気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【WBC2017】決勝ラウンド日程・時間!組み合わせは?3位決定戦はあるのか?

   

現在開催されている、野球の世界一決定戦「WBC2017(第4回ワールド・ベースボール・クラシック)」ですが、ついに決勝ラウンド進出4チームが決定しました!
つまり、ベスト4が出揃ったわけです。

すでに2次ラウンド(プールE)からは、日本代表が1位通過、オランダ代表が2位通過で決勝ラウンドへ。

そして2次ラウンド(プールF)からは、プエルトリコ代表がすでに1位通過を決めていて、残る進出チームは日本時間の2017年3月19日(日)に行われた「ドミニカ共和国VS.アメリカ代表」の勝者ということでしたが、試合の方は3-6でアメリカ代表が勝利し、決勝ラウンド進出を決めた形になります。

という事で今回はWBC2017決勝ラウンドの・・・

「日程・時間」

「組み合わせ(対戦カード)」

「ルール」

「4チームのここまでのチーム成績」

などをまとめてみました!

決勝ラウンドは負けたら終わりの一発勝負。
つまり、トーナメントなのでこれまで以上に緊張感のある試合となりそうな予感・・・

Ads by Google

決勝ラウンド進出チーム一覧

まずは、決勝ラウンド進出4チームから確認してみましょう。

・日本代表(プールE1位)
・オランダ代表(プールE2位)
・プエルトリコ代表(プールF1位)
・アメリカ代表(プールF2位)

この4チームで決勝ラウンドを戦います。

日程・時間&組み合わせ

それでは、運命の決勝ラウンドの日程・時間&組み合わせを確認してみましょう。

決勝ラウンドの組み合わせ(対戦カード)に関しては、「プールF1位VS.プールE2位」「プールE1位VS.プールF2位」となります。

準決勝第1試合

日程・時間
日本時間2017年3月21日(火)10:00プレイボール予定

対戦カード
プエルトリコ VS. オランダ

球場
ドジャー・スタジアム
(アメリカ)

準決勝第2試合

日程・時間
日本時間2017年3月22日(水)10:00プレイボール予定

対戦カード
日本 VS. アメリカ

球場
ドジャー・スタジアム
(アメリカ)

決勝戦

日程・時間
日本時間2017年3月23日(木)10:00プレイボール予定

対戦カード
準決勝1の勝者 VS. 準決勝2の勝者

球場
ドジャー・スタジアム
(アメリカ)

決勝ラウンドのルール

決勝ラウンドのルールをおさらいしておきましょう。

・負けたら終わりのトーナメント制。
・3位決定戦は行われません。
・球数制限は95球。
50球以上で中4日、30球以上で中1日、連投で中1日空けなければならないルールはこれまでと同じ。
・コールドゲームは無し。
・延長11回からタイブレーク制。
・決勝ラウンドにおいては、MLB公式戦におけるビデオ判定方式に従いますが。チャレンジは行いません。

決勝ラウンド進出チームのここまでのチーム成績

最後に、決勝ラウンドまで勝ち残った4チームのここまで(1次ラウンド&2次ラウンド)のチーム成績を確認してみましょう。

日本代表・侍ジャパン

6試合 6勝 0敗
チーム打率.319 チーム本塁打10本 チーム盗塁数10
得点46 失点22 チーム防御率3.38

日本代表・侍ジャパンメンバーはこちら!

オランダ代表

6試合 4勝 2敗
チーム打率.324 チーム本塁打9本 チーム盗塁数2
得点45 失点20 チーム防御率2.94

オランダ代表メンバーはこちら!

プエルトリコ代表

6試合 6勝 0敗
チーム打率.330 チーム本塁打9本 チーム盗塁数8
得点51 失点15 チーム防御率2.25

プエルトリコ代表メンバーはこちら!

アメリカ代表

6試合 4勝 2敗
チーム打率.248 チーム本塁打7本 チーム盗塁数1
得点31 失点20 チーム防御率2.72

アメリカ代表メンバーはこちら!

まとめ

野球の世界一決定戦「WBC2017(第4回ワールド・ベースボール・クラシック)」決勝ラウンドの日程・時間、組み合わせなどをご紹介させて頂きました。

準決勝は・・・

「プエルトリコ VS. オランダ」

「日本 VS. アメリカ」

このような組み合わせとなり、勝者同士が決勝を戦うことになっています。
(3位決定戦は行われません。)

侍ジャパンは日本時間の2017年3月22日(水)にアメリカ代表と準決勝で対戦予定。
これは非常に楽しみですね。
メジャーリーガー軍団ですから。

アメリカははっきり言って強いですが、まだ調子の上がらない打者が多いのでチャンスは十分あると思います。
投手陣を打ち崩せるかも気になりますね。
リリーフ陣は相当強力です。

果たして侍ジャパンは、2009年以来の世界一奪還なるのでしょうか・・・!
ここからは負けたら終わりの一発勝負!

 - スポーツ , ,