気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【プロ野球2017】ヤクルト自力優勝消滅!なぜ弱い?V復活の可能性はある?

   

プロ野球2017年シーズンは現在セ・パ交流戦が行われていますが、2017年6月9日(金)に行われた「千葉ロッテマリーンズVS.東京ヤクルトスワローズ」の試合で、スワローズが1-6でマリーンズに敗れてしました。

この結果・・・

”東京ヤクルトスワローズの自力優勝の可能性が消滅”

してしまいました。

シーズン57試合目でのセ・リーグ一番乗りでの自力優勝消滅。
シーズン半分を待たずしての消滅となりました。

ちなみにスワローズは2016年シーズンもセ・リーグ一番乗りでの自力優勝消滅で、2016年6月29日のシーズン77試合目での消滅でした。

スワローズファンの方はショックだと思いますが、ここでいくつか気になることがあると思います。

そこで今回は・・・

「自力優勝の可能性消滅とは?」

「自力優勝の可能性復活はあるのか?」

「ここまでのスワローズの成績」

「なぜ弱いのか?」

などをまとめてみました。

Ads by Google

ここまでのスワローズの成績

まずは、自力優勝の可能性が消滅した57試合目(2017年6月9日時点)の、東京ヤクルトスワローズのチーム成績を確認してみましょう。

順位:セ・リーグ最下位
試合数:57試合
勝利:20勝
敗戦:36敗
引分:1分

チーム打率:.241(5位)
チーム本塁打:31本(最下位)
チーム盗塁:22盗塁(5位)
チーム防御率:3.74(5位)
得点:186(4位)
失点:234(4位)

このような数字で、借金は16。
チーム成績は軒並みリーグ下位。

打てない、抑えられない、走れないという状況ですね。

ちなみに、交流戦成績がもっと悲惨で、13連敗中だった巨人を差し置き、10試合0勝9敗1分と交流戦最下位です。

未だ交流戦の勝ち星無しで、現在9連敗中。

自力優勝の可能性消滅とは?

さて、スワローズの自力優勝の可能性が消滅してしまいましたが、実は優勝の可能性が完全に消滅した訳ではありません。

自力優勝とは今回の場合、スワローズが残りの試合に全勝しても、それ以外のチーム試合の結果次第では、スワローズが優勝できないというだけです。

要するにスワローズがいくら勝とうが、他のチームが負けてくれなければ優勝できないということ。

例えば、現在セ・リーグ首位は広島東洋カープですが、スワローズがカープとの残り試合を含む全試合にこれから勝利しても、カープがスワローズ以外に全勝すればスワローズは優勝できないという感じですね。

自力優勝の可能性復活はあるのか?

ここで気になるのは、「自力優勝の可能性復活はあるのか?」ですよね。

自力優勝の可能性は、もちろん復活することもあります。

スワローズが勝って、上位チームが負けてくれれば、今後復活する可能性は十分ありますので、諦めるのはまだ早いです!

この時期に自力優勝の可能性が消滅するのは苦しいですが、シーズンはまだ半分以上残っていますので、逆に考えれば巻き返すチャンスもまだまだあるということ!

それに、クライマックスシリーズ(CS)進出の可能性はまだまだありますのでね。
セ・リーグの場合は、1位カープと2位阪神が若干抜けていますが、それ以外の4チームはどこが3位になってもおかしくない数字ですから。

なぜ弱いのか?

さて、残念ながら自力優勝の可能性が消滅してしまったスワローズですが、一体なぜこんなに弱いのでしょうか?

やはり考えられる一番の原因は・・・

”怪我人(故障者)の多さ”

ですよね。

もちろん純粋に選手層が薄いというのもあるのですが、やはり故障者が多すぎる気がします。

現在、主力選手の故障者が・・・

川端慎吾→椎間板ヘルニア
畠山和洋→左脹脛肉離れ
小川泰弘→左内腹斜筋肉離れ
バレンティン→右内側ハムストリングスの軽度の肉離れ

と異常な多さです。

主力野手である川端選手と畠山選手が離脱するだけで苦しい上に、
エースのライアン小川投手&4番のバレンティン選手まで離脱では苦しいです。

あとは、2年連続トリプルスリーを達成した、山田哲人選手の極度の不調も響いているように感じます。

やはり昨年受けたデッドボールの影響があるのでしょうか・・・

現在、打率.220、7本、24打点、9盗塁、OPS.705とらしくない数字ですからね。
(2017年6月9日(金)終了時点)

まとめ

2017年6月9日(金)の今シーズン57試合目で、東京ヤクルトスワローズの自力優勝の可能性が消滅したことをご紹介させて頂きました。

非常に苦しい状況ですが、自力優勝の可能性復活もあり得ますし、クライマックスシリーズはまだまだ狙えると思いますので、諦めるのはまだ早いです!

怪我人さえ復帰すれば、打線はかなり強くなると思うのですが・・・

ちなみに衣笠剛球団社長兼オーナー代行によると、コーチ陣の配置転換などは現時点では「考えていない」とのこと。
これ以上負けると、真中監督の休養などもあるのでしょうか・・・

 - スポーツ ,