気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【2016夏の甲子園】秀岳館VS常総学院の試合結果は?吹奏楽部問題がネットで炎上・・・

   

2016年8月18日(木)の午前、2016年夏の甲子園(第98回全国高校野球選手権大会)の準々決勝「秀岳館VS常総学院」が行われました。

対戦カードは強豪校同士の顔合わせ!

走攻守ともにレベルが高く、2016年春のセンバツ大会ではベスト4入りをしている熊本県代表・秀岳館高校。

中京や優勝候補筆頭でBIG3寺島くん擁する履正社を破った茨城県代表・常総学院高校。

ベスト4をかけてこの両校野球部の対戦となりました。
どちらが勝ってもおかしくない組み合わせ!まさに好カード!

という事で今回は秀岳館VS常総学院の、

「スタメン」

「試合経過と結果」

「両校のここまでの戦績」

「勝者の次の対戦相手と日程」

などを分かりやすくご紹介します。

あと、話題になっている「秀岳館の吹奏楽部問題」の件にも少しだけ触れたいと思います。

Ads by Google

両校のここまでの戦績

秀岳館高校のここまでの戦績

2回戦
秀岳館(熊本) 6 – 1 常葉菊川(静岡)

3回戦
いなべ総合(三重) 1 – 6 秀岳館(熊本)

このような戦績です。
強いチームの野球が出来ていて、はっきり言ってかなり強いです。

選手個々の実力も高くて誰かのワンマンチームという感じではありませんし、
チームとしての総合力が非常に高い。

流石、春のセンバツ大会ベスト4にチーム。

また鍛治舎巧監督の采配もお見事という感じがします。
特に継投策がお見事で、ピッチャーを酷使する事なく、川端くん、田浦くん、有村くん、中井くんといった投手陣を上手く繋いでやり繰り。

完全に先を見据えた戦い方をされていますね。

あと、やはりプロ注目のキャッチャー九鬼隆平くんのリードもいいのかな?と思います。

常総学院高校のここまでの戦績

1回戦
近江(滋賀) 0 – 11 常総学院(茨城)

2回戦
中京(岐阜) 3 – 8 常総学院(茨城)

3回戦
履正社(大阪) 4 – 7 常総学院(茨城)

こちらも相当な強さを誇ります。
近江、中京を破ったのも凄いですが、なんといっても優勝候補筆頭でプロ注目ドラフト1指名候補として名前が挙がっている寺島くんのいる履正社高校に勝ったのが凄いですよね。

その原動力はなんといってもエースの鈴木昭汰投手!
素晴らしい左腕ピッチャーで、左打者に対するシュートボールがかなり良い球です。
履正社戦でもあの球は有効でしたね。

打線も切れ目なく高い得点力を誇ります。

両校のスタメン

それでは両校のスターティングメンバーを確認してみましょう。

秀岳館のスタメン

※左から打順、守備位置、名前、背番号、学年

1 遊 松尾大河 6 3年
2 中 原田拓実 8 3年
3 一 木本凌雅 3 2年
4 捕 九鬼隆平 2 3年
5 左 天本昂佑 7 3年
6 三 広部就平 5 2年
7 二 堀江航平 4 3年
8 右 木村勇次 9 3年
9 投 川端健斗 12 2年

控えメンバー
※左から名前、背番号、学年

有村大誠 1 3年
中井雄亮 10 3年
田浦文丸 11 2年
井上智広 13 3年
宮平保汰 14 3年
松成亮太朗 15 3年
天野零弥 16 3年
半情冬馬 17 2年
赤坂銀次郎 18 2年

常総学院のスタメン

※左から打順、守備位置、名前、背番号、学年

1 二 有村恒汰 4 3年
2 中 陶山勇軌 8 2年
3 一 宮里豊汰 3 2年
4 三 花輪直輝 5 3年
5 捕 清水風馬 2 3年
6 遊 中村迅 6 3年
7 左 石川大 7 3年
8 投 鈴木昭汰 1 3年
9 右 鈴木海斗 9 3年

控えメンバー
※左から名前、背番号、学年

倉田希 10 3年
樫村雄大 11 3年
吉成智哉 12 3年
宮本貴徳 13 3年
荒祐広 14 3年
鈴木重寛 15 2年
大曽根伸哉 16 2年
宮谷拓人 17 3年
伊藤龍 18 3年

試合経過と結果

上記のスタメンでプレイボール。

試合経過

2回の裏、秀岳館は先頭の5番天本くんが左中間へ先制のソロホームラン。
好投手鈴木くんから秀岳館が先制。
(秀岳館1-0常総学院)

さらに三回の裏、また秀岳館が1アウトランナーなしから、
1番松尾くんがレフトへソロホームランを放ち追加点。
(秀岳館2-0常総学院)

4回の裏、常総学院は投手交代。
エース鈴木くんに代えて、倉田くん。
鈴木くんはそのままライトへ。

5回の表、常総学院が反撃。
2アウト2塁から鈴木昭くんがレフト前へタイムリーヒット。
1点差に迫ります。
(秀岳館2-1常総学院)

6回の表、秀岳館も投手継投。
川端くんに代えて中井くんを投入。
ここを3者凡退に抑えます。

6回の裏、秀岳館は常総の守備の乱れで追加点。
エラーやパスボールの間に2点を挙げ突き放します。
(秀岳館4-1常総学院)

そして9回の表、常総学院が意地を見せます。
ヒットや四球で1アウト満塁のチャンスを作ります。
満塁ホームランが出れば一打逆転のシーンを作り、また甲子園のマモノが目を覚ましたかと思われましたが、
中村くんがファールフライに倒れ2アウト。

ここで鍛治舎巧監督はまたも継投。
抜け目のない継投策です。
中井くんに代わって有村くんがマウンドへ上がり最後の打者を見逃し三振に仕留め、
秀岳館が常総学院に勝利!

