気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【WBC2017】侍ジャパンメンバー先行発表18名は?残りの予想は?球団別人数は?

      2017/02/05

野球の世界大会である「WBC2017(ワールド・ベースボール・クラシック)」が2017年3月に開催されますよね。

そんなWBC2017を戦う侍ジャパンメンバー(野球日本代表メンバー)の一部が、2016年12月20日(火)に先行発表されました。

最終登録期限は来年の2月なので、まだまだ時間がありますが、「小久保裕紀監督の強い意向」で前倒しで発表することになったそうです。

という事で今回は、

「先行発表された18名」

「球団別選出人数」

「残りのメンバー予想」

「最終登録期限は?」

などをまとめてみました。

ちなみに、先行発表されたのは18人で、最終メンバーは28人となります。

※青木宣親選手(ヒューストン・アストロズ)が追加発表されましたので、先行発表19人で残り9人となります。

※【確定版】最終登録メンバーはこちら!
【WBC2017】侍ジャパン最終登録メンバー!背番号や成績、球団別人数まとめ!

Ads by Google

先行発表された18名の侍ジャパンメンバー

それでは、2016年12月20日(火)に一部先行発表されました、「WBC2017」の侍ジャパンメンバーの一覧を確認してみましょう。

投手

増井浩俊(北海道日本ハムファイターズ)
宮西尚生(北海道日本ハムファイターズ)
大谷翔平(北海道日本ハムファイターズ)
牧田和久(埼玉西武ライオンズ)
則本昂大(東北楽天イーグルス)
菅野智之(読売ジャイアンツ)
秋吉亮(東京ヤクルトスワローズ)

捕手

大野奨太(北海道日ハムファイターズ)
嶋基宏(東北楽天イーグルス)

内野手

中田翔(北海道日本ハムファイターズ)
松田宣浩(福岡ソフトバンクホークス)
菊池涼介(広島東洋カープ)
坂本勇人(読売ジャイアンツ)
山田哲人(東京ヤクルトスワローズ)

外野手

内川聖一(福岡ソフトバンクホークス)
秋山翔吾(埼玉西武ライオンズ)
鈴木誠也(広島東洋カープ)
筒香嘉智(横浜DeNAベイスターズ)

ーーーーーーーーーー
上記が前倒しで発表された侍ジャパンメンバー18名です。

この中で、2016年11月に行われたオランダ代表&メキシコ代表と強化試合メンバーには選ばれてなかった選手で、今回新たに招集されたのは牧田和久(西武)、則本昂大(楽天)の二人ですね。
菅野智之(巨人)は、選出はされていましたが、試合への出場は無しでした。

まあ、常連メンバーが多めですよね。

球団別選出人数

球団別に代表メンバー選出人数を見てみましょう。

北海道日本ハムファイターズ5人
福岡ソフトバンクホークス2人
広島東洋カープ2人
読売ジャイアンツ2人
横浜DeNAベイスターズ1人
東京ヤクルトスワローズ2人
埼玉西武ライオンズ2人
東北楽天ゴールデンイーグルス2人

となっています。

現時点で一人も選ばれていないのは、

中日ドラゴンズ
千葉ロッテマリーンズ
阪神タイガース
オリックス・バファローズ

の4球団です。

今回選ばれなかった有力選手は?

今回選ばれなかった選手の中にも、優秀な選手が沢山います。
侍ジャパンには残り10人の枠がありますが、その候補選手たちとなります。

投手

武田翔太(ソフトバンク)
千賀滉大(ソフトバンク)
石川歩(ロッテ)
野村祐輔(広島)
田口麗斗(巨人)
山崎康晃(DeNA)
石田健大(DeNA)
藤浪晋太郎(阪神)
岡田俊哉(中日)
和田 毅(ソフトバンク)
澤村拓一(巨人)
岩貞祐太(阪神)
田島慎二(中日)
益田直也(ロッテ)
岸孝之(西武)
菊池雄星(西武)
松井裕樹(楽天)
平野佳寿(オリックス)
西勇輝(オリックス)

野手

中島卓也(日本ハム)
小林誠司(巨人)
田中広輔(広島)
丸 佳浩(広島)
村田修一(巨人)
福留孝介(阪神)
川端慎吾(ヤクルト)
平田良介(中日)
大島洋平(中日)
西川遥輝(日本ハム)
中村 晃(ソフトバンク)
田村龍弘(ロッテ)
角中勝也(ロッテ)
森 友哉(西武)
浅村栄斗(西武)
糸井嘉男(オリックス)
T-岡田(オリックス)

残りメンバーの予想は?

WBC2017侍ジャパンメンバーの最終登録選手の枠は28名で、今回発表されたのは18名。
なのであと10人選ばれる訳ですが、残りのメンバーはどうなるのか予想してみたいと思います。

まず、日本人メジャーリーガーですが、現時点で参加が不透明なので、予想からは外します。
上原浩治投手は出場に意欲的などと報道がありますが、恐らく前回同様に日本人メジャーリーガーは誰も参加しないと予想。

日本人メジャーリーガーは、ダルビッシュ有投手、イチロー選手、田中将大投手、前田健太投手、岩隈久志投手、青木宣親選手など、実力者たちが揃いますが、チーム事情や故障を考えてなど、様々な理由で出場しないのではないかと思います。

なので日本プロ野球界の選手たちから考えると、

投手
千賀滉大(ソフトバンク)
藤浪晋太郎(阪神)
武田翔太(ソフトバンク)
菊池雄星(西武)
益田直也(ロッテ)
岡田俊哉(中日)
松井裕樹(楽天)
田島慎二(中日)

野手
中島卓也(日本ハム)
田村龍弘(ロッテ)
小林誠司(巨人)
中村 晃(ソフトバンク)
西川遥輝(日本ハム)
角中勝也(ロッテ)
川端慎吾(ヤクルト)

ちょっと10人をオーバーしちゃいましたが、残りメンバーはこの中から選ばれるのではないかと思います。

あと、投手限定の話になるのですが、WBC2017では予備投手10人を登録し、大会期間中に出場登録選手28人との入れ替えが可能になる新ルールが採用されるとの報道がありましたので、そうなると投手陣はほとんどの有力選手が予備登録メンバーとして選ばれそうですね。

※残りメンバー予想は、あくまで私の個人的な予想なのでご了承下さい。
※日本人メジャーリーガーが誰も参加しないと考えた時のメンバーです。

最終登録期限は?

気になる最終メンバー28名の登録期限は、

2016年2月6日(月)

となっております。

まとめ

2017年3月に開幕する第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC2017)の、先行発表された侍ジャパンメンバー18人をご紹介させて頂きました。

残り10人は誰になるのか、また日本人メジャーリーガーは参戦するのかに注目です。

他にもちょっと左腕不足が心配なのでそこをどうするのか、捕手最後の1枠は誰になるのかなども気になりますね。

 - スポーツ , ,