気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【ロシアW杯2018】サッカーオーストラリア代表メンバー&日程!背番号は?

      2018/06/08

いよいよ2018年6月14日(木)~7月15日(日)にかけて、男子サッカーの世界最大の祭典である「2018FIFAロシアワールドカップ」が開催されます!

今回はその出場国の一つである・・・

「オーストラリア代表」

についてまとめました!

4大会連続5回目の出場となる国で、FIFAランキングは36位。
アジア最終予選ではかなり苦戦を強いられ、プレーオフの末、出場権を獲得。

監督交代劇もあり、不安の残る状態ですね・・・

果たしてどのようなチームとなっているのか?どんな選手がいるのか?など気になると思います。

そこで今回はロシアワールドカップ2018の・・・

「オーストラリア代表メンバー一覧」

「所属クラブ」

「背番号」

「過去のワールドカップでの成績」

「注目選手」

などをまとめてみました!

Ads by Google

オーストラリア代表の日程

まずは、ロシアワールドカップ2018でのオーストラリア代表の試合スケジュールを確認してみましょう!

※グループリーグ。

6/16(土)19:00
フランスVS.オーストラリア

6/21(木)21:00
デンマークVS.オーストラリア

6/26(火)23:00
オーストラリアVS.ペルー

このように、グループCに属しており、フランス、デンマーク、ペルーと同組!

オーストラリア代表の過去のワールドカップ成績

ワールドカップでの過去の成績を確認してみましょう!

1930年:(不参加)
1934年:(不参加)
1938年:(不参加)
1950年:(不参加)
1954年:(不参加)
1958年:(不参加)
1962年:(不参加)
1966年:(予選敗退)
1970年:(予選敗退)
1974年:グループリーグ敗退
1978年:(予選敗退)
1982年:(予選敗退)
1986年:(予選敗退)
1990年:(予選敗退)
1994年:(予選敗退)
1998年:(予選敗退)
2002年:(予選敗退)
2006年:ベスト16
2010年:グループリーグ敗退
2014年:グループリーグ敗退

ベスト16入りの経験はあるものの、あまり良い成績が残せていません。

オーストラリア代表メンバー一覧

それでは、オーストラリア代表メンバー一覧を所属クラブとともに確認してみましょう!

※追加・変更の可能性あり。

GK

12 ブラッド・ジョーンズ(フェイエノールト/オランダ)
1 マシュー・ライアン(ブライトン/イングランド)
18 ダニエル・ヴコヴィッチ(ヘンク/ベルギー)

DF

16 アジズ・ベヒッチ(ブルサスポル/トルコ)
2 ミロシュ・デゲネク(横浜F・マリノス/日本)
6 マシュー・ジャーマン(水原三星/韓国)
3 ジェームス・メレディス(ミルウォール/イングランド)
19 ジョッシュ・リズドン(ウェスタン・シドニー)
20 トレント・セインズバリー(グラスホッパー・クラブ/スイス)

MF

22 ジャクソン・アーバイン(ハル・シティ/イングランド)
15 ミル・ジェディナク(アストン・ビラ/イングランド)
10 ロビー・クルーズ(ボーフム/ドイツ)
8 マッシモ・ルオンゴ(クイーンズ・パーク・レンジャーズ/イングランド)
5 マーク・ミリガン(アル・アハリ/サウジアラビア)
13 アーロン・ムーイ(ハダースフィールド/イングランド)
23 トーマス・ロギッチ(セルティック/スコットランド)

FW

17 ダニエル・アルザニー(メルボルン・シティ)
4 ティム・ケーヒル(ミルウォール/イングランド)
9 トミ・ユリッチ(FCルツェルン/スイス)
7 マシュー・レッキー(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
11 アンドリュー・ナバウト(浦和レッズ/日本)
21 ディミトリ・ペトラトス(ニューカッスル・ジェッツ)
14 ジェイミー・マクラーレン(ダルムシュタット/ドイツ)

監督

ベルト・ファン・マルバイク

-------

このようなメンバーとなりました!

欧州リーグでプレーする選手が多め!

Jリーグ勢は横浜F・マリノスのミロシュ・デゲネクと、浦和レッズのアンドリュー・ナバウトの二人がメンバー入り。

順当なメンバーですね。

やはりオーストラリア代表といえば、高さがあり、守備が堅い印象です。
なので攻撃陣の奮起が鍵を握りそう。

注目選手

注目選手を確認してみましょう!

トーマス・ロギッチ

セルティックに所属。

ダイナミックなボールを運びと、繊細なタッチで効果的なパスを供給。
司令塔のポジションを任されることが多いです。

周りも良く見えて自らも得点に積極的絡むスタイルで、とにかくテクニックがある選手で、身長190㎝近くと高さもあります。

トミ・ユリッチ

FCルツェルンに所属。

大型フォワードで強靭なフィジカルの持ち主。

前線で強さと速さを発揮し、強引にシュートに持ち込みます。

ティム・ケーヒル

ミルウォールに所属。

日本キラーとして有名な大ベテラン選手ですよね。

とにかく攻撃的で高いジャンプ力を生かした正確なヘディングと、決定力が武器。
またシュート力も高いです。

ペナルティーエリア内では、本当に危険な働きをするストライカー。

マシュー・レッキー

ヘルタ・ベルリンに所属。

今シーズンはブンデスリーガで5得点を記録。

スピードと突破力のあるサイドアタッカー。

まとめ

ロシアワールドカップ2018に出場する、オーストラリア代表メンバー一覧をご紹介させて頂きました!

4大会連続5回目の出場となる国。

メンバーは欧州リーグでプレーする選手が多め。
ただし、ビッグクラブでプレーする選手はいませんね。

高さと堅い守備が持ち味のチーム。
なので攻撃陣が鍵。

グループリーグでは、グループCに属しており、フランス、デンマーク、ペルーと同組!

ぜひご注目下さい!

▼日程と視聴方法はこちら!

 - スポーツ ,