気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【2017年2月17日】ヤクルトVS横浜DeNA練習試合のスタメンと結果!

   

プロ野球は現在春季キャンプ中ですが、2017年2月17日(金)に・・・

「東京ヤクルトスワローズVS.横浜DeNAベイスターズ」

の練習試合が行われました。

主力選手も数多く出場する試合となりましたが、果たしてどのような結果となったのでしょうか・・・!

そこで今回はこの練習試合「東京ヤクルトスワローズVS.横浜DeNAベイスターズ」の・・・

「スタメン」

「試合経過・詳細」

「試合結果」

などをまとめてみました。

試合を見れなかった方のために、詳しくまとめてあります。

Ads by Google

両チームのスタメン

まずは両チームのスターティングメンバーから確認してみましょう。

ヤクルト

1番(二)山田
2番(左)比屋根
3番(中)坂口
4番(右)バレンティン
5番(指)鵜久森
6番(遊)大引
7番(捕)中村
8番(三)廣岡
9番(一)荒木

先発投手は石川。

DeNA

1番(中)桑原
2番(二)田中浩
3番(右)梶谷
4番(指)筒香
5番(一)ロペス
6番(三)シリアコ
7番(左)細川
8番(遊)倉本
9番(捕)嶺井

先発投手は砂田。

------------
このようなスタメンとなりました。

どちらの球団も山田、バレンティン、石川、桑原、梶谷、筒香、倉本、ロペス、砂田など、主力選手が多くスタメンに名を連ねました。

試合結果・詳細

それでは、2017年2月17日(金)に行われた練習試合「東京ヤクルトスワローズVS.横浜DeNAベイスターズ」の試合を振り返ってみましょう。

※映像が見えづらかったので、多少間違いがあるかもしれませんがご了承下さい。

1回の表
スワローズのマウンドには石川。

桑原 三振
田中浩 内野安打
梶谷 センターフライ
筒香 三振

1回の裏
ベイスターズのマウンドには砂田。

山田 二フライ
比屋根 三振
坂口 セカンドエラー
バレンティン センターフライ

2回の表
ロペス 二フライ
シリアコ 三ゴロ
細川 遊ゴロ

2回の裏
鵜久森 2ベース
大引 遊ゴロ
中村 タイムリー2ベース
廣岡 三振
荒木 三ゴロ

ヤクルト1-0DeNA

3回の表
スワローズのマウンドには館山。

倉本 四球
嶺井 送りバント
桑原 一ゴロ
田中浩 二フライ

3回の裏
山田 センター前ヒット
比屋根 ライト前ヒット
坂口 三振
バレンティン セカンドタイムリーエラー
鵜久森 センターへタイムリーヒット
大引 四球
中村 ダブルプレー

ヤクルト3-0DeNA

4回の表
梶谷 センターフライ
筒香 空振り三振
ロペス 空振り三振

4回の裏
梶谷から白根に交代。

廣岡 レフトフライ
荒木 三振
山田 三振

5回の表
スワローズのマウンドには小川。

シリアコ 2ベース
細川 三振
倉本 遊フライ
嶺井 タイムリー2ベース
桑原 三振

ヤクルト3-1DeNA

5回の裏
ベイスターズのマウンドには井納。
桑原から関根に交代。

比屋根 三ゴロ
坂口 ライトフライ
バレンティン ライト前ヒット(代走山崎盗塁失敗)

6回の表
田中浩 遊ゴロ
白根 三振
筒香 三振

6回の裏
田中浩からエリアンに交代。

鵜久森 遊ゴロ
西浦 ライトフライ
中村 2ベースヒット
廣岡 三ゴロ

7回の表
スワローズのマウンドには菊沢。
中村から西田へ交代。

ロペス センターフライ
シリアコ 四球
細川 死球
代打狩野 レフト前ヒット
嶺井 ライトへ犠牲フライ
関根 ライトへタイムリーヒット。
エリアン センターフライ

ヤクルト3-3DeNA

7回の裏
荒木 2ベースヒット
山田 レフトへタイムリーヒット
比屋根 センター前ヒット
上田 二ゴロ
山崎 二ゴロ(サードランナー生還)
鵜久森 キャッチャーファールフライ

ヤクルト5-3DeNA

8回の表
山田から谷内に交代。

白根 三ゴロ
筒香 三ライナー
佐野 レフトへソロホームラン
白崎 センター前ヒット
細川 三振

ヤクルト5-4DeNA

8回の裏
ベイスターズのマウンドにはパットン。

西浦 二フライ
西田 三振
廣岡 三振

※8回終了時点で降雨コールド。9回の攻防は行われませんでした。

試合結果・投手成績

ヤクルト5-4DeNA

投手継投&成績
【ヤクルト】石川(2回無失点)、館山(2回無失点)、小川(2回1失点)、菊沢(2回3失点)
【DeNA】砂田(4回3失点)、井納(3回2失点)、パットン(1回無失点)

本塁打
【ヤクルト】なし
【DeNA】佐野(8回表ソロ)

まとめ

という事で、2017年2月17日(金)に行われた練習試合「東京ヤクルトスワローズVS.横浜DeNAベイスターズ」は、5-4でスワローズが勝利しました。(降雨コールド)

スワローズは石川&館山の両ベテランピッチャーが上々の仕上がりを見せました。
ライアン小川投手も失点はしましたが、ストレートが走っていて、なかなかの出来だったのではないのでしょうか。

ドラフト6位ルーキーで軟式出身として話題になった菊沢竜佑投手は、2回3失点。
課題の残る登板となりましたが、ストレートは結構速いので、次回の登板に期待ですね。

野手陣はまずまずバットが振れていたと思います。

一方ベイスターズは、砂田&井納の主力投手たちが揃って失点。
ただこの二人は実力ある投手なので、何の心配もないと思います。
怪我だけには気を付けて、調整を続けて欲しいですね。

そして新助っ人外国人のパットンは、1回無安打無失点2奪三振で最速は149キロを計測したようです。
まだこの試合だけで判断は出来ませんが、かなり良かった印象です。
このパットンが使えると戦力的にかなり大きいですね。

野手陣の方は、ドラフト9位ルーキー佐野恵太選手が逆方向にホームラン。
これは良い収穫だったと思います。凄いパワーありますね。
ちなみに佐野恵太選手は、明治大学出身で1学年上には2016年のセ・リーグ新人王高山俊選手(阪神)がいて、大学時代は練習パートナーを務めていたそうです。

他に気になったのは、筒香選手が4打数無安打3三振とさっぱりでしたが、彼は日本球界を代表する素晴らしいスラッガーですし、何の問題もないでしょう。
開幕に合わせてくると思いますので、心配はいりませんね。

両チーム課題も収穫もあった一戦だったと思います。

 - スポーツ , , ,