気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【2020】プロ野球トライアウトの結果・投打成績一覧!合格者、リストアップ情報!

      2020/12/14

2020年12月7日(月)に、神宮球場で「プロ野球12球団合同トライアウト2020」が開催されました。

NPBを戦力外通告され自由契約となった選手たちが人生をかけ、各球団の首脳陣やスカウトなどの関係者を前に、契約してもらえるように実力アピールする場。

ただし、毎年受験人数に対して、NPB復帰を果たすのはわずかに数人だけと非常に狭き門でもあります。

今年は、目玉として新庄剛志選手が参加しました。
やはり大きな注目を集めましたね。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で無観客での開催となりましたが、トライアウトを注目していた方も多いはず!
もしかするとこれが見納めになる選手も中にはいますので、最後の雄姿を・・・という方も多いでしょう。

さて、今回はプロ野球12球団合同トライアウト2020の・・・

「成績・結果」

「合格者・リストアップ情報」

などをまとめてみました。

果たして合格者は出たのでしょうか・・・!
獲得に興味を示した球団は・・・!

Ads by Google

トライアウトのルール

まずはトライアウトのルールから。

いわば入団テストのようなものなので、自分の実力を示す必要があります。
そこで用いられるのが・・・

”シート打撃形式”

実戦さながらの投手と打者による対戦を行う訳ですが、
カウントは1ボール1ストライクからスタートという限定ルールがあります。

投手は1人につき打者3人と勝負。
野手は1人につき異なる投手と約4打席~6打席勝負できるようで、ここで結果を残しアピールするのです。

成績・結果一覧

それでは、プロ野球12球団合同トライアウト2020のシート打撃形式での投手&野手それぞれの成績・結果を確認してみましょう。

※多少間違っている場合もありますのでご了承下さい。

<投手成績>

藤井皓哉(広島)が登板
日暮矢麻人(ソフトバンク):空振り三振
小山翔平(巨人):空振り三振
堀内汰門(ソフトバンク):ショートゴロ

平岡敬人(広島)
松本京志郎(楽天):ショートゴロ
新庄剛志(元日本ハム):セカンドゴロ
吉川大幾(巨人):四球

大藏彰人(中日)
飛雄馬(DeNA):ショートゴロ
中村和希(楽天):空振り三振
加藤脩平(巨人):空振り三振

山本雅士(元中日)
耀飛(楽天):ライト前ヒット
田代将太郎(ヤクルト):空振り三振
日暮矢麻人(ソフトバンク):見逃し三振

伊藤準規(中日)
藤井亮太(ヤクルト):空振り三振
白崎浩之(オリックス):空振り三振
田上健一(元阪神):空振り三振

小熊凌祐(中日)
折下光輝(巨人):レフトフライ
伊藤隼太(阪神):セカンドフライ
村上海斗(巨人):見逃し三振

木村敏靖(楽天)
広畑塁(巨人):四球
黒羽根利規(日本ハム):併殺打
永江恭平(西武):ファーストゴロ

由規(楽天)
フェルナンド(楽天):ホームラン
田城飛翔(ソフトバンク):死球
大本将吾(ソフトバンク):見逃し三振

高野圭佑(阪神)
松本京志郎(楽天):キャッチャーファールフライ
新庄剛志(元日本ハム):四球
吉川大幾(巨人):レフト前ヒット

福永春吾(阪神)
加藤脩平(巨人):空振り三振
飛雄馬(DeNA):サードフライ
中村和希(楽天):ヒット

東明大貴(オリックス)
堀内汰門(ソフトバンク):四球
小山翔平(巨人):四球
松本京志郎(楽天):センターフライ

松田遼馬(ソフトバンク)
日暮矢麻人(ソフトバンク):空振り三振
耀飛(楽天):サードゴロ
田代将太郎(ヤクルト):ヒット

小澤怜史(ソフトバンク)
伊藤隼太(阪神):空振り三振
村上海斗(巨人):空振り三振。
折下光輝(巨人):空振り三振。

野澤佑斗(ソフトバンク)
田城飛翔(ソフトバンク):セカンドフライ
大本将吾(ソフトバンク):見逃し三振
フェルナンド(楽天):四球

渡辺健史(ソフトバンク)
永江恭平(西武):ショートゴロ
黒羽根利規(日本ハム):ショートゴロ
広畑塁(巨人):空振り三振

坂田将人(元ソフトバンク)
田上健一(元阪神):四球
藤井亮太(ヤクルト):空振り三振
白崎浩之(オリックス):サードフライ

濱矢廣大(DeNA)
中村和希(楽天):四球。
加藤脩平(巨人):四球
飛雄馬(DeNA):死球

古村徹(DeNA)
田代将太郎(ヤクルト):レフト前ヒット
日暮矢麻人(ソフトバンク):見逃し三振
耀飛(楽天):ライト前ヒット

吉田侑樹(日本ハム)
新庄剛志(元日本ハム):セカンドゴロ
吉川大幾(巨人):ライトフライ
松本京志郎(楽天):ライトフライ

宮台康平(日本ハム)
堀内汰門(ソフトバンク):空振り三振
小山翔平(巨人):見逃し三振。
中村和希(楽天):空振り三振。

野田昇吾(西武)
大本将吾(ソフトバンク):セカンドフライ
フェルナンド(楽天):ファーストフライ
