気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【選抜高校野球2021】出場校一覧!21世紀枠は?春の甲子園!補欠校は?

   

2021年3月19日(金)に阪神甲子園球場で開幕する・・・

”春のセンバツ高校野球2021
(第93回選抜高校野球大会)”

ですが、気になるのはその出場校ですよね。

去年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となりましたが、今年こそは必ず開催されて欲しいところ!

春のセンバツ高校野球は夏の甲子園と違って、各都道府県の地区予選を勝ち抜いたチームが出場権を得るのではなく、選考委員会の協議によって出場校が決定します。
さらに出場校数が、夏の甲子園に比べて少ないことや、21世紀枠という特別枠が存在するのも特徴ですね。

そんな中、2021年1月29日(金)に、その出場校32校が発表されました!

という事で今回は春のセンバツ高校野球2021の・・・

「出場校一覧」

「21世紀枠は?」

「補欠校一覧」

などをまとめてみました。

▼組み合わせ抽選会の視聴方法はこちら!

▼日程と組み合わせ!

Ads by Google

出場校一覧

それでは、選考委員会の協議の末決定し、2021年1月29日(金)に発表された、春のセンバツ高校野球2021(第93回選抜高校野球大会)の出場校一覧を確認してみましょう。

<北海道>

北海(北海道)10年ぶり13回目

<東北>

仙台育英(宮城)2年連続14回目
柴田(宮城)初出場

<関東・東京>

常総学院(茨城)5年ぶり10回目
健大高崎(群馬)2年連続5回目
専大松戸(千葉)初出場
東海大菅生(東京)6年ぶり4回目
東海大相模(神奈川)2年連続12回目
東海大甲府(山梨)5年ぶり6回目

<東海>

中京大中京(愛知)2年連続32回目
県岐阜商(岐阜)2年連続30回目

<北信越>

上田西(長野)初出場
敦賀気比(福井)5年ぶり8回目

<近畿>

京都国際(京都)初出場
大阪桐蔭(大阪)2年連続12回目
神戸国際大付(兵庫)4年ぶり5回目
天理(奈良)2年連続25回目
智弁学園(奈良)2年連続14回目
市和歌山(和歌山)2年ぶり7回目

<中国・四国>

鳥取城北(鳥取)2年連続3回目
広島新庄(広島)2年連続3回目
下関国際(山口)3年ぶり2回目
聖カタリナ学園(愛媛)初出場
明徳義塾(高知)2年連続20回目

<九州>

福岡大大濠(福岡)4年ぶり5回目
大崎(長崎)初出場
明豊(大分)3年連続5回目
宮崎商(宮崎)52年ぶり3回目

<21世紀枠>

八戸西(青森)=初出場
三島南(静岡)=初出場
東播磨(兵庫)=初出場
具志川商(沖縄)=初出場

21世紀枠について

春のセンバツ高校野球でよく見るのが「21世紀枠」という言葉ですよね。

これは何かというと、2001年が21世紀最初の年であることに因み、同年開催の第3回大会から設けられ、春のセンバツ高校野球出場校を決定する際の”特別枠”のことです。

部員不足や専用グラウンドがなかったりで練習場所の確保が難しかったり、豪雪地帯といった学校・地域の特性などの困難を克服し秋季大会などで結果を残した学校や、ボランティア活動といった野球以外の活動での地域貢献で他校の模範となる学校を選出するものです。

それでは、今大会で21世紀枠に選出された4校を詳しく見てみましょう。

<八戸西(青森)>

今回が初出場!
(春夏通じて)

特別支援学校に勤務する小川貴史さんが監督を務めます。
学年やポジションごとのミーティングを重視し、選手主体の活動。
清掃活動などを通じて特別支援学校と交流を深めています。

<三島南(静岡)>

今回が初出場!
(春夏通じて)

小学生をグラウンドに招いて行う野球教室などの取り組みを行うなど、地域貢献、競技普及活動が評価されたようです。
情報通信技術(ICT)を使い、リアルタイムでフォームの動作確認やスイングスピードを測定。目標の数値化、可視化により選手が主体的に練習に取り組んでいます。

<東播磨(兵庫)>

今回が初出場!
(春夏通じて)

秋の兵庫大会準優勝。
新型コロナウイルス感染拡大によって制限された中で、オンライン会議ツールの「Zoom」やメッセージアプリの「LINE」を積極的に活用し、選手と指導者が一体となって活動。
演劇部や放送部が、野球部の活動を題材にした内容で全国優勝を果たしています。

<具志川商(沖縄)>

今回が初出場!
(春夏通じて)

秋の沖縄大会準優勝。
喜舎場正太監督らチーム指導者は同校の卒業生で構成されています。
沖縄県内唯一の取り組みとして、地産商品の販売などを行う模擬株式会社「具商デパート」で、部員が店長・副店長を務め中心的役割を果たしています。

補欠校一覧

選抜高等学校野球大会では、「補欠校制度」というものがあり、補欠校は地域ごとに2校前後制定されます。

補欠校は、出場が決まっていた高校が何らかの理由により本大会参加辞退を余儀なくされた場合、代わりに出場することになります。

なので、これらの補欠校は何も無ければ出場機会はないです。

<北海道>

旭川実(北海道)
知内 (北海道)

<東北>

花巻東(岩手)
日大山形(山形)

<関東>

国学院栃木(栃木)
鎌倉学園(神奈川)

<東京>

日大三
二松学舎大付

<北信越>

星稜(石川)
関根学園(新潟)

<東海>

三重(三重)
岐阜第一(岐阜)

<近畿>

智辯和歌山(和歌山)
龍谷大平安(京都)

<中国>

米子東(鳥取)
桜ケ丘(山口)

<四国>

小松(愛媛)
鳴門(徳島)

<九州>

神村学園(鹿児島)
延岡学園(宮崎)

<21世紀枠>

富山北部・水橋(富山)
知内(北海道)

まとめ

春のセンバツ高校野球2021(第93回選抜高校野球大会)の出場校一覧をご紹介させて頂きました。

高校野球ファンからすればたまらない強豪校がたくさん出場しますので、開幕が楽しみで仕方ないですね。
特に関西勢は名門揃い・・・

また初出場が10校も!

さらに21世紀枠で選ばれた高校の躍進にも期待です。
最近は進学校の躍進も目立ちますので、個人的には進学校に期待したいところ。

果たして優勝するのはどの高校でしょうか・・・!

 - スポーツ