気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【平昌オリンピック】日本人メダル獲得者一覧!国別メダル数ランキング!

   

2月9日(金)~2月25日(日)にかけて・・・

「平昌オリンピック2018」

が韓国で開催されましたね!

開幕前はあまり盛り上がっていないなどの心配の声がありましたが、いざ開幕すると日本中大盛り上がりで、たくさんの感動を与えてくれました。

本当に日本選手団は素晴らしかったです。
結果的に、過去最多のメダルを獲得しました。

ここで気になるのは”メダル獲得者&獲得数”ですよね。

そこで今回は平昌オリンピック2018の・・・

「日本人メダル獲得者一覧」

「国別メダル獲得獲得数ランキング」

などをまとめてみました!

Ads by Google

日本人メダリスト一覧

まずは、平昌オリンピック2018の日本人メダル獲得者を確認してみましょう。

金メダル

高木 菜那

【スピードスケート】女子マススタート

高木 美帆、菊池 彩花、佐藤 綾乃、高木 菜那

【スピードスケート】女子チームパシュート

小平 奈緒

【スピードスケート】女子500m

羽生 結弦

【フィギュアスケート】男子シングル

銀メダル

宇野 昌磨

【フィギュアスケート】男子シングル

小平 奈緒

【スピードスケート】女子1,000m

渡部 暁斗

【ノルディック複合】個人ノーマルヒル

平野 歩夢

【スノーボード】男子ハーフパイプ

高木 美帆

【スピードスケート】女子1,500m

銅メダル

藤沢 五月、吉田 知那美、鈴木 夕湖、吉田 夕梨花、本橋 麻里

【カーリング】女子カーリング

高木 美帆

【スピードスケート】女子1,000m

高梨 沙羅

【スキージャンプ】女子ノーマルヒル個人

原 大智

【フリースタイルスキー】男子モーグル

合計獲得メダル数は?

上記の通りその合計獲得メダル数は・・・

13個

となりました!

日本としては長野五輪を10個を超える、冬季五輪史上最多を更新!

本当に素晴らしいですね。
大成功と言っても良いと思います。

内訳は・・・

・金メダル4個
・銀メダル5個
・銅メダル4個

という数字になり、金メダル獲得数は長野五輪の5個に次ぐ、史上2番目の多さとなりました。

メダルを獲得した競技は・・・

女子スピードスケートが6個
男子フィギュアが2個
男子ノルディック複合が1個
男子スノーボードが1個
女子カーリングが1個
女子スキージャンプが1個
男子モーグルが1個

このような内訳ですね!

これを見て分かる通り、女子スピードスケート男子フィギュアがかなり強いですね。

女子スピードスケートだけで、日本のメダル獲得数の過半数となっており、特に高木姉妹が凄い!
姉・菜那選手が金メダル2個、妹・美帆選手が金銀銅をコンプリートですからね。

そして小平奈緒選手も金銀を獲得しており、完全に女子スピードスケートは王国化していますね。
世界に通用する競技だと思います。

男子フィギュアも羽生結弦選手が2連覇となる金メダル、宇野昌磨選手が銀メダルのワンツーフィニッシュ!
世界的に見ても現状かなり強いことになります。

国別メダル獲得数ランキング

平昌オリンピック2018での国別合計メダル獲得数のランキングを確認してみましょう。

※金メダル数ランキングではなく、合計数ランキングです。

1位 ノルウェー39個
2位 ドイツ31個
3位 カナダ29個
4位 アメリカ23個
5位 オランダ20個
6位 韓国17個
6位 個人資格(ロシア)17個
8位 スイス15個
8位 フランス15個
10位 スウェーデン14個
10位 オーストリア14個
12位 日本13個
13位 イタリア10個
14位 中国9個
15位 チェコ7個
16位 フィンランド6個
17位 英国5個
18位 ベラルーシ3個
18位 スロバキア3個
18位 豪州3個
21位 ポーランド2個
21位 スロベニア2個
21位 スペイン2個
21位 ニュージーランド2個
25位 ウクライナ1個
25位 ハンガリー1個
25位 ベルギー1個
25位 リヒテンシュタイン1個
25位 ラトビア1個
25位 カザフスタン1個

ちなみに、金メダル獲得数ランキングだと1位は14個でノルウェー&ドイツが同率1位。

日本は4個で11位となります。

まとめ

平昌オリンピック2018の日本人メダル獲得者一覧などをご紹介させて頂きました。

日本人選手団のメダル獲得数合計は13個で史上最多を更新。

内訳は・・・

・金メダル4個
・銀メダル5個
・銅メダル4個

となりました!

特に強さが目立ったのは、女子スピードスケートと、男子フィギュアですね。
この2つは日本が世界屈指の強さだと思います。

もっと大まかに見ると、雪上競技よりも、日本は氷上競技が強いと言えるのではないでしょうか?

日本オリンピック委員会(JOC)が、今後どの競技をどのように強化していくのか注目ですね。

とにかく選手や関係者の皆さんお疲れ様でした。
日本中にたくさんの感動を与えてくれたオリンピックでしたね。

個人的には女子カーリングの初のメダル獲得は感動しました。
「そだねー」や「おやつタイム」も印象的でしたね。
今後、カーリングが流行りそうな予感。

さあ、次回の冬季五輪は2022年の北京オリンピック!
今から4年後が楽しみです!

 - スポーツ