気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

サッカーサウジアラビア代表は強い?弱体化から復活!日本戦のスコア予想!

   

男子サッカーのロシアワールドカップアジア最終予選で、2016年11月15日(火)に日本代表の対戦相手が・・・

”サウジアラビア代表”

です。

現在、ロシアワールドカップアジア最終予選でグループ首位を走り、ワールドカップ出場権獲得を目指すグループ3位の日本代表からすれば、ライバル国であり、非常に邪魔な存在となります。

ここで気になるのは、このサウジアラビア代表は強いのか?という事ですよね。

そこで今回は、

「FIFAランキング」

「強いのか?」

「主要国際大会の戦績」

「弱体化していた?」

などサウジアラビア代表に関する事ををまとめてみました。

そして、日本代表VS.サウジアラビア代表の勝敗予想も!
果たして日本代表は勝てるのでしょうか・・・!

Ads by Google

FIFAランキング

まずサウジアラビア代表の最新のFIFAランキングから確認してみましょう。

FIFAランキングは「54位」です。

日本は「51位」なので、FIFAランクを見ると大体同レベルですね。

ちなみに、AFCアジアランキングだと、日本が「5位」サウジアラビアが「6位」となっています。

サウジアラビア代表は強いのか?

強いか弱いかで言うと、”強い”と思います。

FIFAランキングこそ日本代表の方が少し上ですが、現在行われているロシアワールドカップアジア最終予選では、現在グループ首位に立ち、日本代表の上にいます。

4試合で3勝1分けと未だ無敗。
グループ1位の8得点に加え、グループ1位タイの失点の少なさと、チーム成績を見ても強さが分かりますよね。

その強さの理由ですが強力攻撃陣と、サウジアラビア代表の指揮を執る名将ベルト・ファン・マルバイク監督によるものだと思われます。

オランダ人の監督で、かつて欧州リーグのボルシア・ドルトムント、フェイエノールト、ハンブルガーSVなどで監督を務め、さらに元オランダ代表監督でもあります。
しかもその際、2010年のFIFAワールドカップ・南アフリカ大会でオランダ代表を準優勝に導いている名将。

あと、サウジアラビア代表はどうも審判に好かれているというか、今回のロシアワールドカップアジア最終予選では結構PKを多く貰っているんですよね。
レフェリーを買収しているなんて事はないとは思いますが、そこら辺も注意ポイントかと思われます。

ちなみに日本代表との過去の対戦成績は、11試合行い日本の7勝、サウジアラビアの3勝、引き分けが1つとなっています。

主要国際大会での戦績

サウジアラビア代表のFIFAワールドカップや、AFCアジアカップなど、国際大会での過去の成績を確認してみましょう。

FIFAワールドカップ

1930 – 不参加
1934 – 不参加
1938 – 不参加
1950 – 不参加
1954 – 不参加
1958 – 不参加
1962 – 不参加
1966 – 不参加
1970 – 不参加
1974 – 不参加
1978 – 予選敗退
1982 – 予選敗退
1986 – 予選敗退
1990 – 予選敗退
1994 – ベスト16
1998 – グループリーグ敗退
2002 – グループリーグ敗退
2006 – グループリーグ敗退
2010 – 予選敗退
2014 – 予選第3ラウンド敗退

ワールドカップ出場回数は3回

過去最高成績は1994年のベスト16

FIFAコンフェデレーションズカップ

1992 – 準優勝
1995 – グループステージ敗退
1997 – グループステージ敗退
1999 – 4位
2001 – 不参加
2003 – 不参加
2005 – 不参加
2009 – 不参加
2013 – 不参加

コンフェデレーションズカップ出場回数は4回

過去最高成績は1992年の準優勝

AFCアジアカップ

1956 – 不参加
1960 – 不参加
1964 – 不参加
1968 – 不参加
1972 – 不参加
1976 – 不参加
1980 – 不参加
1984 – 優勝
1988 – 優勝
1992 – 準優勝
1996 – 優勝
2000 – 準優勝
2004 – グループリーグ敗退
2007 – 準優勝
2011 – グループリーグ敗退
2015 – グループリーグ敗退

アジアカップ出場回数は9回

過去最高成績は1984年、1988年、1996年の優勝3回

アジアカップ優勝回数3回は、アジア最多の優勝4回を誇る日本に次いで2位となっています。

ガルフカップ

1970 – 3位
1972 – 準優勝
1974 – 準優勝
1976 – 5位
1979 – 3位
1982 – 4位
1984 – 3位
1986 – 3位
1988 – 3位
1990 – 辞退
1992 – 3位
1994 – 優勝
1996 – 3位
1998 – 準優勝
2002 – 優勝
2003 – 優勝
2004 – 1回戦敗退
2007 – 3位
2009 – 準優勝
2010 – 準優勝
2013 – グループリーグ敗退
2014 – 準優勝

過去最高成績は優勝が3回

ガルフカップとは、アラブサッカー連盟(UAFA)が主催する、ペルシア湾岸諸国のナショナルチームによるサッカーの国際大会です。

弱体化から復活?

先ほどご紹介した過去の国際大会での成績を見れば分かりますが、サッカーのサウジアラビア代表は、過去アジアを代表する強豪国でした。

最近は国際大会で全く結果が出ていませんが、昔は日本より遥かに強かったんですよ。
つまり、昔は強かったですが、近年は弱体化してきていたという事です。
日本が最後に対戦した2011年のアジアカップでは、日本が5-0で圧勝していますからね。

しかし!ロシアワールドカップアジア最終予選での快進撃を見ても分かる通り、最近また復活して強くなってきました!

やはり、元オランダ代表監督でワールドカップ準優勝に導いた経験もある、名将ベルト・ファン・マルバイク監督の就任が大きいように感じます。
まだ就任してから1年ほどですが、たった1年でここまでチームを建て直すとは、警戒が必要ですね。

メンバーはほとんどが国内組?

今回、日本と対戦する為に来日したサウジアラビア代表メンバーを見ても分かるのですが、サウジアラビア代表メンバーはほぼ全員が国内組で構成されています。

どうやらサウジアラビアの選手は海外移籍に消極的なようなんですよね。

ただ、国内組ばかりという事はお互いをよく知っているでしょうから、チームワークにも警戒したいところ。

サウジアラビア代表メンバー一覧はこちら

日本代表VS.サウジアラビア代表の結果予想

それでは、2016年11月15日(火)に行われる「日本代表VS.サウジアラビア代表」の勝敗を予想したいと思います。

スコアは1-0か、2-1で日本代表が勝つと予想!

ホームでの開催ですし、清武選手や原口選手、大迫選手などの調子の良い選手を積極的に起用すれば、勝ってくれるのではないかと思います。

※あくまで私の個人的な予想なのでご了承下さい。

まとめ

2018年ロシアワールドカップ出場権獲得に向け、日本の前に立ちはだかるサウジアラビア代表について詳しくご紹介させて頂きました。

かつてのアジアの強豪国が弱体化から復活してきたように感じますので、本当に要注意ですが、絶対に負けられない一戦となります。

厳しい戦いになることも予想されますが、日本代表には、必ず勝利してもらいたいですね!

日本VSサウジアラビアのテレビ放送予定&日程はこちら!

 - スポーツ , ,