気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【WBC2017】ベネズエラ代表メンバー!注目選手、メジャーリーガーは?強い!

   

野球世界一決定戦となる、「WBC2017(第4回ワールド・ベースボール・クラシック)」ですが、メキシコで行われている1次ラウンドプールDの注目チームが”野球ベネズエラ代表”です!

ミゲル・カブレラ、ホセ・アルトゥーベ、フェリックス・ヘルナンデスといったメジャーリーガーのスーパースターがメンバー入り。

実はアメリカ代表やドミニカ共和国代表に負けず劣らず凄いチームです。

初優勝に期待がかかるところですが、果たしてどんなチームなのか、そしてどんな選手がいるのか気になると思います。

そこで今回はWBC2017の・・・

「ベネズエラ代表メンバー」

「所属チーム」

「背番号」

「注目選手(要注意選手)」

「メジャーリーガーは?」

などをまとめてみました。

Ads by Google

ベネズエラ代表の世界ランキングとWBCでの戦績

まずは、野球ベネズエラ代表の世界ランキングや過去のWBCでの実績から確認してみましょう。

世界ランキング(WBSC)
7位

過去のWBCでの実績
2006年 2次ラウンド敗退
2009年 ベスト4
2013年 1次ラウンド敗退

このように優勝回数は0回。
スター選手はいるのですが、意外にもまだ優勝はありません。

ベネズエラ代表メンバー一覧&背番号

それでは、WBC2017のベネズエラ代表メンバーと背番号を確認してみましょう。

※左から名前、去年(2016年)の所属球団、背番号となります。

投手

J.アルバラード(シャーロット・ストーンクラブズ) 51
J.アルバレス(ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム) 48
O.ベンコモ(ロチェスター・レッドウイングス) 40
S.ブラチョ(アリゾナ・ダイヤモンドバックス) 18
J.カスティーヨ(レイク・エルシノア・ストーム) 66
J.チャシーン(ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム) 45
D.ゲラ(ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム) 54
F.ヘルナンデス(シアトル・マリナーズ) 34
W.レデズマ(ベラクルス・レッドイーグルス) 49
M.ペレス(テキサス・レンジャーズ) 33
Y.ペティット(ワシントン・ナショナルズ) 36
F.ロドリゲス(デトロイト・タイガース) 57
B.ロンドン(デトロイト・タイガース) 43
R.スアレス(福岡ソフトバンクホークス) 30
J.ゴメス(フィラデルフィア・フィリーズ) 46
※ゴメスは辞退という情報が入りました。代わりにインファンテがロースター入り。

G.インファンテ(リーハイバレー・アイアンピッグス) 50

捕手

R.チリーノス(テキサス・レンジャーズ) 28
S.ペレス(カンザスシティ・ロイヤルズ) 15

内野手

J.アルテューベ(ヒューストン・アストロズ) 27
M.カブレラ(デトロイト・タイガース) 24
A.エスコバル(カンザスシティ・ロイヤルズ) 2
V.マルティネス(デトロイト・タイガース) 41
R.オドーア(テキサス・レンジャーズ) 12
H.ペレス(ミルウォーキー・ブルワーズ) 21
M.プラード(マイアミ・マーリンズ) 14
Y.ソラルテ(サンディエゴ・パドレス) 10

外野手

C.ゴンザレス(コロラド・ロッキーズ) 5
O.ヘレラ(フィラデルフィア・フィリーズ) 37
E.インシアルテ(アトランタ・ブレーブス) 11

予備投手枠

L.カンポス(サンディエゴ・パドレス) 44
A.レオン(モンクローバ・スティーラーズ) 39
J.メディナ(インディアナポリス・インディアンズ) 32
F.モラレス(トロント・ブルージェイズ) 47
E.ラモス(フィラデルフィア・フィリーズ) 61
E.ロドリゲス(ボストン・レッドソックス) 52
H.ロンドン(シカゴ・カブス) 56

監督・コーチ

O.ビスケル 監督 13
E.ペレス コーチ 6
R.オドーア コーチ 23
R.エスピノーザ コーチ 26
H.ブランコ コーチ 25
C.ガルシア コーチ 16
C.スベロ コーチ 31

注目選手(要注意選手)・メジャーリーガーは?

