気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【WBC2017】侍ジャパン最終登録メンバー!背番号や成績、球団別人数まとめ!

      2017/03/04

3月6日(月)より開幕する「WBC2017(ワールド・ベースボール・クラシック)」の最終登録メンバーが決定いたしました!

世界一奪還を目指す侍ジャパンですが、メジャーリーガーの招集に苦戦したり、怪我で辞退者が続出。

さらに、エースとして期待されていた二刀流・大谷翔平選手まで怪我で辞退することになり、球界に衝撃が走りました。

それでも、なんとか最終登録メンバー28名が決定しましたね。

という事で今回はWBC2017の・・・

「侍ジャパンメンバー」

「背番号」

「2016年シーズンの個人成績」

「球団別選出人数」

「メンバー発表の経緯」

「首脳陣(監督・コーチ)一覧」

などをまとめてみました。

今後もしかすると、怪我などでまたメンバー入れ替えの可能性もありますが、とりあえず現時点での最新確定版のメンバーとなります!

Ads by Google

侍ジャパンメンバーと背番号&成績

早速ですが、WBC2017を戦う最終登録メンバー28人と背番号、昨シーズン(2016年)の個人成績一覧となります。
つまり出場選手一覧!

※選手名の横の数字が背番号

投手

10 松井裕樹(楽天)
58登板 62.1回 1勝4敗10H30S 防御率3.32 奪三振75

11 菅野智之(巨人)
26登板 183.1回 9勝6敗 防御率2.01 奪三振189

12 秋吉 亮(ヤクルト)
70登板 70回 3勝4敗10H19S 防御率2.19 奪三振68

14 則本昂大(楽天)
28登板 195回 11勝11敗 防御率2.91 奪三振216

15 宮西尚生(日本ハム)
58登板 47.1回 3勝1敗39H2S 防御率1.52 奪三振36

17 藤浪晋太郎(阪神)
26登板 169回 7勝11敗 防御率3.25 奪三振176

19 増井浩俊(日本ハム)
30登板 81回 10勝3敗1H10S 防御率2.44 奪三振71

20 石川 歩(ロッテ)
23登板 162.1回 14勝5敗 防御率2.16 奪三振104

30 武田翔太(ソフトバンク)
27登板 183回 14勝8敗 防御率2.95 奪三振144

34 岡田俊哉(中日)
57登板 64.2回 3勝1敗13H 防御率3.20 奪三振66

35 牧田和久(西武)
50登板 78.2回 7勝1敗25H 防御率1.60 奪三振43

41 千賀滉大(ソフトバンク)
25登板 169回 12勝3敗 防御率2.61 奪三振181

66 平野佳寿(オリックス)
58登板 61回 4勝4敗8H31S 防御率1.92 奪三振57

捕手

22 小林誠司(巨人)
129試合 打率.204(398-81) 本塁打4 打点35 盗塁2 OPS.545

27 大野奨太(日本ハム)
109試合 打率.245(282-69) 本塁打5 打点35 盗塁1 OPS.678

37 嶋 基宏(楽天)
80試合 打率.271(199-54) 本塁打2 打点17 盗塁4 OPS.750

※嶋選手は、右ふくらはぎ痛のため辞退がすることが決まりました。代役に西武ライオンズの炭谷銀仁朗捕手を招集。

炭谷銀仁朗(西武)
117試合 打率.218(294-64) 本塁打1 打点22 盗塁0 OPS.520

内野手

2 田中広輔(広島)
143試合 打率.265(581-154) 本塁打13 打点39 盗塁28 OPS.739

3 松田宣浩(ソフトバンク)
143試合 打率.259(548-142) 本塁打27 打点85 盗塁6 OPS.792

4 菊池涼介(広島)
141試合 打率.315(574-181) 本塁打13 打点56 盗塁13 OPS.790

6 坂本勇人(巨人)
137試合 打率.344(488-168) 本塁打23 打点75 盗塁13 OPS.988

13 中田 翔(日本ハム)
141試合 打率.250(569-142) 本塁打25 打点110 盗塁2 OPS.739

23 山田哲人(ヤクルト)
133試合 打率.304(481-146) 本塁打38 打点102 盗塁30 OPS1.032

外野手

1 内川聖一(ソフトバンク)
141試合 打率.304(556-169) 本塁打18 打点106 盗塁3 OPS.80

7 青木宣親(アストロズ)
118試合 打率.283(417-118) 本塁打4 打点28 盗塁7 OPS.737

8 平田良介(中日)