田城飛翔(ソフトバンク):センター前ヒット

内竜也(ロッテ)
黒羽根利規(日本ハム):ショートゴロ
永江恭平(西武):空振り三振
広畑塁(巨人):ファーストゴロ

渡邉啓太 (ロッテ)
田上健一(元阪神):空振り三振。
藤井亮太(ヤクルト):ショートゴロ
白崎浩之(オリックス):空振り三振

田原誠次(巨人)
村上海斗(巨人):空振り三振
伊藤隼太(阪神):二塁打
折下光輝(巨人):見逃し三振

宮國椋丞(巨人)
小山翔平(巨人):セカンドフライ
吉川大幾(巨人):空振り三振
堀内汰門(ソフトバンク):センター前ヒット

藤岡貴裕(巨人)
耀飛(楽天):外角空振り三振
田代将太郎(ヤクルト):センターフライ
日暮矢麻人(ソフトバンク):低め空振り三振

近藤一樹(ヤクルト)
加藤脩平(巨人):空振り三振
飛雄馬(DeNA):ライトフライ
中村和希(楽天):空振り三振

ジュリアス(ヤクルト)
吉川大幾(巨人):四球
松本京志郎(楽天):四球
新庄剛志(元日本ハム):レフト前ヒット

風張蓮(ヤクルト)
藤井亮太(ヤクルト):空振り三振
白崎浩之(オリックス):ファールフライ
田上健一(元阪神):空振り三振

山田大樹(ヤクルト)
伊藤隼太(阪神):ファールフライ
折下光輝(巨人):空振り三振
村上海斗(巨人):四球

田川賢吾(ヤクルト)
永江恭平(西武):空振り三振
広畑塁(巨人):見逃し三振
黒羽根利規(日本ハム):空振り三振

高井俊(巨人)
フェルナンド(楽天):センターフライ
田城飛翔(ソフトバンク):ショートゴロ
大本将吾(ソフトバンク):サードフライ

山上信吾(巨人)
加藤脩平(巨人):四球
飛雄馬(DeNA):センターフライ
田城飛翔(ソフトバンク):空振り三振

<野手成績>

日暮矢麻人(ソフトバンク)
空振り三振、見逃し三振、空振り三振、見逃し三振、空振り三振

小山翔平(巨人)
空振り三振、四球、見逃し三振、二飛

堀内汰門(ソフトバンク)
遊ゴロ、四球、空振り三振、中前打

松本京志郎(楽天)
遊ゴロ、捕邪飛、中飛、空振り三振、四球

新庄剛志(日本ハム)
二ゴロ、四球、二ゴロ、左前適時打

吉川大機(巨人)
四球、中前打、右飛、空振り三振、四球→二盗成功

松井飛雄馬(DeNA)
遊ゴロ、三飛、死球、右飛、中飛

中村和希(楽天)
空振り三振、中前打、四球、空振り三振、空振り三振

加藤脩平(巨人)
空振り三振、空振り三振、四球、空振り三振、四球

田中耀飛(楽天)
右前打、三ゴロ、右前打、空振り三振

田代将太郎(ヤクルト)
空振り三振、右前打、左前打、中飛

藤井亮太(ヤクルト)
空振り三振、空振り三振、遊ゴロ、空振り三振

白崎浩之(オリックス)
空振り三振、三飛、空振り三振、一邪飛(風張)

田上健一(阪神)
空振り三振、四球、空振り三振、空振り三振

折下光輝(巨人)
左飛、空振り三振、空振り三振、空振り三振

伊藤隼太(阪神)
二飛、空振り三振、右中間二塁打、一邪飛

村上海斗(巨人)
見逃し三振、空振り三振、空振り三振、四球

広畑塁(巨人)
四球、空振り三振、一ゴロ、見逃し三振

黒羽根利規(日本ハム)
三ゴロ併殺打、遊ゴロ、遊ゴロ、空振り三振

永江恭平(西武)
一ゴロ、遊ゴロ、空振り三振、空振り三振

フェルナンド(楽天)
右本、四球、一飛、中飛

田城飛翔(ソフトバンク)
死球、二飛、中前打、遊ゴロ、空振り三振

大本将吾(ソフトバンク)
見逃し三振、見逃し三振、二飛、三飛

合格者・獲得に興味を示した球団は?

「プロ野球12球団合同トライアウト2020」の結果、契約を勝ち取った選手、リストアップ情報を確認してみましょう。

※リストアップは興味を示しているというだけなので、獲得するとは限りません。
※トライアウトに参加していない選手は除く。
※判明次第、追記予定!

風張蓮(ヤクルト)
横浜DeNAベイスターズが獲得を発表

宮台康平(日本ハム)
東京ヤクルトスワローズが獲得を発表

小澤怜史(ソフトバンク)
東京ヤクルトスワローズが育成契約での獲得を発表

まとめ

2020年「プロ野球12球団合同トライアウト」の投打成績、結果などをご紹介させて頂きました。

戦力外となった選手の中で、他球団がすでに獲得に動いている選手というのは、大体トライアウトには参加していないパターンが多いので、このトライアウトに出てくる選手というのは、本当に崖っぷちなんですよね・・・

毎年、数人合格者が出るか出ないかという非常に狭き門となりますが、一人でも多く合格者が出て再就職先が決まればいいですね!

中には最後の花道、プロ野球との決別の場所として参加する選手も中にはいますので、これが見納めになる選手もいるはず。

また、契約先が見つかったかどうかの結果はいつ分かるのか?と気になりますが、各球団は現在FAや助っ人獲得などを優先的に行いながら戦力補強をしていますので、それらが終わってから声が掛かる場合もありそうですし、もう少し時間がかかりそうです。

あとは、NPBからは声がかからなくても独立リーグや社会人野球から声がかかって、そちらの道へ進む選手もいますので注目ですね。

 - スポーツ ,