気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【花園2021-22】国学院栃木ラグビー部メンバーと注目選手は?

   

2021年12月27日(月)から2022年1月8日(土)にかけて、「全国高校ラグビー2021-22(第101回全国高等学校ラグビーフットボール大会)」が開催されます!

「冬の花園」「ラグビー甲子園」などと呼ばれ、高校生ラガーマンたちにとっては、最高峰の舞台となります。

その出場校である「栃木県代表・国学院栃木高校ラグビー部」についてご紹介。

Bシードで全国大会常連の名門。
過去最高成績はベスト8。
2021年はセブンズ大会準優勝。

という事で今回は花園2021-22の・・・

「国学院栃木高校とは?」

「国学院栃木高校ラグビー部のデータ」

「国学院栃木高校ラグビー部のメンバー」

などをまとめてみました。

Ads by Google

国学院栃木高校ってどんな学校?

国学院大学栃木高等学校(こくがくいんだいがくとちぎこうとうがっこう)は、栃木県栃木市平井町に所在する私立高等学校。

正式には、國學院大學栃木高等学校と表記されます。

設置者は学校法人國學院大學栃木学園。

創立1960年の男女共学校。

部活動は、ラグビー、女子バレー、柔道、男子ハンドボール、陸上、薙刀、卓球、弓道、書道が有名。
特にラグビー部は全国屈指の強豪。

主な卒業生(有名人)
星善博 – 詩人
和田薫 – タレント事務所ハーモニープロモーション社長
石川恋 – 女優
柴小聖 – グラビアアイドル
栗原英雄 – 劇団四季
晴華みどり – 元宝塚歌劇団雪組娘役
中野佐資 – 元プロ野球選手
益田尚哉 – 元プロ野球選手
小関竜也 – 元プロ野球選手
渡辺俊介 – 元プロ野球選手
岡野知子 – 元バレーボール選手
福田舞 – バレーボール選手(岡山シーガルズ)
関李香 – バレーボール選手(岡山シーガルズ)
石田小枝 – バレーボール選手(日立リヴァーレ)
武井択也 – サッカー選手(松本山雅FC)
大島佐利 – 7人制日本代表選手(サントリーサンゴリアス)
田村優 – 日本代表選手(キヤノンイーグルス)
大出憲司 – ラグビーフットボール選手(豊田自動織機シャトルズ)
岩上篤史 – ラグビーフットボール選手(クボタスピアーズ)
小松学 – ラグビーフットボール選手(三菱重工相模原ダイナボアーズ)
手塚洋成 – ラグビーフットボール選手(クボタスピアーズ)
岩爪航 – ラグビーフットボール選手(クボタスピアーズ)
河合航 – ラグビーフットボール選手(豊田自動織機シャトルズ)
尾又寛汰 – ラグビーフットボール選手(ホンダヒート)
田村熙 – ラグビーフットボール選手(サントリーサンゴリアス)
小野貴久 – ラグビーフットボール選手(日野自動車レッドドルフィンズ)
塚原巧巳 – ラグビーフットボール選手(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)
宇賀神みずき – バレーボール選手(岡山シーガルズ)

など。

国学院栃木高校ラグビー部のデータ

創部
1989年

部員数
86人

監督
吉岡肇

主将
白石和輝くん(3年生)

全国高校ラグビー出場歴
22大会連続27回目

全国高校ラグビー最高成績
ベスト8

地区大会決勝の結果
国学院栃木99―0佐野日大

主なOB
大島佐利
田村優
大出憲司
岩上篤史
小松学
手塚洋成
岩爪航
河合航
尾又寛汰
田村熙
小野貴久
塚原巧巳
宇賀神みずき

など。

冬の花園は今回が22大会連続27回目の出場となる常連校。
今大会ではBシードに選ばれています。

2021年はセブンズ大会準優勝。

パスをつなぐ伝統の「ランニングラグビー」が特徴。
スクラム、モールも強く、展開力もあります。

毎年のように栃木予選は圧勝で全国高校ラグビー出場権を獲得しています。

国学院栃木高校ラグビー部の登録メンバー

それでは、「全国高校ラグビー2021-22(第101回全国高等学校ラグビーフットボール大会)」での国学院栃木高校ラグビー部登録メンバーを確認してみましょう。

※左から背番号、名前、学年、身長、体重。
※メンバーは追加・変更の可能性あり。

01 木村陽太  (2年) 174/100
02 吉田温広  (3年) 171/90
03 斎藤健太  (3年) 182/120
04 白石和輝  (3年) 178/95
05 山口幸之助 (3年) 183/108
06 山科亮   (3年) 178/90
07 長谷川太一 (3年) 175/84
08 小野田輝平 (3年) 170/84
09 飯野和音  (3年) 170/68
10 伊藤龍之介 (2年) 169/74
11 伊藤大暉  (3年) 170/75
12 田中大誠  (3年) 176/87
13 千葉央貴  (3年) 174/86
14 武藤倖吉  (3年) 164/68
15 青柳潤之介 (2年) 177/82
16 尾花大智  (3年) 171/91
17 尾池政人  (2年) 166/86
18 佐藤蒼   (2年) 177/118
19 岡部義大  (2年) 177/90
20 北村優   (2年) 175/85
21 桜井瑛太  (2年) 169/84
22 絵野沢悠佑 (3年) 171/83
23 山田壮   (2年) 178/89
24 国原碧東  (3年) 168/70
25 上羽健   (3年) 174/82
26 石野慎之助 (3年) 174/75
27 大友倖介  (3年) 178/85
28 桜井力   (3年) 167/78
29 久保太志郎 (3年) 174/78
30 池崎稜   (3年) 178/81

注目選手

青柳潤之介(2年)
スピードがありトライを量産できる選手。
父は三洋電機で活躍し大東大監督も務め、現在はパナソニックのコーチを務める青柳勝彦さん。

まとめ

「全国高校ラグビー2021-22(第101回全国高等学校ラグビーフットボール大会)」に出場する、栃木代表・国学院栃木高校ラグビー部やメンバー、出身中学などについてご紹介させて頂きました。

冬の花園は今回が22大会連続27回目の出場となる常連校。
今大会ではBシードに選ばれています。

2021年はセブンズ大会準優勝。

パスをつなぐ伝統の「ランニングラグビー」が特徴。
スクラム、モールも強く、展開力もあります。

果たして初優勝なるでしょうか・・・!

▼こちらもチェック!

 - スポーツ ,