118試合 打率.248(416-103) 本塁打14 打点73 盗塁4 OPS.769

25 筒香嘉智(DeNA)
133試合 打率.322(469-151) 本塁打44 打点110 盗塁0 OPS1.110

51 鈴木誠也(広島)
129試合 打率.335(466-156) 本塁打29 打点95 盗塁16 OPS1.016

55 秋山翔吾(西武)
143試合 打率.296(578-171) 本塁打11 打点62 盗塁18 OPS.807

球団別選出人数

WBC2017侍ジャパンメンバー28人の、球団別選出人数を確認してみましょう。

北海道日本ハムファイターズ:4人
福岡ソフトバンクホークス:4人
広島東洋カープ:3人
読売ジャイアンツ:3人
東北楽天ゴールデンイーグルス:3人
埼玉西武ライオンズ:2人
東京ヤクルトスワローズ:2人
中日ドラゴンズ:2人
横浜DeNAベイスターズ:1人
阪神タイガース:1人
千葉ロッテマリーンズ:1人
オリックス・バファローズ:1人
メジャーリーグ(MLB):1人

こうして見ると、やはり昨年の1位2位チームからの選出が多く、日本ハムとソフトバンクホークスが最多の4人。

12球団全てからメンバーが選出されています。

リーグ別の内訳はセ・リーグ12人、パ・リーグ15人、メジャーリーグ1人となります。

メンバー発表の経緯

メンバー発表に関して色々とゴタゴタがありましたので、最終メンバー発表の経緯をまとめてみました。

2016年の年末の段階で18名が先行発表。

その数日後、青木宣親選手(アストロズ)の追加を発表。

メジャーリーガーの投手が誰も招集できない事が判明。

2017年1月に追加メンバー8名が発表。
本来なら9名発表の予定でしたが、北海道日本ハムファイターズの中島卓也選手が辞退してあと1枠空く形となりました。

最後の1枠に田中広輔選手(広島東洋カープ)の追加を発表。

2月に二刀流・大谷翔平選手が怪我で投手での出場辞退が判明。
さらに野手としても辞退することが判明。

代わりに武田翔太選手(福岡ソフトバンクホークス)の追加を発表。

これで侍ジャパンメンバー28名が出揃う。

このような感じでしょうか。

※ここからまた、春季キャンプ中や大会中の故障などでメンバーが入れ替わる可能性もあります。

首脳陣(監督・コーチ)のメンバーと背番号

監督・コーチ陣のメンバーと背番号一覧も確認してみましょう。

監督

90 小久保裕紀監督

コーチ

73 奈良原浩ヘッドコーチ
72 権藤博投手コーチ
84 村田善則バッテリーコーチ
80 稲葉篤紀打撃コーチ
87 仁志敏久内野守備・走塁コーチ
79 大西崇之外野守備・走塁コーチ

指名投手枠(投手の予備登録枠)メンバー

今大会から導入された指名投手枠(投手の予備登録枠)のメンバーリストです。

要するにバックアップのピッチャーです。
(平野投手だけ本登録メンバーに入っています)

・平野佳寿(オリックス・バファローズ)
・野村祐輔(広島東洋カープ)
・石田健大(横浜DeNAベイスターズ)
・岩貞祐太(阪神タイガース)
・大瀬良大地(広島東洋カープ)
・山崎康晃(横浜DeNAベイスターズ)
・沢村拓一(巨人)
・森福允彦(巨人)
・増田達至(西武ライオンズ)

※指名投手枠(投手の予備登録枠)の詳細はこちら
【WBC2017】侍ジャパン指名投手枠(予備登録)メンバーと成績!ルールは?

まとめ

野球の世界大会である「WBC2017(ワールド・ベースボール・クラシック)」の侍ジャパンメンバー28人の詳細などをご紹介させて頂きました。

色々ありましたがまとめると・・・

投手
10 松井 裕樹 楽天
11 菅野 智之 巨人
12 秋吉 亮 ヤクルト
14 則本 昂大 楽天
15 宮西 尚生 日本ハム
17 藤浪 晋太郎 阪神
19 増井 浩俊 日本ハム
20 石川 歩 ロッテ
30 武田 翔太 ソフトバンク
34 岡田 俊哉 中日
35 牧田 和久 西武
41 千賀 滉大 ソフトバンク
66 平野 佳寿 オリックス

捕手
22 小林 誠司 巨人
27 大野 奨太 日本ハム
37 嶋 基宏 楽天

内野手
2 田中 広輔 広島
3 松田 宣浩 ソフトバンク
4 菊池 涼介 広島
6 坂本 勇人 巨人
13 中田 翔 日本ハム
23 山田 哲人 ヤクルト

外野手
1 内川 聖一 ソフトバンク
7 青木 宣親 アストロズ
8 平田 良介 中日
25 筒香 嘉智 DeNA
51 鈴木 誠也 広島
55 秋山 翔吾 西武

このような顔ぶれとなります。

果たして2009年以来となる世界一奪還なるのでしょうか・・・!
ぜひお見逃しなく!

 - スポーツ , ,