボールを受け痛いにも関わらず、セカンドへ盗塁、さらにサードへダブルスチール(重盗)を決めて、試合の流れを引き寄せました。

これが結果的に試合を決める大きな盗塁となりました。
走塁のスペシャリスト福田秀平選手が足で奪った得点ですよね。

なお、この盗塁はベンチからのサインではなかったようです。
つまりベンチ指示は「行けると思ったら行け」でノーサインだったのです。

絶対に失敗は許されないという事ですから、福田秀平選手の勇気が呼んだ逆転勝利でしたね。
いや~お見事!

まとめ

パ・リーグCSファイナルステージ第2戦は、ソフトバンクが足を生かした攻撃で劇的な逆転勝利を納めました。

これで勝敗は、
日本ハムが2勝
ソフトバンクが1勝
となりました。

流石に昨年の王者であり日本一2連覇中のホークスは強いですね。

しかしながら、やはりパリーグ王者のファイターズも強い!

両チームともにレベルの高いチームで、レベルの高い試合でした。
見ていて本当に面白かったです。

果たして第3戦目は、どのような結果になるのでしょうか・・・!

予告先発は、
日本ハムが有原航平投手
ソフトバンクが千賀滉大投手
です。

 - スポーツ , ,