それでは、ベネズエラ代表の警戒すべき注目選手(要注意選手)を確認してみましょう。

フェリックス・ヘルナンデス
シアトル・マリナーズ所属のエース右腕。
愛称は「キング」!

メジャー通算154勝を挙げていて、現在8年連続二桁勝利中のメジャー屈指の大投手。

チェンジアップが武器で、スライダーやカーブも一級品。

マーティン・ペレス
テキサス・レンジャーズに所属する先発左腕。

2016年シーズンは、33登板、198.2回、10勝11敗、103奪三振、4.39を記録。

ジョーリス・チャシーン
メジャーで2度二桁勝利を記録したことのある右腕。

フランシスコ・ロドリゲス
デトロイト・タイガースに所属する右腕で、メジャーのシーズン最多セーブ記録保持者。(2008年の62セーブ)

2016年シーズンは、61登板、58.1回、3勝4敗44セーブ、52奪三振、防御率3.24を記録。

ブルース・ロンドン
デトロイト・タイガースに所属する最速165キロ右腕。

2016年シーズンは、37登板、36.1回、5勝2敗6ホールド、45奪三振、防御率2.97を記録。

ファーストネームの「ブルース」は「ブルース・リー」が由来。

ロベルト・スアレス
福岡ソフトバンクホークスに所属する投手で最速161キロ。

サルバドール・ペレス
カンザスシティ・ロイヤルズに所属するメジャー屈指のキャッチャー。
4年連続ゴールドグラブ賞受賞。

2016年シーズンは、142試合、打率.260、21本塁打、70打点、OPS.706を記録。

ホセ・アルトゥーベ
ヒューストン・アストロズに所属する内野手で身長167㎝と小柄ながらパンチ力も備えた安打製造機。

2016年シーズンは、161試合、打率.338、24本塁打、96打点、30盗塁、OPS.928を記録して、首位打者と最多安打(216安打)を獲得。

メジャー通算で首位打者2回、盗塁王2回、最多安打3回を獲得しているメジャー屈指の打者。

ミゲル・カブレラ
デトロイト・タイガースに所属内野手で、現役最高の打者と評されるメジャー通算446発の強打者。

2012年には三冠王を獲得。

2016年シーズンは、158試合、打率.316、38本塁打、108打点、OPS.956を記録。

メジャー通算で首位打者4回、ホームラン王2回、打点王2回を獲得しています。

ビクター・マルティネス
デトロイト・タイガースに所属するベテラン内野手。

2016年シーズンは、154試合、打率.289、27本塁打、86打点、OPS.826を記録。

ルーグネッド・オドーア
テキサス・レンジャーズに所属する内野手。

2016年シーズンは、150試合、打率.271、33本塁打、88打点、OPS.798を記録。

去年、ブルージェイズ戦でホセ・バティスタを殴り乱闘を起こした選手。

マーティン・プラド
マイアミ・マーリンズに所属する内外野守れるユーティリティプレイヤー。

2016年シーズンは、153試合、打率.305、8本塁打、75打点、OPS.775を記録。

カルロス・ゴンザレス
コロラド・ロッキーズに所属する外野手。

2016年シーズンは、150試合、打率.298、25本塁打、100打点、OPS.855を記録。

------------
このように現役バリバリのメジャーリーガー、しかもメジャーの中でもトップクラスのスーパースターが数多くメンバー入り。

メジャーのレギュラー選手&個人タイトルを獲得するレベルの選手が多いので、やはり強そうです。

福岡ソフトバンクホークスのスアレス投手もメンバーに選ばれていますね。

まとめ

WBC2017(第4回ワールド・ベースボール・クラシック)でプールDに所属する、ベネズエラ代表メンバーをご紹介させて頂きました。

やはり現役バリバリのメジャーリーガーがメンバーに数多く招集されていて、かなり強そうな顔ぶれとなっています。

日本代表・侍ジャパンと対戦するとしたら、決勝ラウンド(準決勝以降)ですが、ぜひ見たいですね・・・

 - スポーツ