試合結果

秀岳館4-1常総学院

強豪同士の対決は秀岳館に軍配が上がりました。
やはり強い。チームの総合力も高いです。

またこの試合も1失点に抑えた投手陣と継投策はお見事でしたね。

一方、敗れた常総学院は一発とエラーに泣く形で敗退となりました。

これで秀岳館は春に続いてベスト4、準決勝進出となります!

両校の監督、選手、関係者の皆さま本当にお疲れ様でした。

秀岳館がヒールみたいになっている?吹奏楽部の件でさらに・・・

ここまで安定感抜群の強さでベスト4まで勝ち抜いてきた秀岳館高校野球部ですが、
この2016年夏の甲子園では、ヒール(悪役)みたいになっていますね・・・

元々春のセンバツ大会でのサイン盗み疑惑や、熊本の高校なのにメンバーに熊本出身者が0人で野球留学生だらけのメンバーな為、あまり評判が良くないようなんですよね。

さらにここへきて、また新たな問題があったようです・・・

↓事の発端はこちらの記事

熊本・秀岳館の吹奏楽部「野球部と日本一に」 コンテスト断念し甲子園へ
西日本新聞 8月17日(水)11時58分配信

熊本・秀岳館の吹奏楽部「野球部と日本一に」 コンテスト断念し甲子園へ
スタンドから演奏でナインを応援する秀岳館吹奏楽部の部員ら=16日、甲子園球場
 甲子園のスタンドでもう一つの夏が燃焼した。16日の全国高校野球選手権大会で、秀岳館(熊本)のベスト8進出を支えた同高吹奏楽部。部員たちは、この夏の吹奏楽コンテストの南九州大会出場をあきらめ、全国制覇を目指すナインとの夏を選んだ。「甲子園が僕らにとってのコンテスト」。伸びやかな演奏が歓声とともに夏空に響いた。

 吹奏楽部は部員21人。4年連続の出場が懸かる南九州小編成吹奏楽コンテストの県予選を翌週に控えた7月26日、野球部が甲子園切符を手にした。

 南九州大会は8月11日。県予選を通過しても、甲子園の応援を優先すれば大会には出られない。コンテストか、甲子園か。7月下旬の職員会議は2日間にわたった。多くの教員が「コンテストに出るべきだ」と主張した。吹奏楽部の3年生6人も話し合いを重ねた。「コンテストに出たい」と涙を流す部員もいた。

 しかし演奏がなければチアリーディングもできず、応援が一つにならない。「野球部と一緒に演奏で日本一になります」。顧問の教諭に決断を伝えた部長の樋口和希さん(17)の目は真っ赤だった。8月1日の県予選には「上位入賞しても南九州大会を辞退する」と主催者側に申し入れて出場し、金賞を受賞した。

 「県予選で全力を出し切り吹っ切れた」。部員の田畑史也さん(16)は16日、スタンドでドラムを打ち鳴らした。樋口さんは「最高に気持ちが良い。僕たちも全力で戦います」。頂点を目指すナインとともに「熱い夏」を過ごすつもりだ。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160817-00010003-nishinp-soci

これがネットで炎上しちゃったようですね。
「コンテストに出るべき」「美談でも何でもない」「吹奏楽部が可哀想」という感じになっているんですよね・・・
要するに秀岳館野球部のせいで吹奏楽部が甲子園まで無理やり連れてこられてコンテストに出れなかった・・・みたいな感じでネット上で炎上している訳です。

ツイッターなどに関係者から聞いた話だという暴露ツイートや憶測なんかが出回ってますが、
本当の事は私たちには何も分かりません。

難しい問題ですがとりあえず、これが原因でアンチ秀岳館が増えてしまって、今大会において秀岳館がヒール(悪役)みたいになっています。

何かあったとしても大人の事情だと思いますので、野球部員たちには気にせず頑張って欲しいですね。

しかし吹奏楽部は気の毒です・・・

秀岳館の準決勝の対戦相手は?

さて気になる秀岳館の次の相手が決定しました!

聖光学院を準々決勝で破った「南北海道代表・北海高校」が、準決勝の対戦相手です。

日程は8月20日(土)の12:30開始予定ですのでお見逃しなく。

※8月19日は試合がありません。

まとめ

2016年夏の甲子園準々決勝「秀岳館VS常総学院」は、
4-1で秀岳館の勝利となりました。

これでベスト4進出!

まあ今回の吹奏楽部の件といい、色々と言われがちですが、
文句なしにレベルが高く強いチームです。

準決勝も楽しみですね。

 - スポーツ , ,