気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

リオ五輪女子レスリング渡利璃穏はオリンピック出場の為に増量で階級変更?

   

リオデジャネイロオリンピックの女子レスリング競技が始まり、
初日は3つの金メダルを獲得するというメダルラッシュでしたね。

今回は2日目に出場する女子レスリング75キロ級代表の
渡利璃穏選手についてご紹介。

渡利璃穏と書いて「わたりりお」さんと読みます。
”リオ”五輪に”りお”さんが出場!?とまるでギャグみたいですが、なんか運命的なものを感じますね。

渡利選手は元々63キロ級の代表だったのですが、
今回は階級を変えて75キロ級での出場。
これには色々と深い訳、そして大変な努力がありました・・・

という事で、

「渡利璃穏選手のプロフィールや経歴」

「過去の戦績」

「階級を変更した理由」

などを調べてみました。

Ads by Google

渡利璃穏選手のプロフィール

名前:渡利 璃穏(わたり りお)
生年月日:1991年9月19日(24歳)
出身地:島根県松江市

身長:163 cm
階級:75kg級

出身校:松江市立第一中学校、至学館高校、至学館大学
所属:アイシンAW

渡利璃穏選手の経歴

マット運動と勘違いしてレスリングを習い始めたのが小学生の時。

いつかは辞めようと思ってたそうですが、小5の全国大会で負けてしまった事が悔しさから、
レスリングに没頭したそうです。

そして全国大会でも上位へ入る強い選手になり、
松江市立第一中学校からレスリングの強豪である至学館高等学校、至学館大学へ進学。

大学卒業後は、アイシン・エィ・ダブリュのレスリング部に所属。
アイシン・エィ・ダブリュとは、AT、カーナビゲーションシステムなどを開発、製造、販売する大手自動車部品メーカー。

2016年3月、リオデジャネイロオリンピックのアジア予選で優勝して、
昨年の世界選手権で日本女子が唯一取り逃していた75kg級でのオリンピック出場権を獲得!

しかし、ここに辿り着くには色々と試練がありました・・・

階級変更の理由は?増量する為1日5食!

リオデジャネイロオリンピック2016において、
渡利璃穏選手は75キロ級代表で出場しますが、
元々は渡利璃穏選手63キロ級の選手なのです。

ーじゃあなぜ63キロ級で出場しないのか?
それは63キロ級には川井梨紗子選手がいるから。
2015年の全日本選抜レスリング選手権大会の決勝で川井梨紗子選手に敗れ、世界選手権には出場できなかったのです。
そしてその出場できなかった世界選手権で女子レスリングの75キロ級以外の代表は全て決まってしまいました。

至学館大の栄和人監督らから「75キロ級で五輪を狙わないか」と勧められ悩んだそうですが、
実家の母親に後押しされて階級変更でのオリンピック出場、そしてメダル獲得を狙う事に。

63キロから75キロなので、12キロの増量をしました。
1日5食以上を取り、食後にはプロテインも飲む生活をして増量。
1日5食での増量は減量より辛いそうで、顎が疲れるまでご飯を食べて、食事の時間も嫌になるほどみたいです。

男性コーチとの練習で、力の強い海外勢に負けない体を作り上げました。

こうして63キロ級の選手だった渡利璃穏さんは、
75キロの選手となりリオデジャネイロオリンピックで金メダルを狙います。

ちなみにですが、渡利璃穏さんが階級変更する原因となった川井梨紗子さんですが、
彼女もまた元は58キロ級の選手で階級を変更しています。

その原因が58キロ級にはこのリオ五輪で金メダルを獲得して4連覇を達成した、
伊調馨選手がいるからです。
彼女を避けるために、川井梨紗子さんは階級を上げました。

やっぱ伊調馨選手って凄い!!!と思うでしょう?
4大会連続で金メダルを獲得した彼女ですから凄いのは当然ですが、これまたさらに凄い事実が!
なんと伊調選手も過去に階級を変更しているのです。

伊調馨さん程の偉大な選手を階級変更させられる人物なんか、もうあのお方しかいませんよね?
そうです、霊長類最強の女・吉田沙保里選手です。
元々伊調選手と吉田選手の階級は同じでしたが、伊調選手の実力を持ってしても吉田選手にはなかなか勝てず、
伊調選手が階級変更した過去があるようです。

なんかめちゃくちゃ凄い話ですよね。
吉田沙保里選手の偉大さがよく分かります。
どんだけ強いんだよ!って感じです。
まさにレジェンド。

渡利璃穏選手の過去の戦績

2006年 全国中学生レスリング選手権大会 優勝
2008年 全日本ジュニアレスリング選手権大会 優勝
2010年 全日本ジュニアレスリング選手権大会 優勝
2010年 ジュニアクイーンズカップ 優勝
2011年 FILAゴールデングランプリ決勝大会 優勝
2012年 全日本レスリング選手権大会 2位
2012年 レスリングアジア選手権 3位
2013年 FILAゴールデングランプリ決勝大会 3位
2013年 全日本レスリング選手権大会 優勝
2014年 全日本選抜レスリング選手権大会 優勝
2014年 アジア大会 優勝
2015年 全日本選抜レスリング選手権大会 2位
2015年 ゴールデングランプリ 3位(69kg級)
2015年 全日本レスリング選手権大会 優勝(75kg級)
2016年 リオデジャネイロオリンピック アジア予選 優勝(75kg級)

まとめ

今回はリオ五輪女子レスリング75キロ級代表・渡利璃穏選手についてご紹介させて頂きました。

階級を上げるのは大変な努力が必要だったと思いますし、絶対に金メダル獲得して欲しいですね!

 - スポーツ ,