気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【リオ五輪サッカー】コロンビア戦のスタメンと結果!決勝トーナメント進出条件は?

   

大熱狂に包まれているリオデジャネイロオリンピック2016!

すでに日本選手団はメダルを獲得する人も出ています。

そんな中、注目の男子サッカーのグループリーグ第2戦、
「日本対コロンビア」の試合が
2016年8月8日(日本時間)行われました。

という事で今回は、

「両チームのスタメン」

「試合経過と結果」

「グループリーグ突破の可能性と条件」

「次戦の相手と日程」

などを調べて分かりやすくご紹介。

Ads by Google

ナイジェリア戦のおさらい

まずは、日本時間2016年8月5日午前に行われた男子サッカーのグループリーグ初戦、
「日本対ナイジェリア」を振り返ってみましょう。

試合は壮絶な打ち合いになり

日本4-5ナイジェリア

で痛恨の黒星スタートを喫しました。

↓ナイジェリア戦の詳細はこちら

【リオ五輪サッカー】日本対ナイジェリアのスタメンと試合結果!敗因は?痛すぎる負け・・・

日本対コロンビアのスタメン

それでは両チームのスターティングメンバーを確認してみましょう。

日本のスタメン

GK
12 中村航輔

DF
2 室屋成
4 藤春広輝
5 植田直通
6 塩谷司

MF
3 遠藤航
9 矢島慎也
10 中島翔哉
14 井手口陽介

FW
13 興梠慎三
16 浅野拓磨

控えメンバー
GK 1 櫛引政敏
DF 15 亀川諒史
DF 17 岩波拓也
MF 7 原川力
MF 8 大島僚太
MF 18 南野拓実
FW 11 鈴木武蔵

監督
手倉森誠

コロンビアのスタメン

GK
1 クリスティアン・ボニジャ

DF
2 ウィリアン・テシジョ
3 デイビー・バランタ
4 デイベル・マチャド
5 フェリペ・アギラル

MF
14 セバスティアン・ペレス
15 ウィルマル・バリオス
16 ケビン・バランタ

FW
8 ドルラン・パボン
9 ミゲル・ボルハ
10 テオフィロ・グティエレス

控えメンバー
GK 18 ルイス・ウルタド
DF 13 ヘリベルトン・パラシオス
DF 17 クリスティアン・ボルハ
MF 6 ジェフェルソン・レルマ
FW 7 アルレイ・ロドリゲス
FW 11 ハロルド・プレシアド
FW 12 アンドレス・ロア

監督
カルロス・レストレポ

試合経過&結果

上記のスタメンでキックオフ。
負ければグループリーグ敗退が決定してしまう追い込まれた状況の一戦。

試合経過
相手は格上のコロンビア代表ですが、
日本はまずまずの試合運びを見せます。

前半は特にスコアの動きがなく拮抗した展開に。
0-0で前半を折り返しますが、
その代償として日本が3人も前半だけでイエローカードを貰ってしまいました。

前半イエロー
井手口陽介 (前半23分)
遠藤航 (前半31分)
室屋成 (前半39分)

そして後半がキックオフ。
後半14分、テオフィロ・グティエレス のシュートで
コロンビアが先制ゴール。
(日本0ー1コロンビア)

後半17分、日本は選手交代。
井手口陽介に代わって大島僚太を投入。
矢島慎也に代わって南野拓実を投入。
一気に2枚代えです。

後半20分、コロンビアがゴール前に入れたボールを、
なぜかオーバーエイジ枠で出場の藤春広輝が、焦って味方ゴールへ向けてクリア・・・
これが決まってしまい痛恨のオウンゴール。
(日本0ー2コロンビア)

藤春選手はなんか動きがおかしかったですね。
前半も決定機を外す場面が見られましたし。
オウンゴールなので仕方ないですが、ツイッターなどネット上では藤春選手が炎上する展開になっていました・・・

しかし後半22分、日本は浅野拓磨のゴールで1点差に詰め寄ります。
(日本1ー2コロンビア)

さらに後半29分、中島翔哉選手のスーパーシュートで同点に追いつきます。
まさにゴラッソ。素晴らしいゴールでした。
(日本2ー2コロンビア)

この辺からコロンビアの選手の足は止まり始め、
日本のペースとなっていましたよね。
細かいパス回しも有効で攻め立てます。

後半35分、藤春広輝に代わって亀川諒史を投入。

この後、亀川選手、浅野選手、中島選手、南野選手を中心に
コロンビアゴールに迫りますが、ここでタイムアップ。

結局、日本2ー2コロンビアのドローで試合終了。

試合結果
日本2ー2コロンビア

スタッツ
シュート:日本16 コロンビア8
枠内シュート:日本10 コロンビア2
フリーキック:日本17 コロンビア19
コーナーキック:日本7 コロンビア1
ボール保持率:日本55% コロンビア45%

スタッツを見ると、ポゼッションもそうですが全体的に日本が押していただけに勝ちたかったですね。
まあ、オウンゴールで最悪の流れになった後、よく同点に追いついて引き分けに持ち込みましたよ。

オーバーエイジ枠があまり機能してないように感じますので、
藤春選手を始めオーバーエイジ枠の選手たちには頑張って欲しいです。

グループリーグ突破の可能性と条件は?

第2戦のコロンビアとの試合を引き分けた事により、
現在のグループ暫定順位はこちら!

1位ナイジェリア 勝ち点6 得失点差2
2位コロンビア 勝ち点2 得失点差0
3位日本 勝ち点1 得失点差-1
4位スウェーデン 勝ち点1 得失点差-1

こうなっていますので、ナイジェリアはすでにグループ1位突破確定です。

気になる我らが日本代表ですが、
引き分けた事で決勝トーナメント進出の可能性は残りました。

しかしながら条件が厳しい!

まずは次のスウェーデン戦に勝利が絶対条件。
その上で、コロンビアがナイジェリアとの試合に負けるか引き分けると日本がグループ2位で突破出来ます。

もう一つの条件が、スウェーデン戦で日本が引き分けた場合。
その場合はコロンビアがナイジェリアに2点差以上で負ければ日本が2位で決勝トーナメント進出。

ややこしいのは日本が引き分け、コロンビアが1点差で負けた場合ですが、
得失点差-1で並んでしまいます。
こうなると総得点が多い方が順位が上になるようです。

ちょっと分かりにくい感じですが、
日本の決勝トーナメント進出条件をまとめてみましょう!

決勝トーナメント進出条件まとめ

コロンビアがナイジェリアに勝った時点で消滅。

日本がスウェーデンに負けた時点で消滅。

日本がスウェーデンに勝った場合
→コロンビアがナイジェリアに引き分け以下だと、日本の決勝トーナメント進出が決定

日本がスウェーデンに引き分けた場合
→コロンビアがナイジェリアに負ける事が最低条件。(引き分けだと日本の敗退が決定)
→2点差以上でコロンビアが負けると、日本の決勝トーナメント進出が決定
→1点差でコロンビアが負けた場合、日本と得失点差で並ぶため、総得点の多い方が決勝トーナメント進出。

分かりやすくまとめるとこんな感じです。

次戦の日程は?

次の対戦相手は

スウェーデン代表

となっております。

8月11日(木)午前7時(日本時間)

にキックオフ予定です。

まとめ

という事で惜しくも日本代表はコロンビア相手に引き分けとなりました。

これでグループリーグ2戦1分け1敗の勝ち点1で3位。

しかしながら、まだ決勝トーナメント進出の可能性があります。
自力ではなく他力となりますが、奇跡を信じて応援しましょう!

 - スポーツ ,