気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【山口代表】甲子園初出場の高川学園野球部とは?メンバーは?

      2016/07/31

第98回全国高校野球選手権・山口大会決勝戦を制して、見事に山口県代表として2016年夏の甲子園へ初出場を決めた

「高川学園高等学校」

そんな高川学園ですが、サッカーの強豪校で、全国高等学校サッカー選手権大会の常連校として知られていますが、
今回が夏の甲子園初出場ということもあり野球部についてはあまり聞いた事がなく、謎が多いですよね。

という事で今回は、

「高川学園とはどんな学校なのか?」

「高川学園野球部とは?」

「山口大会での高川学園の戦績」

「山口大会・決勝戦のスタメンや試合経過&結果」

などを調べてみました。

Ads by Google

高川学園高等学校とは?

高川学園高等学校(たかがわがくえんこうとうがっこう)とは、
山口県防府市に所在し、中高一貫教育を提供する私立高等学校。

旧名は多々良学園高等学校。

設置者は学校法人山口高川学園。

設立自体は、1878年(明治11年)と歴史の長いです。

2004年より、校地移転により、男女共学校となっています。
その際の、資金計画などに問題があり経営破綻して、2005年に民事再生法適用申請。
2006年に現在の法人名、校名になりました。

理事長は、高川准子さん。

校訓は、
「夢、志より高く」

生徒数は560人(女子147人)

全国高等学校サッカー選手権大会の常連校として知られる、サッカーの強豪校。
過去にJリーガーなどプロサッカー選手を多く輩出しています。

高川学園高等学校の野球部について

高川学園の野球部は、1911年(明治44年)創部。

部員71人で、過去の甲子園出場経験は、
第56回選抜高等学校野球大会(1984年)1回だけ。
当時の学校名は、多々良学園。
夏は、今回が初めての出場です。

野球部出身の有名なOBとしては、現在プロ野球解説者として活躍中の高木豊(元大洋ホエールズ選手)さん。

監督は、藤村竜二さん。
プロ野球選手を多く輩出している、東北福祉大の野球部出身で、
現在、阪神タイガースの監督を務める金本知憲さん、バッテリー兼作戦コーチの矢野燿大さんの後輩にあたります。

ちなみに、藤村竜二監督は、今夏限りで退任予定のようです・・・

主なメンバーとしては、
主将の相田聖人くん(3年)。

そして、注目はエース山野太一くん(3年)で、プロ注目の左腕投手。
170㎝70kgと体格はあまり大きくありませんが、直球はMAX145キロ。
初めて背番号1をつけた昨夏は準々決勝で宇部鴻城にコールド負け。
しかし、今大会は3回戦で下松に5回コールド、準決勝でも長門に8回コールドで2度のノーヒットノーラン(参考記録)を達成している実力の持ち主。

昨年の夏、左肩の関節唇を痛め、8月から2カ月間、ノースロー調整。
再発しないか不安だった山野くんを連れて、病院へ通ってくれたのが、藤村監督のようで、
「エースがしっかり投げてくれ」と励まされ、山野くんは「絶対に甲子園に連れて行きます」と誓ったそうです。

そして、後ほど詳しく書きますが、昨夏の準々決勝でコールド負けした、宇部鴻城に決勝戦で見事リベンジし、
藤村監督を甲子園へ取れて行くことになるのです。

主将の相田くんも「藤村先生を日本一の監督にしたい」と、言っているようで、
当の藤村監督は、「最高の生徒たちとともに歴史を変えることができた」と、選手と監督の信頼関係の厚さが伺えます。

山口大会での高川学園の戦績

それでは、第98回全国高校野球選手権大会・山口大会での高川学園高校の決勝戦までの戦績を振り返ってみましょう。

1回戦
高川学園17ー4防府西

2回戦
高川学園6ー1南陽工

3回戦
高川学園10ー0下松

準々決勝
高川学園6ー0宇部商

準決勝
高川学園7ー0長門

得点を見ての通り攻撃力は抜群!
しかしながら、それ以上に3回戦から準決勝まで3試合連続完封勝利をしている、投手力にも注目!
非常に投打のバランスのとれたチームだと思います。

山口大会・決勝戦のスタメンや試合経過&結果

では、夏の甲子園の地方大会にあたる、山口大会の決勝戦の試合経過や結果などを振り返ってみましょう。

対戦相手は、過去に夏の甲子園でベスト16まで勝ち進んだこともある強豪
「宇部鴻城高等学校」です。

試合会場は、西京スタジアム。

まずは、両校のスターティングメンバーから確認してみましょう。
※左から、打順、守備位置、名前、学年

高川学園のスタメン
1・中 大江駿介 3年生
2・捕 山崎悠大 3年生
3・右 相田聖人 3年生
4・二 石丸隆哉 3年生
5・一 森大祐 3年生
6・投 山野太一 3年生
7・遊 市成啓悟 2年生
8・三 朝田走 3年生
9・左 吉村聖人 3年生

宇部鴻城のスタメン
1・中 丸山優 3年生
2・二 安達健太 3年生
3・一 中村勝人 3年生
4・中 上田力也 3年生
5・遊 嶋谷将平 2年生
6・左 大井晴貴 3年生
7・三 二木芽衣也 3年生
8・捕 正木雄大 2年生
9・投 早稲田玲生 2年生

試合経過
高川学園は3回に相田くんのセンター前タイムリーヒットで1点を先制。
しかし、4回に2点を取られ逆転されてしまいます。

それでも、高川学園は5回に山崎くんの犠牲フライで追いつき、その後試合は同点のまま終盤へ。

試合が動いたのは8回。
チャンスでエース・山野くんのライトオーバー2点タイムリー3ベースで勝ち越すと、
その後も打線が繋がり、打者一巡の猛攻。
一挙6点を奪い、試合を決定づけます。

投げては、エース山野くんが、9回2失点完投勝利。
10奪三振を奪う好投を見せます。

「高川学園8-2宇部鴻城」

となり、高川学園が快勝で初の甲子園出場を決めました。

高川学園野球部の監督、選手、関係者の皆さま、本当におめでとうございます。
最後に、藤村監督を甲子園へ連れて行くことが出来て本当に良かったですね!

一方、敗れた宇部鴻城野球部の監督、選手、関係者の皆さま、本当にお疲れ様でした。

まとめ

という事で、高木豊さんの母校である2016ねつの甲子園・山口代表の
高川学園(前・多々良学園)についてまとめさせて頂きました。

この強さはホンモノだと思います。
地方大会では、投打ともに圧倒的な力でした。

特に、エース山野太一くんは、甲子園球場での投球が楽しみなピッチャーですね。
流石プロ注目の投手。

また、監督と選手たちの絆の深さも感じられました。

本大会でも頑張って下さい!

 - スポーツ